WHERE 句

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

FROM 句で記述されたテーブル内で、SELECT ステートメント、UPDATE ステートメント、または DELETE ステートメントの対象となるレコードを指定します。

構文

SELECT fieldlist
FROM tableexpression
WHERE criteria

WHERE 句を使用する SELECT ステートメントには、次の指定項目があります。

引数

説明

fieldlist

取得する 1 つ以上のフィールドの名前。フィールド名の別名や選択述語 (ALL、DISTINCT、DISTINCTROW、TOP) などの SELECT ステートメント オプションも指定できます。

tableexpression

データを取得する 1 つ以上のテーブルの名前。

criteria

クエリの結果に含むレコードの抽出条件式。


解説

Microsoft Access データベース エンジンは、WHERE 句で指定された条件を満たすレコードを選択します。WHERE 句が指定されていない場合、クエリはテーブル内のすべての行を返します。WHERE 句や JOIN 句を使用しないクエリで複数のテーブルが指定されていると、クエリはそれらのテーブルのデカルト積を返します。

WHERE 句は省略可能です。WHERE 句を指定する場合は FROM 句に続けて記述します。たとえば、営業部門のすべての社員を選択したり (WHERE 部署 = '営業')、年齢が 18 ~ 30 歳のすべての顧客を選択したり (WHERE 年齢 Between 18 And 30) できます。

JOIN 句を使用せずに複数のテーブルで SQL 結合を実行した場合、結果の Recordset オブジェクトは更新できません。

WHERE 句は、HAVING 句と似ていますが、次のような違いがあります。WHERE 句は選択するレコードを決めるために使用しますが、HAVING 句は、GROUP BY 句でグループ化したレコードの中でどのレコードを表示するかを決めるために使用します。

WHERE 句は、GROUP BY 句でグループ化しないレコードを除外する場合に使用します。

SQL ステートメントが返すレコードは、さまざまな式を使用することで決まります。たとえば、次の SQL ステートメントは給与が 210,000 円を超える社員をすべて選択します。

SELECT LastName, Salary FROM Employees WHERE Salary > 21000;

WHERE 句には、AndOr などの論理演算子を組み合わせて最大 40 個までの式を指定できます。

スペースや区切り記号を含むフィールド名を入力する場合は、次のようにフィールド名を角かっこ ([ ]) で囲みます。

SELECT [Customer’s Favorite Restarant]

条件の引数を指定すると、日付リテラルは、米国版の Microsoft Access データベース エンジンを使用していない場合でも、米国の形式でなければなりません。たとえば、1996 年 5 月 10 日で記述されて英国 10/96/5 と 5/10/96 米国します。次の例のように、シャープ記号 (#)、日付リテラルを囲むことを確認します。

たとえば、1996 年 5 月 10 日付けのレコードを検索する場合は、次のような SQL ステートメントを使用します。

SELECT * FROM Orders WHERE ShippedDate = #5/10/96#;

DateValue 関数を使用すると、Microsoft Windows® のコントロール パネルの [地域のオプション] ダイアログ ボックスで設定されている形式で日付を指定できます。たとえば、[英語 (U.S.)] 形式を使用する場合は、次のコードを使用します。

SELECT * FROM Orders WHERE ShippedDate = DateValue('5/10/96');

日本語の形式を使用する場合は、次のコードを使用します。

SELECT * FROM Orders WHERE ShippedDate = DateValue('10/5/96');

注: 抽出条件文字列で参照される列の型が GUID の場合は、抽出条件式で使用する構文が次のように多少異なります。

WHERE ReplicaID = {GUID {12345678-90AB-CDEF-1234-567890ABCDEF}}

上の例のように、必ずネストした中かっこ ({}) とハイフン (-) を含めるようにしてください。



注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×