Visio の概要

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

この記事では、最初に Visio 起動したときから、簡単な図面を作成して保存する基本事項に至るまで、順を追って Visio の初歩的な操作を体験していただきます。まず、コンピューター上で Visio を開始します。

Visio を起動する

図面のさまざまな種類のテンプレートを検索できるスタート ページが開きます。

テンプレートとは、未完成のサンプルの図面で、出発点となるものです。Visio テンプレートには特定の種類の図面用の図形やツールが含まれており、その間の空白ページで図形をドラッグしたり接続したりして図面を作成します。

テンプレートを開く

使いたいテンプレートの種類をクリックするか、[基本図] をクリックして一から作成します。小さなウィンドウが開き、何らかの情報と、メートル法または米国単位を使用するオプションが表示されます。[作成] ボタンをクリックし、テンプレートを開きます。

空白の図面ページには、図形描画用のコマンドとツールが含まれる Microsoft Office のリボンがあります。タブ名だけ表示されボタンが表示されていない場合は、タブ名をクリックするとそのタブのリボンが一時的に開きます。

ヒント: リボンを常に開いた状態にするには、右上隅にある小さなピンのアイコン リボンのアイコンを固定する をクリックします。

[図形] ウィンドウ

左側には [図形] ウィンドウがあります。ここには、図形を保持するステンシルが含まれています。この図面ではフローチャート図形です。
図形ウィンドウ

  • ステンシル – ステンシルは、関連した図形を保持するためのコンテナーです。一般的に、テンプレートには、カテゴリ別に図形を整理できるように複数のステンシルが存在します。ステンシルには、[図形] ウィンドウの最上部近くにタイトル バーがあります。ステンシルに含まれる図形を表示するには、ステンシルのタイトル バーをクリックします。

  • 図形 – 図面の中で使用できるテンプレートのほとんどすべては、コネクタ、さらにはページなどを含む図形と言うことができます。図形とは、図面をカスタマイズできる機能を備えているので、単なるアイコンまたは画像以上のものと言えます。

開いているステンシルの最上部のタイトル バーの下には、[その他の図形] というラベルのタブがあります。それをクリックすると、図面で使用するその他の図形を検索するためのオプションのメニューが開きます。

  • 個人用図形 – ユーザー設定のステンシルをダウンロードまたは作成し、[個人用図形] フォルダーに保存すると、それらのステンシルが自動的にこのサブメニューに表示されます。[ドキュメント] フォルダー内に、[個人用図形] フォルダーが作成されます。

  • ビジネス、エンジニアリング、フローチャート、その他のカテゴリ – 開始時のテンプレートに含まれていない図形が必要になった場合、これらのカテゴリを参照して他のテンプレートのステンシルを検索します。

  • Visio エキストラ– このステンシルには、記号、アイコン、コネクタ、吹き出し、エンジニアリングや建築用のツールやタイトルなど、他のステンシルに含まれていない特殊な図形が含まれています。ステンシル リストに追加したいものを任意の数だけ選びます。

  • ステンシルを開く、新しいステンシル – [開く] を選択すると、コンピューターまたはネットワークを参照し、図面に追加できるステンシル ファイル (.vss) を探します。[新規作成] を選択すると、空のステンシルが開き、新しいステンシルに図形をドラッグ アンド ドロップして図形を追加できます。ユーザー設定のステンシルを保存するには、ステンシルのタイトル バーを右クリックして [保存] をクリックします。

  • ドキュメント ステンシルを表示する – これは、ドキュメントに現存するすべての図形、ドキュメントにドロップされた後にページから削除されたすべての図形を含むステンシルです。

[クイック図形] は最上部にあるタイトル バーです。各ステンシルには、そのステンシルで最も頻繁に使われる図形の集まりである、独自のクイック図形のセットが含まれます。[クイック図形] ステンシルには、使用中のすべてのステンシルにあるクイック図形がまとめられているので、1 つの場所から作成中の図面の種類で最も人気のある図形を探せます。

目的の図形が見つからない場合は、検索を試してください。[図形] ウィンドウの上部にある [検索] をクリックし、キーワードを入力します。

簡単な図面を作成する

[図形] ウィンドウからページに図形をドラッグします。4 つの矢印 ボタンの画像 が辺の周囲に表示されるまで、マウス ポインターを図形の上に置いたままにします。これらは、オートコネクト矢印で、図形を自動的に接続するいくつかの方法を提供します。

  • 矢印のいずれかの上にマウス ポインターを合わせると、ミニ ツール バーが表示され、[クイック図形] 領域にトップ 4 の図形が保持されます。
    オートコネクトのミニ ツール バー
    マウス ポインターをそれぞれの上に移動すると、図面に含まれる図形をプレビューすることができます。目的の図形をクリックすると、その図形と最初の図形の間がコネクタで接続された状態で表示されます。

  • 図形を [図形] ウィンドウからドラッグし、矢印が表示されるまでページ上の図形の上に置いたままにし、矢印の 1 つに図形をドロップします。

    [自動接続] 矢印に図形をドロップする
    2 つの図形を接続するには、1 つの図形を他方の図形のオートコネクト矢印の上にドラッグします。
[自動接続] 矢印にドロップする
オートコネクト矢印上に図形をドロップすると、図面に新しい図形が表示され、互いの図形が相互に接続されます。
  • 図形上に矢印が表示されるまでポインターを置き、矢印をつかんで接続先となる図形にドラッグし、2 つめの図形の中央にドロップします。

注: 一部のテンプレートには、図形を追加して接続する別の便利な方法があります。たとえば、組織図のテンプレートでは、上司の図形の上に部下の図形をドロップすることで、その上司の直属の関係に基づく構造を自動的に構成できます。

図形にテキストを追加する

図形を 1 回クリックし、入力を開始します。入力が完了したら、Esc キーを押すか、ページの空白領域をクリックします。
図形にテキストを追加する

同じようなコネクタにテキストを追加します。ESC キーを押すか、退席中] をクリックすると、コネクタをもう一度選ぶと、テキストの小さなボックスが表示されます: これはテキスト ブロックを移動するためのハンドルをします。をクリックし、上、下、またはコネクタの横にあるにドラッグします。

図形上のテキストを移動する

[ホーム]、[ツール]、 テキスト ブロック (テキスト ブロック) の順にクリックし、テキストが含まれる図形に移動し、テキストをドラッグします。テキストの移動が終了したら、元に戻って、[ホーム]、[ツール]、 オブジェクトを選ぶ (オブジェクト選択ツール) をクリックします。

フォント、サイズ、その他の書式設定を変更する

テキストを含む図形を選択します。[ホーム] をクリックし、[フォント] と [段落] グループのツールを使ってテキストの書式設定を行います。

図面の外観を改善する

[デザイン]、[背景]、[背景] の順にクリックします。背景デザインの 1 つをクリックします。

ここで、Visio の最下部にある図面ページを確認します。[ページ – 1] と [Visio 背景 – 1] という 2 つのタブがあります。[ページ – 1] が図形を含むページで、[Visio 背景 – 1] が追加した背景ページです。[Visio 背景 – 1] をクリックすると背景ページのみが表示され、[ページ – 1] をクリックすると図面に戻ります。

Visio の [背景] タブ

[デザイン]、[背景]、[図面枠と表題欄] の順にクリックします。いずれかのオプションをクリックし、それを図面に追加します。

背景ページには境界線とタイトルが追加されます。タイトルを追加する場合は、背景ページのタブをクリックします。表題を 1 度クリックし、入力を開始します。表題が新しいテキストに変わります。完了したら、[ページ – 1] タブをクリックし、図面に戻ります。

色やその他の書式設定を追加する

[デザイン] タブの [テーマ] グループで異なるテーマ上にポインターを移動します。各テーマは、異なる色や効果を図面に追加します。適用するテーマをクリックします。

図面を保存する

  1. [ファイル] をクリックして >を保存します。オプションを確認し、ファイルを保存する場所を選択します。

  2. 名前を付けて保存] ダイアログ ボックスでは、ファイル名] ボックスのすぐ下のファイルの種類] ボックスの一覧を検索し、リストを開く下矢印をクリックします。さまざまな画像形式と pdf 形式の数値を含む、図面を保存する形式があります。

[ファイル] をクリックして、どのようなオプションが利用できるサイド バーで、共有エクスポートなどの他のタブの一部してみます。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×