Visio 2016 の新機能

Office 365 のサブスクライバーには、Office 2016 の新機能と改善された機能が定期的に提供されます。このページでは、最新の機能について紹介します。

Windows 向け Visio 2016 の最新更新プログラム

Visio のお客様向けの新機能と改善された機能をご覧ください。

Visio はデスクトップ以外でも

Visio Online は、お気に入りのブラウザーで図の作成や編集を行う新しい方法です。現在、パブリック プレビューの Visio Online エディターを公開中です。Visio ダイアグラムを SharePoint または OneDrive for Business にアップロードしてブラウザーで編集を開始できます。

詳細情報

Laptop_C3_20176711207 での Visio Online の作成

新機能をいち早く使うには

Office Insider に登録して、新機能をいち早く確認し、ご意見をお聞かせください。

Office Insider に今すぐ参加する

お使いのブラウザーではビデオがサポートされていません。 Microsoft Silverlight、Adobe Flash Player、Internet Explorer 9 のいずれかをインストールしてください。

リリースに関するその他の情報

新しい機能を入手できる時期
Office 365 の新しい機能は、サブスクリプションのお客様すべてに行きわたるまでに、ある程度の時間がかかることがあります。

機能が展開される方法については、こちらを参照してください。

すべての更新プログラムの一覧
Office 365 クライアント アプリケーションのすべてのチャネル リリースに関する情報を入手します。

最新のリリース

サブスクライバーではなく、Office を初めて使用する場合
Office 365 サブスクリプションに加入せずに Office 2016 を使用する場合に、このバージョンの Office で利用できる機能を紹介します。

Office 2016 の新機能

以前のリリース

2017 年 4 月の機能更新プログラム、バージョン 1704 (ビルド 8067) の新機能と改善された機能を確認してください。

サードパーティ製の図形およびステンシルを検索する

注: 以下の機能を利用するには、Visio Pro for Office 365 のサブスクリプションが必要です。サブスクリプションをお持ちの場合は、Visio のバージョンが最新であることをご確認ください

Visio テンプレートに用意されている図形以外の図形が必要な場合には、いくつかのオプションがあります。ユーザーは、デバイス内のローカルな図形およびステンシルを検索することができます。また、サードパーティまたは Microsoft によって作成された、オンラインのステンシルを検索することもできます。

詳細情報

2017 年 3 月の機能更新プログラム、バージョン 1703 (ビルド 7967.2139) の新機能と改善された機能をご確認ください。

注: 以下の機能を利用するには、Visio Pro for Office 365 のサブスクリプションが必要です。サブスクリプションをお持ちの場合は、Visio のバージョンが最新であることをご確認ください

データ ビジュアライザーのダイアグラムを作成する

Excel ブックから自動的に洗練された詳細な Visio フローチャートを作成したい場合、データ ビジュアライザーのテンプレートを使用して作成することができます。各テンプレートには、プロセス データを Visio のフローチャートに変換するために使用する、Excel ブックが関連付けられています。フロー チャートを作成したら、Excel で行を追加、編集、または削除して、Visio のダイアグラムを更新することができます。Visio 図形データに変換される Excel のデータの列を追加することもできます。

データ ビジュアライザーの概要

[データからのダイアグラムの作成] ウィザード では、Excel ブックから Visio フローチャートを作成するプロセスについて説明します。Visio Pro for Office 365 でデータ ビジュアライザーを使用する方法については、「データ ビジュアライザーのダイアグラムを作成する」を参照してください。

2017 年 2 月の機能更新プログラム、バージョン 1702 (ビルド 7870.2020) の新機能と改善された機能をご確認ください。

注: 以下の機能を利用するには、Visio Pro for Office 365 のサブスクリプションが必要です。サブスクリプションをお持ちの場合は、Visio のバージョンが最新であることをご確認ください

Visio から PowerPoint スライド スニペットを作成

Visio Pro for Office 365 で図のスライド スニペットを作成し、PowerPoint にエクスポートすることによって、PowerPoint で図を共有できます。図を PowerPoint でこれまでよりも簡単に利用できるようになりました。

2 枚のスライドのプレビューが表示されている、Visio の [スライド スニペット] ウィンドウのスクリーン ショット。

Visio Pro for Office 365 でスライド スニペットを使用する方法の詳細については、「Visio から PowerPoint プレゼンテーションを作成する」を参照してください。

2017 年 1 月の機能更新プログラム、バージョン 1701 (ビルド 7766.2060) の新機能と改善された機能をご確認ください。

注: 以下の機能を利用するには、Visio Pro for Office 365 のサブスクリプションが必要です。サブスクリプションをお持ちの場合は、Visio のバージョンが最新であることをご確認ください

Visio Pro for Office 365 で使用できるデータ モデル ダイアグラム アドイン

データベース リバース エンジニアリング ウィザードが製品に復帰するのを期待しているというフィードバックをユーザーから多数お寄せいただきました。お客様からのフィードバックに応えて、データベース モデリング用の Visio アドインを、お客様がダウンロードして Visio Pro for Office 365 で使用できる個別のアドインとしてご用意しました。データ モデル ダイアグラム アドインを使用して、既存のデータベースからデータベース モデルを作成したり、新しいデータベースの作成の計画中にヘルプを表示したり、既存のデータベースを理解したりすることができます。

このアドインをインストールして Visio Pro for Office 365 で使用する方法の詳細については、「Reverse engineer an existing database into a database model」 (既存のデータベースからデータベース モデルへのリバース エンジニアリングを行う) を参照してください。

教育機関向けの新しいテンプレートと図

Microsoft では、Visio 用に教育機関向けの新しいテンプレートを多数作成しました。Microsoft からだけでなく、厳選されたサードパーティ コンテンツ プロバイダーからも、新しい教育機関向けのテンプレートやサンプル図を選択および検索して利用できます。[ファイル]、[新規]、[テンプレート]、[教育] の順にクリックすると、図形座標、科学ポスター、三角法など、該当する新しいお勧めの図がすべて表示されます。目的の図を検索するには、[検索] ボックスに入力し、Enter キーを押します。

Microsoft から提供されている Visio 教育機関向けテンプレート サムネイル

詳細については、「Use Visio Education Templates to teach and learn」 (教育と学習のために Visio の教育機関向けテンプレートを使用する) を参照してください。

パートナー テンプレート見出しの下に表示されたサードパーティ ベンダーから提供されている、その他の教育機関向けのサンプル図とテンプレートもご確認ください。利用できるものを探してください。

サードパーティ ベンダーから提供されている 4 つの Visio 教育機関向けテンプレート サムネイル

2016 年 12 月の機能更新プログラム、バージョン 1612 (ビルド 7668.2066) の新機能と改善された機能をご確認ください。

iPad 版 Visio Viewer および iPhone 版 Visio Viewer をアプリ ストアにリリースしました

Visio は、作図用の信頼できるツールとして 10 年以上にわたりご利用いただいてまいりました。図による視覚的なコミュニケーションは、企業内のだれもが、場所やデバイスに関係なく利用できれば、より効果的な手段となることがわかっています。Microsoft は、iPad 版 Visio Viewer および iPhone 版 Visio Viewer を発表できることをうれしく思っております。これらのツールを使用することで、お客様は、ほぼどこからでも図を共有またはアクセスしたり、運用分析を実行したり、現実世界の図を容易に探索したりすることができるようになります。

詳細については、「iOS 版 Visio Viewer ヘルプ」および「iOS 版 Visio Viewer でよく寄せられる質問」を参照してください。ぜひこのアプリをダウンロードし、ご感想・意見をお寄せください。

2016 年 11 月の機能更新プログラム、バージョン 1611 (ビルド 7571.2072) の新機能と改善された機能をご確認ください。

Visio Online プレビュー

SharePoint Online または OneDrive for Business のデータ接続を使用して、Visio 図面 (.vsdx) を同僚やパートナーと Web ブラウザーで共有できるようになりました。詳細については、こちらを参照してください。

2016 年 10 月の機能更新プログラム、バージョン 1610 (ビルド 7466.2038) の新機能と改善された機能をご確認ください。

サード パーティ製のテンプレートと図

厳選されたサードパーティ コンテンツ プロバイダーから、新しいテンプレートやサンプル図を選択および検索して利用できます。[ファイル]、[新規] の順にクリックして、おすすめの図をすべて表示します。目的の図を検索するには、[検索] ボックスに入力し、Enter キーを押します。サードパーティ ベンダーから入手した図とテンプレートのサンプルには、サムネイルに該当するベンダー名が表示されます。提供されているものを探索してください。

サードパーティ ベンダーから提供されている Visio テンプレート サムネイル

2016 年 9 月の機能更新プログラム、バージョン 1609 (ビルド 7369.2024) の新機能と改善された機能をご確認ください。

Microsoft Office に関するご意見、ご提案はございませんか。製品改善のためにお客様のフィードバックを必要としています。Visio の新機能のご提案、ご感想をお寄せください。また、動作しない機能について報告することもできます。[ファイル][フィードバック] の順にクリックします。

[ファイル]、[フィードバック] の順にクリックして、Microsoft Visio に関するコメントや提案を提供する

2016 年 7 月の機能更新プログラム、バージョン 1607 (ビルド 7167.2040) の新機能と改善された機能をご確認ください。

注: 以下の機能を利用するには、Visio Pro for Office 365 のサブスクリプションが必要です。サブスクリプションをお持ちの場合は、Visio のバージョンが最新であることをご確認ください

新しい UML コンポーネント図

UML コンポーネント図を作成してコンポーネント、ポート、インターフェイス、およびこれらの関係を表すことができます。

新しい UML コミュニケーション図

UML コミュニケーション図を作成して生存線間の相互作用を表すことができます。この相互作用はシーケンス番号付きの一連のメッセージを使って行われます。図の要素を自由形式で配置できます。

新しい UML 配置図

UML 配置図を作成してソフトウェア アーティファクトのノードへの配置のアーキテクチャを表すことができます。

2016 年 5 月の機能更新プログラム、バージョン 1605 (ビルド 6965.2053) の新機能と改善された機能をご確認ください。

注: 次の機能を使用できるのは、Visio Pro for Office 365 のサブスクライバーに限定されています。サブスクリプションをお持ちの場合は、最新バージョンの Visio をインストールしていることをご確認ください

AutoCAD のサポートの強化

これまで、Visio では AutoCAD 2007 以降のバージョンで作成された .dwg ファイルおよび .dxf ファイルをサポートしていました。今回の更新により、AutoCAD の既存の任意のバージョンで作成されたファイルをインポートまたは開くことができるようになりました。

AutoCAD サイズ調整機能の強化

今回の更新により、AutoCAD ファイルをインポートする際のサイズ調整機能が強化されました。最初にいくつかのプロパティが設定されていることを確認すればよいだけです。AutoCAD では、アクティブ タブが、モデル タブではなくレイアウト タブになっていることを確認します。また、Visio の図面縮尺が AutoCAD ビューポート縮尺と同じ値に設定されていることを確認します。この記事で詳細を説明します

AutoCAD ファイルのインポート時間の短縮

今回の更新により、AutoCAD インポート速度が大幅に速くなりました。

瞬時に図形を重ねて表示

CAD ファイル上で図形を操作する際に、遅延が生じていました。今回の更新により、遅延がなくなりました。

この最初のリリースは、Office 2016 アプリケーションの初回バージョン 1509 (ビルド 4229.1024) です。

特に指定のない限り、Visio Pro for Office 365 のサブスクライバーと Visio 2016 パッケージ版をお持ちの方はいずれも次の新機能を利用できます。

Excel データとのワンステップのデータ接続

データの [クイック インポート] ボタン

以前は、図と Excel データとを結び付けるのに複数回のクリック操作が必要でした。Visio Professional 2016 では、ワンステップでそれができます。Excel の列内の値と、図内の各図形のテキストとが 1 対 1 で対応していることを確認するだけです。また、このバージョンでは、データ グラフィックを簡単に交換できます。ご自分で試して見てください。[データ] タブをクリックし、[クイック インポート] をクリックします。

Information Rights Management (IRM) による Visio ファイルの 保護

[ダイアグラムの保護] ボタン、[アクセスの制限] コマンド

Visio Professional 2016 には、Information Rights Management (IRM) 機能が追加されました。 これで、機密情報を漏洩しないように保護することができます。 [ファイル]、[情報]、[ダイアグラムの保護]、[アクセスの制限] の順にクリックします。 次に、ファイルを表示できるユーザーと変更できるユーザーを指定できます。

ヒント: Outlook で、メール メッセージの IRM 保護を設定できます。 たとえば、メール メッセージを読み取り専用に設定できます。 Visio ファイルをそのメッセージに添付した場合、そのファイルも読み取り専用に設定されます。

オフィス レイアウト図用の現代的な図形

Visio 2013 オフィス図形、Visio 2016 オフィス図形

[オフィス レイアウト図] テンプレートに含まれる図形の多くのデザインが変更され、以前のバージョンよりも現代的になりました。 [ファイル]、[新規作成] の順にクリックし、[オフィス レイアウト図] を検索して、試してみてください。

用地計画用の詳細図形

Visio 2013 サイト計画図形、Visio 2016 サイト計画図形

Visio Professional 2016 では、景観設計がこれまで以上に詳細になっています。 [ファイル]、[新規作成] の順に選び、[用地計画] を検索します。 多くの図形が更新されており、あらゆるニーズに対応できます。

フロア プラン用の更新された図形

Visio 2013 フロア プラン図形、Visio 2016 フロア プラン図形

Visio Professional 2016 で、[ファイル]、[新規作成] の順に選び、[フロア プラン] テンプレートを検索します。 このテンプレートは、商業ビルの設計、アーキテクチャ レイアウトなどで使用します。 このバージョンでは、このテンプレートのデザインが、より詳細に変更されています。

住宅設計用の現代的な図形

Visio 2013 住宅設計図面、Visio 2016 住宅設計図面

キッチンやバスルームのリフォームの設計を行う場合、Visio Professional 2016 の [住宅設計] テンプレートが便利です。 新しい現代的な図形を使えば、今まで以上に簡単に操作できます。 [ファイル]、[新規作成] の順にクリックし、[住宅設計] を検索して、試してみてください。

電気回路図用の IEEE 準拠の図形

Visio 2013 電気図形、Visio 2016 電気図形

Visio Professional 2016 の [基本電子工学系] テンプレートは、IEEE 標準に準拠し、これまでよりも見やすくなっています。 [ファイル]、[新規作成] の順に選び、[基本電子工学系] を検索します。 ページに図形を追加すると、このテンプレートに "スマートシェイプ" が追加されることがわかります。 図形をコネクタ上にドラッグすると、図形が "オートスナップ" します。つまり、1 つのコネクタが 2 つに分割され、2 つのコネクタが自動的に図形の端に結合されます。 さらに、図形の多くはページ上に配置したときに自動的に番号が付加されます。

スターター図面

Visio 2016 の作成済みの図のサムネイル

さまざまなテンプレートで、悩むことなくすぐに図形の描画を開始できるようになりました。 いずれかのスターター図面を選び、テキストを変更して、ヒントを試し、図形の描画を開始するだけです。 この操作を試すには、[ファイル]、[新規作成] の順に選び、次のいずれかを検索します。

  • 監査図

  • 基本フローチャート

  • 基本ネットワーク図

  • 部門連係フローチャート

  • 組織図ウィザード

  • ガント チャート

  • タイムライン

  • ワーク フロー図

Visio Professional 2016 では、次のテンプレートもスターター図面として使用できます。

  • BPMN 図

  • 詳細なネットワーク図

  • Microsoft SharePoint 2016 ワークフロー

  • UML クラス

  • UML シーケンス

  • UML ユース ケース

  • バリュー ストリーム マップ

操作アシストですばやく行う

「スナップ」と入力された操作アシスト ボックス、表示されたスナップ オプション

Visio 2016 のリボンに、「実行したい作業を入力してください」というテキスト ボックスがあることに気づくはずです。これは、次にしたい操作に関連する語句を入力できるテキスト フィールドです。探している操作に関連するヘルプを使用することもできます。

Visio プログラムの新しいテーマ

[Office テーマ] プルダウン メニュー、色付き、濃い灰色、白いテーマのオプション

Visio プログラムに適用できる 3 つの Office テーマ (カラフル、濃い灰色、白) が追加されました。これらのテーマにアクセスするには、[ファイル]、[オプション]、[全般] の順に選んでから、[Office テーマ] の横のドロップ ダウン メニューをクリックします。

Windows 向け Visio 2016 の最新更新プログラム

引き続きお読みいただき、Insider スローバージョン 1708 (ビルド 8431.2046) の新機能をご確認ください。お読みになりましたら、ご感想をお寄せください。早期のフィードバックは非常に貴重です。引き続きお待ちしております。

Web サイトおよびモバイル アプリケーション用のワイヤーフレーム図を作成する

Visio ワイヤーフレームを使用して、アプリケーションのアイデアを生み出します。ワイヤーフレームとは、アプリケーションのユーザー インターフェイスの詳細な視覚モデルのことで、機能とコンテンツの設計図のようなものです。これらの新しい Web サイトおよびモバイル ワイヤーフレーム テンプレートは、忠実度の低い設計スケッチを作成して、アイデアの提示、チームの合意、忠実度の高いワイヤーフレームの基礎の形成を行う場合に最適です。

詳細情報

Web サイトおよびモバイル テンプレートの概要

さらに多くの機能、さらに高速化

Office Insider の最新全機能

Office の全アプリ/全バージョンのすべての最新機能とビルド情報をご確認ください。

Office Insider で利用できる新機能を確認してください。

新機能をいち早く使うには

Office Insider ファースト レベルに登録すれば、最新機能をいち早くご利用いただけます。

Office Insider プログラムに参加する方法に関するページをご覧ください。

コミュニティに参加する

コミュニティの回答 - Office Insider フォーラム

Office Insider コミュニティ

テクノロジに関心のあるユーザー同士がつながり、Office Insider コミュニティでサポートを受けることができます。

コミュニティにアクセスする

Office Insider Twitter

@OfficeInsider をフォローする

Office の未来を作るエキスパートとファンによって日々成長を続けるコミュニティにご参加ください。

Twitter でフォローする

フィードバックの送信先

気に入った点、気に入らなかった点、改善が必要な点などのご意見をお待ちしております。問題の報告またはフィードバックの送信を行うには、いずれかの Office 2016 アプリで [ファイル]、[フィードバック] の順にクリックします。Office Insider コミュニティへの投稿、または @OfficeInsider へのツイートからもご連絡いただけます。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×