WITH OWNERACCESS OPTION 宣言

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

security-enabled workgroupを使用したマルチユーザー環境で、クエリを使用するユーザーにクエリの所有者と同等のpermissionsを与える場合に使用します。

構文

sqlstatement
WITH OWNERACCESS OPTION

解説

WITH OWNERACCESS OPTION 宣言は省略可能です。

次の例は、[給与] テーブルの表示権限を持っているユーザーが作成したクエリで、その権限を持っていないユーザーでも給与情報を見ることができるようにするものです。

SELECT LastName, FirstName, Salary
FROM Employees
ORDER BY LastName
WITH OWNERACCESS OPTION;

できない場合は、ユーザーは、それ以外の場合の作成やテーブルに追加する、WITH OWNERACCESS OPTION を使用してテーブルの作成またはappend queryを実行するユーザーを有効にすることができます。

ワークグループのセキュリティ設定とユーザー権限を適用する必要がある場合は、WITH OWNERACCESS OPTION 宣言を使用しないでください。

この宣言を使用するには、データベースに関連付けられたシステム データベース (System.mdw) へのアクセス権を持っていることが必要です。この宣言は、セキュリティが有効になっているマルチユーザー環境でのみ有効です。



注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×