Visio Web Access Web パーツをカスタマイズする

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

Visio Web Access Web パーツでは、図の表示オプションやデータ接続された図の更新間隔をカスタマイズできます。これらのオプションは、Visio Web Access のツール ウィンドウにあります。

Visio Web Access のツール ウィンドウを開くには、Web パーツを編集モードにします。それには、いくつかの方法があります。

  • 新しい Visio Web Access Web パーツで、"ツール ウィンドウを開くには、ここをクリックしてください。" というリンクをクリックします。

  • Web パーツの隅にある矢印をクリックして Visio Web Access Web パーツ メニューを開き、[Web パーツの編集] をクリックします。

Web 図面の表示

Web 図面の URL

Web パーツに表示する Web 図面の URL を [Web 図面の URL] ボックスに入力するか、参照ボタンをクリックして対応する .vdw ファイルに移動します。

Web 図面の既定の初期ビューをオーバーライドする

Web 図面を開くと、既定では、図を前回保存したときに開いていたページが、同じズーム レベル、同じパン位置に表示されます。この動作は変更することができます。このオプションを選択して、[適用] または [OK] をクリックすると、今後はそのときに設定されたビューが表示されるようになります。

ラスター レンダリングを強制する

Web 図面を閲覧しているユーザーのコンピューターに Silverlight 3.0 以降がインストールされていた場合、Web 図面が Silverlight を使ってレンダリングされます。それ以外の場合は、PNG 形式のイメージ ファイルとしてレンダリングされます。閲覧者のコンピューターに Silverlight がインストールされているかどうかにかかわらず、Web パーツに Silverlight が使用されると不都合が生じる場合は、このオプションを選択します。

自動更新間隔

Web 図面が外部データ ソースに接続されている場合、データ ソースを定期的にチェックし、最新のデータを取得するという作業を Web パーツで自動的に行うことができます。データの更新を試みる間隔は、分単位で入力します。ユーザーが図のビューアーにある [更新] ボタンをクリックして手動でデータを更新する場合は、0 のままにしてください。

次の図形データ アイテムを Web パーツ接続に公開する

Web パーツ接続には、選択された図形から他の Web パーツに図形データを送信するオプションがあります。送信されるのは、このボックスに指定したデータ フィールドだけです。送信するデータ フィールドの名前をセミコロンで区切って入力します。

ツールバーとユーザー インターフェイス

ツール ウィンドウのこのセクションは主に、図のユーザーが利用できるツールを選択するためのオプションが大半ですが、[既定の背景を表示] オプションは例外です。[既定の背景を表示] がオンになっている場合、Web 図面の背景はグレーになります。このオプションがオフの場合、背景は透明になります。

ユーザーに見せる必要のないツールは、対応するアイテムの横にあるチェック ボックスをオフにすることによって UI から除外することができます。ただし、そのようにしたとしても、いくつかのアクションに関しては、ユーザーがマウスまたはキーボード ショートカットを使用して実行することができます。機能を完全に無効にするには、[Web 図面の操作] セクションのオプションを使用してください。

Web 図面の操作

Web パーツのユーザーに対して無効にするオプションの横にあるチェック ボックスをオンにします。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×