Visio の UML モデリング環境について

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

Microsoft Office Visio でUML モデル図テンプレートは、複雑なソフトウェア システムのオブジェクト指向のモデルを作成するためを完全にサポートを提供します。次のようなツール、図形、その機能が含まれています。

  • [モデル エクスプローラ]。モデルをツリー ビューで表示し、あるビューから別のビューに移動できます。

  • UML 表記法の要素を表し、UML 図の作成をサポートする、定義済みのインテリジェント図形。図形の振る舞いは、UML 意味論と一貫性を保つようにプログラムされています。

  • 使いやすい [UML プロパティ] ダイアログ ボックス。名前、属性、操作などのプロパティを UML 要素に設定できます。

  • リバース エンジニアリング機能。Microsoft Visual C++ 6.0 または Microsoft Visual Basic 6.0 で作成されたプロジェクトから UML 静的構造モデルを生成できます。

  • リバース エンジニアリング機能。Microsoft Visual Studio.NET で作成されたプロジェクトから UML 静的構造モデルを生成できます。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×