Web アプリケーション プールのパスワードを変更する

Web アプリケーション プール ID のパスワードを変更するには、以下の手順を実行します。Web アプリケーション プールは ID アカウントを使用して Web アプリケーションを操作します。Web アプリケーションは資格情報を保存しており、パスワードの使用期限が切れた後も引き続き機能します。しかし、Web アプリケーション プールを再起動した場合、保存された資格情報は失われ、資格情報を更新するまでは Web アプリケーション プールを起動できません。Web アプリケーション プールを起動できない場合、Web アプリケーションが提供する Web ページまたはサービスのユーザーには、"Service Unavailable" の HTTP エラーが表示されます。

注記: 

  • これらの手順は、ドメイン コントローラでパスワードが変更された後のみ実行可能です。入力した資格情報は、ドメイン コントローラにおける資格情報と照合されます。ドメイン コントローラでパスワードが変更される前に新しいパスワードを入力すると、エラーが発生し、設定は変更されません。

  • 変更を保存するには、Web アプリケーション プールを再起動する必要があります。このとき、Web アプリケーション プールが再起動する間は、そのコンテンツやサービスは一時的に利用できなくなります。

  • この手順は、SharePoint サーバーの全体管理 Web サイトを実行しているサーバーでのみ実行する必要があります。

重要: 次の手順を実行するには、ローカル コンピュータの管理者グループのメンバシップまたは同等の権限が必要です。ファーム管理者グループ (WSS_RESTRICTED_WPG Windows セキュリティ グループ) のメンバシップだけでは、この手順の実行には不十分です。

Web アプリケーション プール ID のパスワードをユーザー インターフェイスから変更する

  1. SharePoint サーバーの全体管理 Web サイトで、[サーバー構成の管理] をクリックします。

  2. [サーバー構成の管理] ページで、[セキュリティの構成] の [サービス アカウント] をクリックします。

  3. [資格情報の管理] セクションの [更新するコンポーネントの選択] で、[Web アプリケーション プール] を選択します。

  4. [Web サービス] ボックスの一覧で、アプリケーション プールが作成されたサービスを選択します。既定値は [Windows SharePoint Services Web Application] です。

  5. [アプリケーション プール] の一覧で、資格情報を更新するアプリケーション プールを選択します。

  6. [パスワード] ボックスに新しいパスワードを入力します。

  7. [OK] をクリックします。

Web アプリケーション プール ID のパスワードをコマンド ラインから変更する

  1. サーバーの全体管理 Web サイトを実行しているコンピュータでコマンド ラインを開き、Program Files¥Common Files¥Microsoft Shared¥web server extensions¥12¥BIN フォルダに移動します。

  2. コマンド プロンプトで次のコマンドを入力します。

    stsadm -o updateaccountpassword -userlogin <ドメイン¥ユーザー名>  

    -password <新しいパスワード> -noadmin

    注: userlogin は Web アプリケーション プール ID アカウントです。

  3. Enter キーを押します。

  4. コマンド プロンプトで次のコマンドを入力します。

    iisreset /noforce

  5. Enter キーを押します。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×