Web アプリケーションの全般的な設定を構成する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

  1. 上部のリンク バーの [アプリケーション構成の管理] をクリックします。

  2. [アプリケーション構成の管理] ページの [SharePoint Web アプリケーション構成の管理] で、[Web アプリケーションの全般設定] をクリックします。

  3. 現在選択されている Web アプリケーションが設定を構成する Web アプリケーションではない場合は、[Web アプリケーションの全般設定] ページの [Web アプリケーション] セクションで、[Web アプリケーション] メニューの [Web アプリケーションの変更] をクリックします。

    • [Web アプリケーションの選択] ページで、設定を構成する Web アプリケーションをクリックします。

  4. [既定のタイム ゾーン] セクションの [タイム ゾーンの選択] の一覧で、Web アプリケーションのすべてのサイトおよびサブサイトで使用するタイム ゾーンをクリックします。

  5. [既定のクォータ テンプレート] セクションの [クォータ テンプレートの選択] の一覧で、すべてのサイト コレクションに既定のテンプレートとして使用するクォータ テンプレートをクリックします。

    クォータ テンプレートがない場合は、セクションの説明にある [クォータ テンプレート ] リンクをクリックするとテンプレートを作成できます。Web アプリケーションの既定のテンプレートを指定しても、サイト コレクションを作成するときに別のテンプレートを選択できます。

  6. Web アプリケーションですべてのサイトの情報を表示するかどうかを指定するには、[個人情報スマート タグとプレゼンスの設定] セクションの [メンバの個人情報スマート タグとオンライン状態表示を有効にする] で、[はい] または [いいえ] を選択します。

  7. [アップロードの最大サイズ] セクションで、使用可能な最大ファイル サイズを入力します。

    既定の最大ファイル サイズは 50 MB です。アップロードの最大サイズを超えるファイルまたはファイルのグループをアップロードしようとすると、エラー メッセージが表示され、ファイルはアップロードされません。

  8. Web アプリケーションのすべてのサイトで通知を有効または無効にするには、[通知] セクションの [このサーバー上での通知] で、[オン] または [オフ] を選択します。

    • 通知を有効にし、作成可能な通知の数を制限する場合は、[ユーザーが作成できる通知の最大数] にその数を入力します。通知の数を制限しない場合は、[制限なし] を選択します。

  9. RSS (Really Simple Syndication) フィードを許可するかどうかを指定するには、[RSS 設定] セクションの [RSS フィードを有効にする] で、[はい] または [いいえ] を選択します。

  10. [Web ページのセキュリティ検証] セクションの [セキュリティ検証] で、[オン] をクリックすると Web ページのセキュリティ検証が有効になり、[オフ] をクリックすると無効になります。

  11. 有効期限を設定するには、[セキュリティ検証の終了時間] の [指定の値より後] をクリックして、セキュリティ検証の有効期限が切れるまでの時間を入力します。セキュリティ検証の有効期限が切れないようにするには、[指定なし] をクリックします。

  12. ユーザー名とパスワードを電子メールで送信するかどうかを指定するには、[電子メールでのユーザー名とパスワードの送信] セクションで、[はい] または [いいえ] を選択します。

    注: この機能は、Microsoft Windows SharePoint Services が Active Directory 作成モードで実行されている場合にのみ適用されます。

  13. [下位互換性のあるイベント ハンドラ] セクションで、[オン] をクリックすると下位互換性のあるイベント ハンドラが有効になり、[オフ] をクリックすると無効になります。

    この機能が有効なときは、イベントを処理するコードを記述し、ドキュメント ライブラリ設定を使用して特定のドキュメント ライブラリでそのコードを使用するように指定できます。

  14. [変更ログ] セクションの [変更ログからエントリが削除されるまでの期間] で、[指定の値より後] または [指定なし] を選択します。[指定の値より後] を選択した場合は、変更ログからエントリが削除されるまでの日数を入力します。変更ログからエントリを削除しない場合は、[指定なし] を選択します。

  15. この Web アプリケーションのすべてのサイトのごみ箱をオンにするかオフにするかを指定するには、[ごみ箱] セクションの [ごみ箱の状態] で、[オン] または [オフ] を選択します。

    ごみ箱をオフにした場合は、Web アプリケーションでホストされているサイトのごみ箱内にあるファイルは削除されます。

  16. [ごみ箱にあるアイテムを削除するまでの時間] で、[指定の値より後] または [指定なし] を選択します。

    [指定の値より後] を選択した場合は、ごみ箱が空にされるまでの日数を入力します。[指定なし] を選択した場合は、ごみ箱は自動的に空になりません。

  17. [削除済みデータ バックアップ] で、[追加] または [無効] を選択します。

    • [追加] を選択した場合は、サイトのごみ箱の容量に追加するサイトのクォータをパーセント値で入力します。

      第 2 レベルのごみ箱には、エンドユーザーは、削除済みアイテムを簡単に復元できるように、ごみ箱から削除したアイテムが格納されます。クォータと済みのごみ箱の詳細については、削除済みデータ バックアップのクォータを設定を参照してください。

  18. [OK] をクリックします。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×