Visual Studio .NET ソース コードのリバース エンジニアリング

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

  1. Visual Studio.NET でプロジェクトまたはソリューションを開き、[ソリューション エクスプローラ] でリバース エンジニアリングするソリューションまたはプロジェクトを選択します。

    注: 解決方法を選択した場合、ソリューション内の各プロジェクトがリバース エンジニアリングされます。

  2. Visual Studio で、[プロジェクト] メニューの [Visio UML] をポイントして、[リバース エンジニアリング] をクリックします。

  3. [Visio UML ファイルの選択] ダイアログ ボックスで、Microsoft Office Visio 図面ファイルの名前付けおよび保存のオプションを選択します。

    • [保存先] で場所を指定します。

    • [ファイル名] に UML 図のファイル名を入力するか、既定の名前を使用します。Visio 図面の既定のファイル名は、選択した Visual Studio ソリューションまたはプロジェクトの名前です。

    • 既定では、[ファイルの種類] には [Visio ファイル (*.vsd)] が設定されています。

  4. リバース エンジニアリングを開始して新しいファイルを Visio で開くには、[保存] をクリックします。

    [UML リバース エンジニアリング] ダイアログ ボックスに操作の進行状況が表示されます。現在のリバース エンジニアリング操作を中止するには、[キャンセル] をクリックします。

  5. Visio で、ツリー ビューから図面ページにアイコンをドラッグして、モデルのビューを表す静的構造図を作成します。

    方法

    モデルに UML 要素を追加します。

注: プロジェクトをリバース エンジニアリングした後で Visual Studio.NET プロジェクトに変更を加え、その変更を Visio で確認する場合は、プロジェクトを再構築し、そのプロジェクトを再度リバース エンジニアリングして、更新されたコードの構造を Visio UML 図に表示します。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×