Visio Web Access を使用してデータ ドリブン Web 図面をダッシュボードに追加する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

重要    SharePoint Online で Visio Services と Visio Web Access Web パーツを使用することは推奨事項ではなくなりました。これ以降は、Visio Online を使用して Visio 図面を表示し、Web 上で Visio マッシュアップ ソリューションを作成します。詳細については、「Visio Services in SharePoint Online roadmap」 (SharePoint Online での Visio Services のロードマップ) を参照してください。SharePoint Server では、これらの機能は、Microsoft ライフサイクル ポリシーに従って引き続きサポートされます。

Visio 図面の図形をデータにリンクすると、基になるデータが変更されたときに図形を視覚的に変更することができます。たとえば、現在、プロセスで指定された段階にあるユニットの数を図形に反映させることができます。また、ユニットの数が、指定されたしきい値を上回ったり下回ったりした場合に、図形の色を変更することもできます。このような視覚的なデータ表示を使用すると、ダッシュボードの状態レポートをチェックするのが容易になります。

図面を Web 図面として公開されている場合は、ダッシュ ボードに図を表示する Visio Web Access Web パーツを追加できます。図面を Web 図面として SharePoint に発行する方法については、 SharePoint ライブラリに発行の Visio 図面を参照してください。

データ接続された Web 図面を作成する

Visio 2010 または Premium を使用して、図を作成して、データにリンクして、図面を Web 図面として保存する必要があります。図面をデータに接続する方法については、 Excel、SQL Server、SharePoint サイト、およびその他の外部ソースからのデータのインポートを参照してください。

図面を作成して外部データ ソースに接続するプロセスのほとんどは、Web 図面の場合も標準の図面の場合も同じですが、サポートされるデータ ソースおよび図面の種類に関していくつかの例外があります。

サポートされるデータ ソース

既定では、次のデータ ソースを使用できます。

  • SharePoint サイトでホストされた Excel ブック

  • SQL Server テーブルおよびビュー (SQL Server 2000、2005、2008)

  • SharePoint リスト

  • OLEDB/ODBC を備えたデータ ソース

Microsoft Access

Microsoft Access データ ソース接続は、図面を Web 図面として発行した場合、維持されません。

Microsoft Excel

Excel ブックはデータ ソースとしてサポートされますが、Web 図面がホストされる SharePoint サイトに、その Excel ブックを置いておく必要があります。

ピボットダイアグラムとタイムライン図

ピボットダイアグラムまたはタイムライン図を Web 図面として発行できますが、データ ソースから切断されるため、更新できなくなります。

トラブルシューティング

データ ソースに対する必要なアクセス許可が、図面を使用する各ユーザーに付与されていることを確認する必要があります。たとえば、図面で SharePoint リストをデータ ソースとして使用する場合、図面を表示する各ユーザーに対してデータ リストを表示するためのアクセス許可が付与されている必要があります。付与されていない場合、データは表示されません。

データ接続された図面が予定どおりに動作しない場合、SharePoint 管理者に構成を変更してもらうことが必要になる場合があります。管理者は、Microsoft TechNet でその方法を調べることができます。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×