Visio 組織図を作成する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

組織図は、従業員や役職、グループ間の関係を表すために一般的に使われる上下関係の階層構造の図面です。

次の図のような単純な図面から、外部データ ソースの情報を基にした大規模で複雑なものまで、さまざまな組織図がありす。組織図の図形には、名前や役職などの基本的な情報だけでなく、部署やコスト センターなどの詳細情報を表示できます。また組織図図形には写真を追加することもできます。

組織図

単純な組織図を作成する

この方法は、既定の情報フィールドを使用して小さな組織図を作成する場合に最適です。

  • [ファイル] タブで、新規作成] をポイントし、組織図] をクリックして組織図] をクリックし、[作成] をクリックします。

  • 組織のメンバーを特定するのにには、あらかじめ設定されている階層の組織図を使用します。

  • 注: 図形にデータを追加する方法については、図形にデータを追加するを参照してください。

  • さらに下位図形を上位図形にドラッグし、各図形に名前と役職を入力して、組織図を完成します。

新しいデータ テーブルから組織図を自動的に作成する

この方法は、既定の情報フィールドと必要なフィールドとが一致せず、既に別のプログラムで用意されているデータがない場合に最適です。

  1. [ファイル] タブで、新規作成] をポイントし、組織図] をクリックして組織図] をクリックし、[作成] をクリックします。

  2. ウィザードの最初のページで、[このウィザードを使って情報を入力する] を選択し、[次へ] をクリックします。

  3. [Excel] または [区切り文字付きテキスト] を選択し、新規作成するファイルの名前を入力して、[次へ] をクリックします。

    注: [Excel] を選択した場合は、Microsoft Office Excel ワークシートがサンプルのテキストが入力されている状態で開きます。[区切り文字付きテキスト] を選択した場合は、Microsoft メモ帳がサンプルのテキストが入力されている状態で開きます。

  4. Excel またはメモ帳が開いたら、サンプル テキストを参考にして入力すべき情報を特定し、これらのテキストに上書きして情報を入力します。

    重要: [名前] および [報告先] 列は保持する必要がありますが、その他の列は変更または削除したり、列を追加したりできます。

  5. Excel またはメモ帳を終了し、ウィザードの操作を完了してください。

    注: ほとんどのウィザードにはヘルプが用意されています。ヘルプを参照するには、F1 キーを押すか、[ヘルプ] ボタンをクリックしてください。

既存のデータ ソースを使用して組織図を自動的に作成する

この方法は、組織図に使用する情報が既に Microsoft Office Excel ワークシートや Microsoft Exchange Server ディレクトリなどのドキュメントとして用意されている場合に最適です。

  1. 使用するテーブルまたはワークシートに、従業員の名前、一意の ID、および各従業員の報告先が含まれていることを確認します。

    注: これらの列には、任意の名前を使用できます。組織図ウィザードの実行中に、どの列 (またはフィールド名) が名前、ID、報告先情報を保持しているかを指定できます。

    • 従業員名    組織図図形の従業員名の表示形式は、このフィールドでの従業員名の表示と同じ形式になります。

    • 一意の ID    各従業員名が一意でない場合は、従業員 ID 番号など各従業員に対して一意の識別子が保持されている列が必要になります。

    • 報告先    このフィールドには、各管理者の一意の識別子を格納する必要があります。この識別子は、名前または ID 番号などです。組織図の最上位に配置される従業員の場合、このフィールドは空白にします。

  2. [ファイル] タブで、新規作成] をポイントし、組織図] をクリックして組織図] をクリックし、[作成] をクリックします。

  3. ウィザードの最初のページで [ファイルまたはデータベースに既に保存されている情報を使用する] をクリックします。

  4. [次へ] をクリックし、ウィザードの指示に従って残りの作業を行います。

    注: ほとんどのウィザードにはヘルプが用意されています。ヘルプを参照するには、F1 キーを押すか、[ヘルプ] ボタンをクリックしてください。

チーム枠または仮想従属関係を使用してチームを表示する

組織図を作成した後、仮想チームの関係を反映するように情報を並べ替えることができます。互いに近い関連する図形を移動する第 2 のレポート構造を表示する点線のコネクタを追加するや、チーム枠図形を使用して仮想チームを強調表示キーを押します。点線のレポートは、通常、コネクタのように動作します。チーム枠は、基本的に使用できる視覚的にグループ化して、名前のチームに変更された四角形の図形です。

チーム枠と点線で関係を示した組織図

生成した組織図を更新する

組織の変更を反映するには、組織図を手動で更新するか、新しい組織図を生成する必要があります。新しい組織図を生成すると、古い組織図の変更内容は新しい組織図に反映されません。図形にテーマや写真が追加されていた場合、古い組織図と同様の外観にするには、そのテーマや写真を再度追加する必要があります。

図形はデータにリンクされて、データの更新] を実行すると、既存の図形内でのみに、データ、通常の方法で更新されます。データの更新を追加またはされない図形を削除します。

単純な組織図を作成する

この方法は、既定の情報フィールドを使用して小さな組織図を作成する場合に最適です。既定のフィールドは、次のとおりです。

  • 部署

  • 電話番号

  • 名前

  • 役職

  • 電子メール

  • [ファイル] タブの新規作成] をポイントし、[ Business] をポイントし、[組織図] をクリックします。

  • [図形] ウィンドウの [組織図] ステンシルから、[重役職] など、組織の最上位に配置する図形をページにドラッグします。

  • 図形が選択されている状態で、その図形に名前と役職を入力します。たとえば、名前が渡川秀人、役職が社長という重役がいる場合は、この名前と役職を入力します。

    注: 図形にデータを追加する方法については、図形にデータを追加するを参照してください。

  • [図形] ウィンドウの [組織図] ステンシルから、1 人目の部下を表す図形を上位図形の上にドラッグします。これにより、この 2 つの図形が自動的にリンクされ、階層構造で表示されます。

    ヒント: リンクを作成するには、下位図形を上位図形の中央にドロップする必要があります。

  • さらに下位図形を上位図形にドラッグし、各図形に名前と役職を入力して、組織図を完成します。

新しいデータ テーブルから組織図を自動的に作成する

この方法は、既定の情報フィールドと必要なフィールドとが一致せず、既に別のプログラムで用意されているデータがない場合に最適です。

  1. [ファイル] タブで、新規作成] をポイントし、[ビジネス] をポイント組織グラフ ウィザード] をクリックします。

  2. ウィザードの最初のページで、[このウィザードを使って情報を入力する] を選択し、[次へ] をクリックします。

  3. [Excel] または [区切り文字付きテキスト] を選択し、新規作成するファイルの名前を入力して、[次へ] をクリックします。

    注: [Excel] を選択した場合は、Microsoft Office Excel ワークシートがサンプルのテキストが入力されている状態で開きます。[区切り文字付きテキスト] を選択した場合は、Microsoft メモ帳がサンプルのテキストが入力されている状態で開きます。

  4. Excel またはメモ帳が開いたら、サンプル テキストを参考にして入力すべき情報を特定し、これらのテキストに上書きして情報を入力します。

    重要: [名前] および [報告先] 列は保持する必要がありますが、その他の列は変更または削除したり、列を追加したりできます。

  5. Excel またはメモ帳を終了し、ウィザードの操作を完了してください。

    注: ほとんどのウィザードにはヘルプが用意されています。ヘルプを参照するには、F1 キーを押すか、[ヘルプ] ボタンをクリックしてください。

既存のデータ ソースを使用して組織図を自動的に作成する

この方法は、組織図に使用する情報が既に Microsoft Office Excel ワークシートや Microsoft Exchange Server ディレクトリなどのドキュメントとして用意されている場合に最適です。

  1. 使用するテーブルまたはワークシートに、従業員の名前、一意の ID、および各従業員の報告先が含まれていることを確認します。

    注: これらの列には、任意の名前を使用できます。組織図ウィザードの実行中に、どの列 (またはフィールド名) が名前、ID、報告先情報を保持しているかを指定できます。

    • 従業員名    組織図図形の従業員名の表示形式は、このフィールドでの従業員名の表示と同じ形式になります。

    • 一意の ID    各従業員名が一意でない場合は、従業員 ID 番号など各従業員に対して一意の識別子が保持されている列が必要になります。

    • 報告先    このフィールドには、各管理者の一意の識別子を格納する必要があります。この識別子は、名前または ID 番号などです。組織図の最上位に配置される従業員の場合、このフィールドは空白にします。

  2. [ファイル] タブで、新規作成] をポイントし、[ビジネス] をポイント [組織図ウィザード] をクリックします。

  3. ウィザードの最初のページで [ファイルまたはデータベースに既に保存されている情報を使用する] をクリックします。

  4. [次へ] をクリックし、ウィザードの指示に従って残りの作業を行います。

    注: ほとんどのウィザードにはヘルプが用意されています。ヘルプを参照するには、F1 キーを押すか、[ヘルプ] ボタンをクリックしてください。

チーム枠または仮想従属関係を使用してチームを表示する

組織図を作成した後、仮想チームの関係を反映するように情報を並べ替えることができます。互いに近い関連する図形を移動する第 2 のレポート構造を表示する点線のコネクタを追加するや、チーム枠図形を使用して仮想チームを強調表示キーを押します。点線のレポートは、通常、コネクタのように動作します。チーム枠は、基本的に使用できる視覚的にグループ化して、名前のチームに変更された四角形の図形です。

チーム枠と点線で関係を示した組織図

生成した組織図を更新する

組織の変更を反映するには、組織図を手動で更新するか、新しい組織図を生成する必要があります。新しい組織図を生成すると、古い組織図の変更内容は新しい組織図に反映されません。図形にテーマや写真が追加されていた場合、古い組織図と同様の外観にするには、そのテーマや写真を再度追加する必要があります。

図形はデータにリンクされて、データの更新] を実行すると、既存の図形内でのみに、データ、通常の方法で更新されます。データの更新を追加またはされない図形を削除します。

単純な組織図を作成する

この方法は、既定の情報フィールドを使用して小さな組織図を作成する場合に最適です。既定のフィールドは、次のとおりです。

  • 部署

  • 電話番号

  • 名前

  • 役職

  • 電子メール

  • [ファイル] メニューの [新規作成] をポイントし、[ビジネス] をポイントして [組織図] をクリックします。

  • [図形] ウィンドウの [組織図] ステンシルから、[重役職] など、組織の最上位に配置する図形をページにドラッグします。

  • 図形が選択されている状態で、その図形に名前と役職を入力します。たとえば、名前が渡川秀人、役職が社長という重役がいる場合は、この名前と役職を入力します。

    注: 図形にデータを追加する方法については、図形にデータを追加するを参照してください。

  • [図形] ウィンドウの [組織図] ステンシルから、1 人目の部下を表す図形を上位図形の上にドラッグします。これにより、この 2 つの図形が自動的にリンクされ、階層構造で表示されます。

    ヒント: リンクを作成するには、下位図形を上位図形の中央にドロップする必要があります。

  • さらに下位図形を上位図形にドラッグし、各図形に名前と役職を入力して、組織図を完成します。

新しいデータ テーブルから組織図を自動的に作成する

この方法は、既定の情報フィールドと必要なフィールドとが一致せず、既に別のプログラムで用意されているデータがない場合に最適です。

  1. [ファイル] メニューの [新規作成] をポイントし、[ビジネス] をポイントして [組織図ウィザード] をクリックします。

  2. ウィザードの最初のページで、[このウィザードを使って情報を入力する] を選択し、[次へ] をクリックします。

  3. [Excel] または [区切り文字付きテキスト] を選択し、新規作成するファイルの名前を入力して、[次へ] をクリックします。

    注: [Excel] を選択した場合は、Microsoft Office Excel ワークシートがサンプルのテキストが入力されている状態で開きます。[区切り文字付きテキスト] を選択した場合は、Microsoft メモ帳がサンプルのテキストが入力されている状態で開きます。

  4. Excel またはメモ帳が開いたら、サンプル テキストを参考にして入力すべき情報を特定し、これらのテキストに上書きして情報を入力します。

    重要: [名前] および [報告先] 列は保持する必要がありますが、その他の列は変更または削除したり、列を追加したりできます。

  5. Excel またはメモ帳を終了し、ウィザードの操作を完了してください。

    注: ほとんどのウィザードにはヘルプが用意されています。ヘルプを参照するには、F1 キーを押すか、[ヘルプ] ボタンをクリックしてください。

既存のデータ ソースを使用して組織図を自動的に作成する

この方法は、組織図に使用する情報が既に Microsoft Office Excel ワークシートや Microsoft Exchange Server ディレクトリなどのドキュメントとして用意されている場合に最適です。

  1. 使用するテーブルまたはワークシートに、従業員の名前、一意の ID、および各従業員の報告先が含まれていることを確認します。

    注: これらの列には、任意の名前を使用できます。組織図ウィザードの実行中に、どの列 (またはフィールド名) が名前、ID、報告先情報を保持しているかを指定できます。

    • 従業員名    組織図図形の従業員名の表示形式は、このフィールドでの従業員名の表示と同じ形式になります。

    • 一意の ID    各従業員名が一意でない場合は、従業員 ID 番号など各従業員に対して一意の識別子が保持されている列が必要になります。

    • 報告先    このフィールドには、各管理者の一意の識別子を格納する必要があります。この識別子は、名前または ID 番号などです。組織図の最上位に配置される従業員の場合、このフィールドは空白にします。

  2. [ファイル] メニューの [新規作成] をポイントし、[ビジネス] をポイントして [組織図ウィザード] をクリックします。

  3. ウィザードの最初のページで [ファイルまたはデータベースに既に保存されている情報を使用する] をクリックします。

  4. [次へ] をクリックし、ウィザードの指示に従って残りの作業を行います。

    注: ほとんどのウィザードにはヘルプが用意されています。ヘルプを参照するには、F1 キーを押すか、[ヘルプ] ボタンをクリックしてください。

Access アプリの基本タスク

チーム枠または仮想従属関係を使用してチームを表示する

組織図を作成した後、仮想チームの関係を反映するように情報を並べ替えることができます。互いに近い関連する図形を移動する第 2 のレポート構造を表示する点線のコネクタを追加するや、チーム枠図形を使用して仮想チームを強調表示キーを押します。点線のレポートは、通常、コネクタのように動作します。チーム枠は、基本的に使用できる視覚的にグループ化して、名前のチームに変更された四角形の図形です。

チーム枠と点線で関係を示した組織図

生成した組織図を更新する

組織の変更を反映するには、組織図を手動で更新するか、新しい組織図を生成する必要があります。新しい組織図を生成すると、古い組織図の変更内容は新しい組織図に反映されません。図形にテーマや写真が追加されていた場合、古い組織図と同様の外観にするには、そのテーマや写真を再度追加する必要があります。

図形はデータにリンクされて、データの更新] を実行すると、既存の図形内でのみに、データ、通常の方法で更新されます。データの更新を追加またはされない図形を削除します。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×