Web アプリケーションの作成または拡張

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

注: 最新の詳細情報については、www.microsoft.com を参照してください。

Web アプリケーションを作成する場合、同時に新しいデータベースを作成し、これに接続するための認証方法を定義することになります。

同じ内容を独立した別の IIS Web サイトでも表示するためには、既存の Web アプリケーションを拡張しなければなりません。典型的には、既存のサイトの内容をエクストラネット上の別ドメインにも置いて、従来のユーザー以外がアクセスできるようにしたい、という状況でこれが必要になります。

目的に合ったトピックを参照してください。

Web アプリケーションを作成します。

Web アプリケーションを拡張します。

Web アプリケーションを作成する

  1. 上部のリンク バーの [アプリケーション構成の管理] をクリックします。

  2. [アプリケーション構成の管理] ページの [SharePoint Web アプリケーション構成の管理] セクションで、[Web アプリケーションの作成または拡張] をクリックします。

  3. [Web アプリケーションの作成または拡張] ページの [SharePoint Web アプリケーションの追加] セクションで、[新しい Web アプリケーションの作成] をクリックします。

  4. [新しい Web アプリケーションの作成] ページの [IIS Web サイト] セクションで、次のいずれかを選択します。

    • 既存の IIS Web サイトを使用する。 このオプションを選択するときは、対応するリストに表示される IIS Web サイトをクリックします。

    • 新しい IIS Web サイトを作成する。 このオプションを選択する場合は、以下を構成します。

      1. [説明] ボックスで、表示される説明をそのまま受け付けるか、Web アプリケーションの新しい説明を入力します。

      2. [ポート] ボックスで、表示される番号をそのまま受け付けるか、Web アプリケーションが使用する新しいポートの番号を入力します。

      3. 必要に応じて、[ホスト ヘッダー] ボックスにホスト ヘッダーを入力します。

      4. [パス] ボックスで、表示されるパスをそのまま受け付けるか、新しいパスを入力します。

  5. [認証プロバイダ] の下の [セキュリティの構成] セクションで、[ネゴシエート (Kerberos)] または [NTLM] のいずれかを選択します。

  6. [匿名アクセスを許可する] の下で、[はい] または [いいえ] のいずれかを選択します。

  7. [SSL (Secure Sockets Layer) を使用する] の下で、[はい] または [いいえ] のいずれかを選択します。

    重要: SSL を使用する場合は、IIS 管理ツールを使用して、各サーバーに適切な証明書を追加する必要があります。

  8. 負荷分散 URL ] セクションの [ URL ] ボックスで、Web アプリケーションへのアクセスに使用される URL を入力します。URL は、書式設定 http://server 名: ポートでなければなりません。サーバー上で複数のゾーンを構成する場合は、ゾーンの一覧でゾーンをクリックすることができます (省略可能)。

  9. [アプリケーション プール] セクションで、次のいずれかを選択します。

    • [既存のアプリケーション プールを使用する]。これを選択した場合、対応するリストから使用するアプリケーション プールをクリックします。

    • [新しいアプリケーション プールを作成する]。このオプションを選択する場合は、以下を構成します。

      1. [アプリケーション プール名] ボックスに、アプリケーション プールの名前を入力します。

      2. [このアプリケーション プールのセキュリティ アカウントを選択してください] で、[定義済み] または [構成可能] を選択します。[定義済み] を選択した場合は、対応するリストからセキュリティ アカウントをクリックします。[構成可能] を選択した場合は、[ユーザー名] および [パスワード] ボックスに、アカウントの資格情報を入力します。

  10. [データベース名と認証] セクションの [データベースの認証] で、次のいずれかを選択します。

    • [Windows 認証 (推奨)]

    • [SQL 認証]。データベースが作成済みで、SQL 認証を使いたい場合に選択します。このオプションを選択した場合は、[アカウント] ボックスと [パスワード] ボックスにアカウントの資格情報を入力します。

  11. [OK] をクリックします。

ページの先頭へ

Web アプリケーションを拡張する

  1. 上部のリンク バーの [アプリケーション構成の管理] をクリックします。

  2. [アプリケーション構成の管理] ページの [SharePoint Web アプリケーション構成の管理] セクションで、[Web アプリケーションの作成または拡張] をクリックします。

  3. [Web アプリケーションの作成または拡張] ページの [SharePoint Web アプリケーションの追加] セクションで、[既存の Web アプリケーションの拡張] をクリックします。

  4. [別の IIS Web サイトへの Web アプリケーションの拡張] ページの [Web アプリケーション] セクションで、拡張する Web アプリケーションが選択されていなければ、[Web アプリケーション] メニューの [Web アプリケーションの変更] をクリックします。

    • [Web アプリケーションの選択] ページで、拡張する Web アプリケーションをクリックします。

  5. [IIS Web サイト] セクションで、次のいずれかを選択します。

    • 既存の IIS Web サイトを使用する。 このオプションを選択するときは、対応するリストに表示される IIS Web サイトをクリックします。

    • 新しい IIS Web サイトを作成する。 このオプションを選択する場合は、以下を構成します。

      1. [説明] ボックスで、表示される説明をそのまま受け付けるか、Web アプリケーションの新しい説明を入力します。

      2. [ポート] ボックスで、表示される番号をそのまま受け付けるか、Web アプリケーションが使用する新しいポートの番号を入力します。

      3. 必要に応じて、[ホスト ヘッダー] ボックスにホスト ヘッダーを入力します。

      4. [パス] ボックスで、表示されるパスをそのまま受け付けるか、新しいパスを入力します。

  6. [認証プロバイダ] の下の [セキュリティの構成] セクションで、[ネゴシエート (Kerberos)] または [NTLM] のいずれかを選択します。

  7. [匿名アクセスを許可する] の下で、[はい] または [いいえ] のいずれかを選択します。

  8. [SSL (Secure Sockets Layer) を使用する] の下で、[はい] または [いいえ] のいずれかを選択します。

    重要: SSL を使用する場合は、IIS 管理ツールを使用して、各サーバーに適切な証明書を追加する必要があります。

  9. 負荷分散 URL ] セクションの [ URL ] ボックスで、Web アプリケーションへのアクセスに使用される URL を入力します。URL は、書式設定 http://server 名: ポートでなければなりません。サーバー上で複数のゾーンを構成している場合、ゾーンの一覧でゾーンをクリックすることができます (省略可能)。

  10. [OK] をクリックします。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×