Visio を使用して Web サイトを管理する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

Web サイトを毎日運用しているユーザーであれば、サイト全体の構造とフローのわかりやすい図の作成、変更内容の追跡、および壊れたハイパーリンクの監視や修復が重要であることが理解できるでしょう。Microsoft Office Visio Professional の Web サイト マップ関連ツールを使用すると、このような作業はもちろんのこと、その他の作業も実行できます。

目的に合ったトピックをクリックしてください

サイトの内容を対応付ける

サイトのエラーを自動的にチェックします。

サイトへの変更の管理

サイトのコンテンツに関するマップを作成する

サイトの管理で最初に行う作業は、サイトの現在の状態を分析することです。サイトのマップを作成すると、サイトの構造とコンテンツを視覚的に表した最新の図が作成されます。

サイトにあるリンクの実際の階層構造を示す Web サイト マップ

サイト マップの各図形は、Web サイトのリンクを表しています。また、各図形には、リンクの種類や場所に関する情報が含まれています。図形を右クリックすると、その図形から Web 上の場所を直接参照できます。

  1. Visio で、[ファイル] メニューの [新規作成] をポイントし、[ソフトウェアおよびデータベース] をポイントして、[Web サイト マップ] をクリックします。

  2. [サイト マップの生成] ダイアログ ボックスで、次のいずれかのサイト アドレスを入力します。

    • HTTP サーバー。マップを作成する Web サイトのアドレスを [アドレス] ボックスに入力します。

    • ネットワーク上のサーバーまたはローカルのハード ディスク ドライブ。[参照] をクリックして、サイト マップのルートとして使用するファイルを選択し、[開く] をクリックします。

  3. [サイト マップの生成] ダイアログ ボックスで [設定] をクリックし、探索する最大レベル数と最大リンク数の設定を確認します。

  4. 設定を変更するには、次の中から必要な操作を行います。

    • [レイアウト] タブで、Web サイト マップのレイアウト スタイルを変更します。ここでは、探索するレベル数や、図面に [コンパクトなツリー][フローチャート] のいずれを表示するかなどを設定します。

    • [拡張子] タブで、マップの対象となるファイルの種類 (.doc、.jpg、.exe など) を選択します。

    • [プロトコル] タブで、マップの対象となるプロトコル (mailto、ftp、NNTP など) を選択します。

    • [属性] タブで、リンクを検索する HTML 属性 (HREF、SRC、CODE など) を選択します。

    • [詳細設定] タブで、検索条件を詳細に設定するオプションを選択します。

    • [OK] をクリックします。

  5. [サイト マップの生成] ダイアログ ボックスで、[OK] をクリックします。

  6. サイト マップを保存するには、[ファイル] メニューの [上書き保存] をクリックします。

ページの先頭へ

サイトを自動的に検査し、エラーの有無を調べる

サイトのリンクを常に有効な状態に維持し、エラーが発生しないようにすることは、最も重要な Web サイト管理作業です。

サイトのマップを作成すると、あらかじめ指定したパラメータ内にある各リンク情報に基づいて、エラーの有無が追跡されます。サイト マップの [フィルタ ウィンドウ] および [一覧ウィンドウ] を開くと、エラーになっているリンクには赤い X が表示されます。これらのウィンドウが表示されない場合は、[Web サイト マップ] メニューの [ウィンドウ] をポイントし、[一覧ウィンドウ] または [フィルタ ウィンドウ] をクリックします。壊れたリンクと関連するエラーの一覧は、簡単に作成できます。この一覧を使用すると、実行した作業の追跡や必要な修復を行うことができます。

サイトの構造を示す Web サイト マップ; 赤い X の付いた図形は破断リンクを表す

エラーが発生したリンクのレポートを作成する

  1. エラー レポートの作成対象となるサイト マップを開きます。

  2. [Web サイト マップ] メニューの [レポート] をクリックし、[Web サイト マップのエラーを含むリンク] をクリックして [実行] をクリックします。

  3. 情報を保存するファイルの種類 (Excel、XML など) を選択して、[OK] をクリックします。

    ハイパーリンク エラーが発生したすべてのリンクの一覧を含んだレポートが作成されます。

  4. レポートを Visio 以外のプログラム (Microsoft Office Excel など) で開いた場合は、レポートに名前を付けて保存します。

壊れたリンクを修復する

タイムアウト エラーが原因でリンクが壊れる場合があります。タイムアウト エラーを解決するには、リンクを右クリックし、[リフレッシュ] または [ハイパーリンクの親をリフレッシュ] をクリックします。

リンクが壊れるその他の原因としては、サイトが見つからない、アクセスが拒否された、パスワードが必要、ファイル名が正しくない、ファイルの場所が正しくない、ファイルが見つからない、などがあります。この場合、"404" または "File Not Found" というエラー メッセージが表示されることがあります。このようなメッセージが表示された場合は、Web サイト内の壊れたリンクを修復する必要があります。

Web サイトと Web サイト マップは、動的にリンクしているわけではありません。一方を変更しても、その変更が他方に自動的に反映されることはありません。Web サイトの壊れたリンクを修復した後、そのリンクを表す図形を右クリックして [ハイパーリンクをリフレッシュ] をクリックすると、サイト マップを更新できます。これで、赤い X が消えます。

ページの先頭へ

サイトに対する変更を追跡する

サイトの構築に携わっている開発者が何人もいる場合、各開発者の作業の追跡は、そのための専任者が必要なほどの作業になります。Web サイト マップの比較レポートを使用すれば、サイトの 2 つのバージョンを比較し、特定の期間に加えられた変更を把握することができます。この比較レポートでは、2 つのバージョンが比較され、相違点の一覧が作成されます。一方のマップにのみ存在するリンクを提示するだけでなく、両方のマップにおけるリンクの変更に関する一覧も作成されます。この一覧には、次のような情報が表示されます。

  • エラー状態

  • ファイルのタイトル

  • ファイルのサイズ

  • ファイルの変更日

例として、サイトに対して週ごとに加えられた変更内容を把握する場合を考えてみます。まず、週の開始時点でサイトのマップを作成し、週の終了時点でもう一度マップを作成します。次に、2 つのマップを比較し、変更のレポートを生成します。また、生成されたレポートをその週に予定されていた作業スケジュールと比較して、Web サイトに対する作業が予定どおりに進んでいるかどうかを調べることもできます。

Web サイト マップを比較する

  1. Web サイトの最新のマップを開きます。

  2. [Web サイト マップ] メニューの [以前のドキュメントと比較] をクリックします。

  3. 比較対象の Web サイト マップを見つけてそのファイルを選択し、[開く] をクリックします。

    2 つのマップが比較され、相違点の一覧を示す HTML レポートが作成されます。

  4. レポートに名前を付けて、保存します。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×