WITH OWNERACCESS OPTION 宣言

セキュリティが設定されたワークグループ があるマルチユーザー環境では、クエリでこの宣言を使用して、クエリを実行するユーザーにクエリの所有者と同じアクセス許可を付与します。

構文

sqlstatement
WITH OWNERACCESS OPTION

解説

WITH OWNERACCESS OPTION 宣言は省略可能です。

次の例では、(ユーザーに給与テーブルを表示するアクセス権がない場合でも) ユーザーが給与情報を表示できるようにします。ただし、クエリの所有者にそのテーブルへのアクセス権がある必要があります。

SELECT LastName, FirstName, Salary
FROM Employees
ORDER BY LastName
WITH OWNERACCESS OPTION;

ユーザーがテーブルの作成またはテーブルへの追加ができない場合に、WITH OWNERACCESS OPTION を使用してユーザーが make-table または 追加クエリ を実行できるようにすることができます。

ワークグループ セキュリティの設定とユーザーのアクセス許可を適用する場合は、WITH OWNERACCESS OPTION 宣言を含めないでください。

このオプションでは、データベースに関連付けられている System.mdw ファイルへのアクセス権が必要です。これはセキュリティが有効になっているマルチユーザー環境でのみ有用です。



Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×