Visio で SharePoint 2010 ワークフローを作成する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

[Microsoft SharePoint 2010 ワークフロー] テンプレートには、SharePoint ワークフローのアクションと条件の図形が含まれています。Visio で SharePoint ワークフローをデザインすることも、SharePoint Designer から Visio にワークフローをインポートして図面を生成することもできます。

使用するテンプレートを見つけるには、[ファイル]、[新規作成] の順にクリックし、検索ボックスに「SharePoint 2010」と入力します。

SharePoint の 15 のワークフローに対応する個別のテンプレートが用意されています。すべてのバージョンを表示するには、「SharePoint」と入力して検索します。

Visio でワークフローをデザインする

検証エラーを避けるために、すべての図面が [開始] 図形から開始して [終結] 図形で終わるようにします。

  1. [図形] ウィンドウから [開始] 図形を図面ページにドラッグします。

  2. アクション図形と条件図形をワークフローにドラッグします。

    注:  既定の図形テキストを、ワークフロー アクティビティをより具体的かつ正確に表す説明に置き換えることができます。これにより、ワークフローを SharePoint Designer に実装するユーザーが、ワークフローのビジネス上の目的について理解することができます。

  3. コネクタを使用して、各アクティビティを次のアクティビティにリンクします。コネクタにラベルを追加するには、コネクタを右クリックし、ラベルのオプションをクリックします。

  4. ワークフローの最後に [終結] 図形を追加します。

ワークフローを検証する

SharePoint ワークフローを Visio から SharePoint Designer にエクスポートすると、図面が検証されます。ワークフロー図にエラーがある場合、[問題] ウィンドウが開き、ワークフローがエクスポートされる前に解決する必要がある問題の一覧が表示されます。

  1. [プロセス] タブの [図面の検証] で [図のチェック] をクリックします。

  2. [問題] ウィンドウに問題が表示された場合はすべて解決します。

エラーがワークフロー上のどこにあるか確認するには、[問題] ウィンドウ内でエラーをクリックすると、 影響を受けている図形かコネクタが図面ページにおいて強調表示されます。問題の検証とそれらを解決する方法の詳細については、「Visio で SharePoint ワークフローを検証すると発見される問題」をご覧ください。

SharePoint にワークフローをエクスポートする

Visio でワークフローを作成し終わったら、ワークフローを Visio ワークフロー変換ファイル (.vwi) にエクスポートできます。このファイルは、SharePoint Designer に直接インポートできます。

  1. [プロセス] タブの [SharePoint ワークフロー] で、[エクスポート] をクリックします。

  2. [ワークフローのエクスポート] ダイアログ ボックスで、.vwi ファイルの保存場所に移動し、[保存] をクリックします。

SharePoint からワークフローをインポートする

Visio と SharePoint Designer で同じ .vwi ファイルを交互に開いて編集できます。ただし、Visio ではステップがサポートされていません。SharePoint Designer で追加されたステップ情報は、ワークフローを Visio で開き、それを再び SharePoint Designer にインポートすると失われます。

  1. Visio で新しい空の [Microsoft SharePoint 2010 ワークフロー] 図を作成します。

  2. [プロセス] タブの [SharePoint ワークフロー] で、[インポート] をクリックします。

  3. [ワークフローのインポート] ダイアログ ボックスで、インポートする .vwi ファイルをクリックして [開く] をクリックします。

Visio のワークフロー図形と SharePoint Designer 2010 ワークフロー アクティビティの比較については、「SharePoint ワークフロー アクティビティについて」をご覧ください。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×