Web サイトの企画を練る

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

Web サイトは、あなた自身、事業、および自社商標の延長です。Web サイトを構築する前に、以下の点について考慮します。

この

ユーザーを追加した個人用サイトを参照してくださいは?

何かを行うには、個人用サイト

どのような外観とトーンを自分の参加者にメッセージを伝えるためですか。

サイトの閲覧者が戻ってを維持する方法はでしょうか。

サイトの対象ユーザー

潜在的な顧客、潜在的な基金調達者、組織のボランティア、専門家協会の会員、地域の水泳チームに参加する親子など、さまざまな対象ユーザーが考えられます。対象とするユーザーを絞り込む必要があります。

ページの先頭へ

サイトの目的

Web サイトでは、対象ユーザーが必要とする情報を提供します。その情報を特定することが重要です。たとえば、非営利団体に所属するユーザーにとっては、現在開催中のイベント情報が重要になります。中小企業の社員には、企業で使用されているツールやプロセスに関する最新情報が重要になります。

Web サイトを企画し、提供する情報を決定する際には、自分に最適な作成ツールを使用することが重要です。Publisher は、単純な Web サイトを簡単に作成、発行、管理することができる作成ツールです。サイト利用者が Web ログ (ブログ) を利用したり、クレジット カードを使用して物品を購入したりできるようにするために、Web サイトで対話型またはデータベース駆動型のコンテンツが必要な場合、Publisher が最適なツールになるとは限りません。

対象ユーザーが必要とする情報が特定できたら、以下のことが実現できます。

Web サイトを有利に使用する

  • 顧客またはワークグループにテクニカル サポートを提供する。

  • グループのメンバーに向けて行事予定を知らせる。

  • 消費者のために製品に関する情報センターを開設する。

  • 家族のイベント、休暇の写真、趣味などを公開したり、または単に楽しむために個人のホーム ページを作成する。

  • 求人募集している企業に電子フォームの履歴書を送る。

製品情報や各種サービスを Web 上で提供する

  • 将来顧客になりそうな人にサービスや製品に関する情報を提供する。

  • 新製品やサービスを紹介し特典を提供する。

  • 電子カタログによる販売を行う。

  • 企業イメージやブランド イメージを確立し、効果的な広報活動を行う。

  • 製品またはサービスに関する最新情報を公開する。

  • 製品に関する文献やユーザーズ ガイドを発行する。

情報収集、フィードバック、Web での対話など、役立つ Web サイトを目指す

  • 市場調査やアンケート調査を行う。

  • 特定の分野における最新情報を共有する教育フォーラムを設立する。

  • 愛好会の会員どうしやほかの団体との間で情報を交換する。

  • ボランティアや基金調達の参加者を募集する。

  • 将来の商品やサービスに対するマーケティングを行う。

サイト利用者の問い合わせ手段を設ける

サイト利用者の問い合わせ手段を設けて、商機を逃さないようにします。

  • 郵便、電話、ファックスを使用する。

  • 電子メール メッセージを送信する。

  • Web サイト上のフォームを使用して、サイト利用者がクレジット カードを利用して製品を注文できるようにする。

    Web 上でクレジット カードの利用を可能にするには、以下の処理が必要になります。

    • 利用できるクレジット カードを決定する。

    • 金融機関に商用口座を開設する (利用料が必要になる場合がある)。

    • 必要なソフトウェアを購入する (ハードウェアが必要になる場合がある)。

    • クレジット カードのデータを確認するためのソフトウェアを購入するかサービスに加入する。

      Web または地域の図書館でリソースを検索します。このような種類の Web サイトが必要な場合は、Publisher が最適な作成ツールになるとは限りません。

ページの先頭へ

対象ユーザーにメッセージを伝えるために適した語調や全体の雰囲気

派手、ユーモラス、落ち着いた雰囲気など、Web サイトの語調にはいろいろあります。

ただし、あいまいな点もあります。たとえば、ある人にはおもしろいことでも、別の人にはおもしろくない場合もあります。サイト利用者を知り、利用者の立場で文面を考え、利用者と同じ言語を使用します。商標を考慮することも必要です。自社の商標が権威と経験年数を表すものである場合は、ユーモラスな文面は適していると言えません。

  • サイト利用者本位に文面を作成し、利用者の需要が前面に出るようにする。

  • 製品の販売や地域の水泳チームに関する宣伝など、Web サイトの目的に集中する。

  • 見出しおよび小見出しをとおして主題を統一する。

  • 文章や段落を短くし、情報を調べやすく読みやすくする。

  • 余白を使用して、文面を読みやすくする。

  • サイト利用者の注目を引き、利用者が興味を持つような文面にし、利用者の疑問点を解消し、利用者の苦情に対処し、利用者の心を動かすような文面にする。

定期的なテストが重要になります。ちらしやダイレクト メールなど、さまざまなマーケティング資料を、対象ユーザーを絞り込んで送ります。

自分のデザインどおりに、潜在的な顧客が Web サイトを見て読んで楽しむようにすることが重要です。インターネットへの接続が低速である場合は、Web ページのグラフィックを表示するのに時間がかかるので、人によっては、グラフィックを非表示にして文字だけを見る場合もあります。

ページの先頭へ

サイト利用者が繰り返し訪れるようにする方法

  • Web サイトのページを頻繁に更新して、サイト利用者の興味が持続するようにする。

  • Web サイトの資料を補うためのニュースレターを送る。Web サイトへのリンクも含める。

  • Web だけの特典、スクリーン セーバーやゲームのダウンロードなど、Web を中心にしたコンテンツを提供する。

  • 割り引き、プレゼントの権利、イベントやセミナーへの招待など、期間限定の特典を実施する。

  • サイト利用者が利用者専用のページにカスタマイズして、他の Web サイトに移動することなく、目的の情報を確実にすばやく入手できるようにする。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×