Visual Studio 6.0 ソース コードの UML へのリバース エンジニアリングについて

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

Microsoft Visual C 6.0 または Microsoft Visual Basic 6.0 でプロジェクトを作成する場合は、テンプレートを使用して、 UML モデル図では、Microsoft Office Visio リバース エンジニア リング、プロジェクトのクラスの定義と、UML 静的構造モデルを生成します。

Visio をインストールすると、Visual C++ と Visual Basic をカスタマイズするためのダイナミックリンク ライブラリ (DLL) もインストールされます。このカスタマイズにより、[Visio UML Add-in] ツールバーが Visual C++ と Visual Basic に追加されます。

[Visio UML Add-in] により、Visual Basic にツールバーが作成されます。このツールバーを使用してソース コードをリバース エンジニアリングし、Visio プログラムで UML 静的構造モデルを作成できます。リバース エンジニアリングするコードが格納されている Visual Basic プロジェクトを開き、ツールバーのボタンをクリックします。

Visual C++ の [Visio UML Add-in] では、参照情報ファイルを使用して UML モデルを作成します。したがって Visual C++ の場合、リバース エンジニアリングするプロジェクト ソース コードを生成するときに参照情報ファイルを作成する必要があります。

モデルに対してリバース エンジニアリングしたコードの要素は、Visio の [UML モデル エクスプローラ] のツリー ビューに表示されます。ここから図面ページにアイコンをドラッグして、静的構造図を作成できます。

ツリー ビューのアイコンまたは図面ページの図形をダブルクリックすると、UML 要素のプロパティを設定できます。

注: Visual C++ および Visual Basic のリバース エンジニアリングでの言語マッピングとサポートされている言語構文は異なっています。

Visual C++ または Visual Basic をカスタマイズするときに表示される UML ツール バー

吹き出し 1 Visio を開く] ボタンを Visio を起動し、[図面の種類を表示する] を選びます] をクリックします。

吹き出し 2 新しい Visio UML ドキュメントボタン Visio UML モデル図テンプレートを直接開く] をクリックします。

吹き出し 3 UML モデルのリバース エンジニア リング] ボタンをリバース エンジニア リング特定のプロジェクトのソース コード、 UML モデル図テンプレートを開き、結果をツリー ビューでのアイコンとして表示] をクリックします。

吹き出し 4 Visio UML オプションボタンを示す、ATL クラス、または標準含めるファイルを除くやなどのオプションを設定する (Visual C のみ)] をクリックします。

吹き出し 5 Visio UML ヘルプ] ボタンは、リバース エンジニア リング C のコードに Visio UML のヘルプ トピックを開く] をクリックします。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×