Visio の図面を校閲しコメントを追加する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

Visio の [校閲] タブのツールを使用して、図面の中でコメントやインク注釈の追加と表示を行います。

コメント

図形やページ全体にコメントを追加できます。図形にコメントを追加すると、その図形を移動しても、コメントもそれに付属して移動します。図面を SharePoint の Web 図面として保存すると、ブラウザーにもコメントが表示されます。

  1. 任意の図形を選択してコメントを追加するか、ページの空白領域をクリックして何も選択されていない状態でページにコメントを追加します。

  2. [校閲] タブの [コメント] グループで [コメントの挿入] をクリックし、コメントを入力します。

コメントを読み、図形の横にある、またはページの隅にある [コメント] アイコンをクリックします。コメントを開きます。コメントを閉じるには、ページの空白領域をクリックします。

コメントを削除するには、右上隅にある削除アイコン (X) をクリックします。

すべてのコメントと返信を表示する

コメントを図面の横に開いたままにするには、[コメント ウィンドウ] を開きます。

  • [校閲] タブの [コメント] グループで [コメント ウィンドウ] をクリックします。

編集し、既存のコメントに返信してとコメント] ウィンドウで新しいコメントを追加できます。ブラウザーを追加して、Visio がコンピューターにインストールされていない場合でも、[コメント] ウィンドウでコメントを編集します。

インク

図面の校閲時に、手書きの図形を作成したり、手書きノートを挿入したりするには、[校閲] タブの [インク] ツールを使用します。Visio の他の図形と同様、インク図形はコピー、移動、サイズ変更できるだけでなく、ユーザー設定のステンシルに追加して別の図面で使用できるようにすることもできます。

[インク] をクリックすると、リボンに [ペン] タブが開きます。このタブのオプションを使用し、インク ストロークの外観を調整します。不要なインクを消すための消しゴム (ストローク) ツールもあります。

描画中に、Visio がペンのストロークからインク図形を作成します。ペンまたはペン設定を変更して描画を続けられます。描画を停止してしばらくすると、インクを囲む点線が実線に変わり、その後消えます。描画を再開すると、新しいインク図形の作成が開始されます。

新しい図形を作成する前に、Visio が待機する期間を調整できます。

  1. [ファイル] メニューの [オプション] をクリックします。

  2. Visio のオプション] ダイアログ ボックスで、[詳細設定を] をクリックします。

  3. [編集オプション] セクションの [インク ツール] で、[自動作成の速度] スライダーを調整し、[OK] をクリックします。

インク図形の作成を手動で制御するには、[ペン] タブで [インク図形の自動作成] チェック ボックスをオフにできます。

Visio の線の書式設定を図形に適用する場合、(他の Visio の図形のようにするために) インク描画を図形座標に変換できます。または、他のインク プログラムと共有できるようにインクをインク オブジェクトのままにすることができます。タブレット コンピューター上のテキストにインクの手書き変換することもできます。図形がテキストに変換されたら、キーボードを使用してテキストを作成するように、フォント サイズ、スタイル、書式を調整できます。

[校正履歴の記録] の場所

チーム内で校正履歴の記録をよく使用している場合は、それをリボンに追加できます。

  1. [ファイル] メニューの [オプション] をクリックします。

  2. Visio のオプション] ダイアログ ボックスで、リボンのユーザー設定] をクリックします。

  3. [コマンドの選択] ボックスの一覧の [リボンにないコマンド] をクリックします。

  4. 一覧を下にスクロールして [校正履歴の記録] を選択します。

  5. [リボンのユーザー設定] で [校閲] を選択し、一覧の下にある [新しいグループ] ボタンをクリックします。

  6. 新しいグループ (既定では、[新しいグループ (ユーザー設定)] という名前) を選択し、[名前の変更] ボタンをクリックし、アイコンを選択してリボン グループの名前を入力し、[OK] をクリックします。

  7. 一覧の間にある [追加] ボタンをクリックして、[校閲] タブの新しいグループに [校正履歴の記録] コマンドを追加します。

  8. [OK] をクリックします。

新しいグループと [校正履歴の記録] が [校閲] タブに表示されます。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×