Visio で使用するショートカット キー

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

このヘルプ トピックで説明するショートカット キーは、米国の キーボード レイアウトを基にしています。

Visio 固有の作業

テキストの書式を設定する

操作内容

キー

リボン内の [ホーム] タブを開きます。

Alt + H

[テキスト] ダイアログ ボックスを開きます。

F11

[図形の書式設定] 作業ウィンドウを開きます。

F3

[スナップと接着] 機能を使用する

操作内容

キー

[スナップと接着] ダイアログ ボックスを開きます。

ALT + F9

図形をグループ化、回転、および反転する

操作内容

キー

選択した図形をグループ化します。

Ctrl + G キーまたは Ctrl + Shift + G キー

選択したグループの図形をグループ解除します。

Ctrl + Shift + U

選択した図形を最前面に移動します。

Ctrl + Shift + F

選択した図形を最背面に移動します。

Ctrl + Shift + B

選択した図形を反時計回りに回転します。

Ctrl + L

選択した図形を時計回りに回転します。

Ctrl + R

選択した図形を左右反転します。

Ctrl + H

選択した図形を上下反転します。

Ctrl + J

選択した図形の [図形の整列] ダイアログ ボックスを開きます。

F8

図面ウィンドウを表示する

操作内容

キー

開いている図面ウィンドウを上下に並べて表示します。

Shift + F7

開いている図面ウィンドウを左右に並べて表示します。

Ctrl + Shift + F7

すべてのウィンドウのタイトルが見えるように、開いている図面ウィンドウを表示します。

Ctrl + F7 キーまたは Ctrl + Alt + F7 キー

Visio 固有のツール バー

ツールを選択する

操作内容

キー

[書式のコピー/貼り付け] ( ボタンの画像 ) のオンとオフを切り替えます。

Ctrl + Shift + P

[オブジェクト選択ツール] ( [ポインター] ボタン ) を選びます。

Ctrl + 1

[コネクタ] ツール ( ボタンの画像 ) を選びます。

Ctrl + 3

接続ポイント ツールを選択します。

Ctrl + Shift + 1

テキスト ツール ( [テキスト] ツール ボタン ) を選びます。

Ctrl + 2

テキスト ボックス ツール ( ボタンの画像 ) を選びます。

Ctrl + Shift + 4

描画ツールを選択する

操作内容

キー

[四角形ツール] ( ボタンの画像 ) を選びます。

Ctrl + 8

[円/楕円ツール] ( ボタンの画像 ) を選びます。

Ctrl + 9

[直線ツール] ( ボタンの画像 ) を選びます。

Ctrl + 6

[円弧ツール] ( ボタンの画像 ) を選びます。

Ctrl + 7

[自在曲線ツール] ( ボタンの画像 ) を選びます。

Ctrl + 5

[鉛筆ツール] ( ボタンの画像 ) を選びます。

Ctrl + 4

図をトリミングする

操作内容

キー

[トリミング] ツール ( ボタンの画像 ) を選びます。

Ctrl + Shift + 2

Visio 図形とステンシル

図面ページ上で図形間を移動する

操作内容

キー

図面ページで図形間を 1 つずつ移動します。点線の四角形は、フォーカスがある (アクティブな) 図形を示します。

注: 選択できないように保護されている図形や、ロックされたレイヤー上の図形には移動できません。

Tab

図面ページで図形間を 1 つずつ逆方向に移動します。

Shift + Tab

フォーカスがある (アクティブな) 図形を選択します。

注: 複数の図形を選択するには、Tab キーを押して最初に選択する図形にフォーカスを移動し、Enter キーを押します。Shift キーを押しながら Tab キーを押して、次の図形にフォーカスを移動します。図形の上にフォーカスを示す四角形があるときに Enter キーを押すと、その図形が選択に追加されます。選択するすべての図形に対してこの処理を繰り返します。

Enter

図形に対する選択またはフォーカスを解除します。

Esc

選択した図形に対して、テキスト編集モードと図形選択モードを切り替えます。

F2

選択した図形を少しずつ移動します。

方向キー

選択した図形を 1 ピクセルずつ移動します。

注: ScrollLock キーがオフになっている必要があります。

Shift + 方向キー

ステンシル内のマスター シェイプを使用する

操作内容

キー

ステンシル内のマスター シェイプ間を移動します。

方向キー

ステンシルの各行で、一番左側のマスター シェイプに移動します。

Home

ステンシルの各行で、一番右側のマスター シェイプに移動します。

End

ステンシルの各列で、一番上のマスター シェイプに移動します。

PageUp キー

ステンシルの各列で、一番下のマスター シェイプに移動します。

PageDown キー

選択したマスター シェイプをクリップボードにコピーします。

Ctrl + C

クリップボードの内容を新しいステンシルに貼り付けます。

注: 編集するには、新しいステンシルを開いておく必要があります。

Ctrl + V

ステンシル上のすべてのマスター シェイプを選択します。

注: (すべてではなく) 複数のマスター シェイプを選択するには、矢印キーを押して最初に選択するマスター シェイプにフォーカスを移動します。Shift キーを押しながら矢印キーを押して、次のマスター シェイプにフォーカスを移動します。目的の図形の上にフォーカスを示す四角形があるときに Enter キーを押すと、その図形が選択に追加されます。選択するすべての図形に対してこの処理を繰り返します。

Ctrl + A

フォーカスがあるマスター シェイプを選択または選択解除します。

Shift + Enter

ステンシル上のマスター シェイプの選択を解除します。

Esc

選択したマスター シェイプを図面に挿入します。

Ctrl + Enter

編集モードのステンシルを操作する

操作内容

キー

選択したマスター シェイプを削除します。

Del

ユーザー設定のステンシルから選択したマスター シェイプを切り取り、クリップボードに貼り付けます。

Ctrl + X

選択したマスター シェイプの名前を変更します。

F2

オンライン ヘルプ

ヘルプ ウィンドウを使うためのショートカット キー

ヘルプ ウィンドウからは、Office ヘルプのすべてのコンテンツを参照できます。[ヘルプ] ウィンドウには、トピックとその他のヘルプ コンテンツが表示されます。

ヘルプ ウィンドウ

操作内容

キー

ヘルプ ウィンドウを開きます。

F1

ヘルプ ウィンドウを閉じます。

Alt + F4

ヘルプ ウィンドウとアクティブなプログラムの間で切り替えます。

Alt + Tab

Visio ヘルプのホームに戻ります。

Alt + Home

ヘルプ ウィンドウ内の次のアイテムを選択します。

Tab

ヘルプ ウィンドウ内の前のアイテムを選択します。

Shift + Tab

選択されている項目のアクションを実行します。

Enter

トピックの先頭にある [すべて表示する] または [すべて表示しない] を含め、次の隠し文字またはハイパーリンクを選択します。

Tab

前の隠し文字またはハイパーリンクを選択します。

Shift + Tab

選択した [すべて表示する]、[すべて表示しない]、隠し文字、またはハイパーリンクに対応するアクションを実行します。

Enter

前のヘルプ トピックに戻ります ([戻る] ボタン)。

Alt + ←キー

次のヘルプ トピックに進みます ([進む] ボタン)。

Alt + →

現在表示されているヘルプ トピック内を、それぞれ上と下に少しずつスクロールします。

↑キーまたは↓キー

現在表示されているヘルプ トピック内を、それぞれ上と下に大きくスクロールします。

PageUp キーまたは PageDown キー

Microsoft Office の基本操作

ウィンドウを表示して使用する

操作内容

キー

次のウィンドウに切り替えます。

Alt + Tab

作業中のウィンドウを閉じます。

Alt + F4

プログラム ウィンドウの作業ウィンドウから別の作業ウィンドウに移動します (時計回りの方向)。必要に応じて F6 キーを複数回押します。

注: F6 キーを押しても目的の作業ウィンドウが表示されない場合は、Alt キーを押してフォーカスをリボンに移します。

F6

選択したウィンドウを最大化します。

Ctrl + F10

最大化された Visio プログラム ウィンドウを元のサイズに戻します。

Ctrl + F5

画面の図をクリップボードにコピーします。

PrintScreen

選択したウィンドウの図をクリップボードにコピーします。

Alt + PrintScreen

タイトル バーにアイコンが表示されているウィンドウ (図形ウィンドウなど) で、ウィンドウ ショートカット メニューを表示します。

Alt + Space

[ページ] ダイアログ ボックスを開きます。

Shift + F4

[ページの並べ替え] ダイアログ ボックスを開きます。

Ctrl + Alt + P

開いている図面間でフォーカスを移動します。

Ctrl + Tab キーまたは Ctrl + F6 キー

開いている図面間でフォーカスを逆方向に移動します。

Ctrl + Shift + Tab キーまたは Ctrl + Shift + F6 キー

表示されている校正用オーバーレイを含め、図面内のページ間でフォーカスを順に移動します。

Ctrl + PageDown キー

図面内のページ間でフォーカスを逆方向に移動します。

Ctrl + PageUp キー

作業ウィンドウがアクティブな場合は、作業ウィンドウ内の次のオプションまたは前のオプションを選択します。

Tab または Shift + Tab

フォントの変更またはサイズ変更を行う

操作内容

キー

選択したテキストのフォント サイズを拡大する。

Ctrl + Shift + 終わり山かっこ (>)

選択したテキストのフォント サイズを縮小する。

Ctrl + Shift + 始め山かっこ (<)

テキストまたはセル内を移動する

操作内容

キー

左へ 1 文字分移動します。

右へ 1 文字分移動します。

上に 1 行移動する。

下に 1 行移動する。

左へ 1 語分移動します。

Ctrl + ←キー

右に 1 単語分移動する。

Ctrl + →キー

行の末尾に移動します。

End

行の先頭に移動します。

Home

1 段落上に移動する。

Ctrl + ↑

1 段落下に移動する。

Ctrl + ↓

テキスト ボックスの末尾に移動します。

Ctrl + End

テキスト ボックスの先頭に移動します。

Ctrl + Home

作業ウィンドウにアクセスして使用する

操作内容

キー

アプリケーション ウィンドウ内で、ある作業ウィンドウから別の作業ウィンドウへ移動します。場合によっては、F6 キーを 2 回以上押す必要があります。

注: F6 キーを押しても目的の作業ウィンドウが表示されない場合は、Alt キーを押してフォーカスをリボンに移してから、F6 キーを押して目的の作業ウィンドウに移動します。

F6

作業ウィンドウがアクティブな場合は、作業ウィンドウ内の次のオプションまたは前のオプションを選択します。

Tab または Shift + Tab

選択されているサブメニュー内の項目間を移動します。または、ダイアログ ボックスでオプション グループ内の特定のオプション間を移動します。

↓または↑

選択したメニューを開きます。または、選択したボタンに割り当てられている操作を実行します。

Space または Enter

ショートカット メニューを開きます。

Shift + F10

メニューまたはサブメニューが表示されているときに、メニューまたはサブメニュー上の先頭または最後のコマンドを選択する。

Home キーまたは End キー

作業ウィンドウを浮動またはアンカー ウィンドウにする

  1. F6 キーを繰り返し押して、必要な作業ウィンドウを選択します。

  2. 作業ウィンドウのメニューを開くには、Alt キーを押しながら Space キーを押します。

  3. ↓キーを押して [浮動ウィンドウにする] コマンドを選択し、Enter キーを押します。

ダイアログ ボックスを使用する

操作内容

キー

次のオプションまたはオプション グループに移動します。

Tab

前のオプションまたはオプション グループに移動します。

Shift + Tab

ダイアログ ボックス内の次のタブに切り替えます。

Ctrl + Tab

ダイアログ ボックス内の前のタブに切り替えます。

Ctrl + Shift + Tab

開いているドロップダウン リスト内のオプション、またはオプション グループ内のオプションの間を移動します。

方向キー

選択したボタンに割り当てられているアクションを実行します。選択したチェック ボックスのオンとオフを切り替えます。

Space

リストが閉じている場合にそのリストを開き、リスト内の該当するオプションに移動します。

ドロップダウン リスト内のオプションの最初の文字キー

オプションを選択します。または、チェック ボックスをオンまたはオフにします。

Alt+ オプション内の下線付き文字

選択したドロップダウン リストを開きます。

Alt + ↓

選択したドロップダウン リストを閉じます。または、コマンドを取り消してダイアログ ボックスを閉じます。

Esc

ダイアログ ボックスの既定のボタンに割り当てられたアクションを実行します。

Enter

ダイアログ ボックス内のエディット ボックスを使用する

エディット ボックスは、ユーザー名やフォルダーのパスなどの値を入力したり貼り付ける空のボックスです。

操作内容

キー

入力値の先頭に移動する。

Home

入力値の末尾に移動する。

End

左または右へ 1 文字分移動する。

←キーまたは→キー

左へ 1 語分移動します。

Ctrl + ←キー

右に 1 単語分移動する。

Ctrl + →

左の 1 文字を選択するか、または選択を取り消します。

Shift + ←

右の 1 文字を選択するか、または選択を取り消します。

Shift + →

左の 1 語を選択するか、または選択を取り消します。

Ctrl + Shift + ←

右の 1 語を選択するか、または選択を取り消します。

Ctrl + Shift + →

カーソル位置から入力値の先頭までを選ぶ。

Shift + Home

カーソル位置から入力値の末尾までを選ぶ。

Shift + End

[ファイルを開く] および [名前を付けて保存] ダイアログ ボックスを使用する

操作内容

キー

次のオプションまたはオプション グループに移動します。

Tab

前のオプションまたはオプション グループに移動します。

Shift + Tab

開いているドロップダウン リスト内のオプション、またはオプション グループ内のオプションの間を移動します。

方向キー

選択したボタンに割り当てられている操作を実行します。

Enter または Space キー

[名前を付けて保存] ダイアログ ボックスの [ファイルの種類] ボックスの一覧に移動します。

Alt + T

[ファイル名] ボックスに移動します。

Alt + N

[開く] ダイアログ ボックスのファイルの種類の一覧に移動します。

Alt + T

[開く] ダイアログ ボックスで選択したファイルを開きます。

Alt + O

[上書き保存] ダイアログ ボックスで現在のファイルを保存します。

Alt + S

選択したドロップダウン リストを開きます。

Alt + ↓

選択したドロップダウン リストを閉じます。または、コマンドを取り消してダイアログ ボックスを閉じます。

Esc

ファイルの一覧を更新します。

F5

フォルダーやファイルなど選択したアイテムのショートカット メニューを表示します。

Shift + F10

テキスト

テキストを編集する

操作内容

キー

1 行のテキスト内で次の文字、または前の文字に移動します。

→キーまたは←キー

前の行、または次の行のテキストに移動します。

↓キーまたは↑キー

1 行のテキスト内で次の単語、または前の単語に移動します。

Ctrl + →キーまたは Ctrl + ←キー

次の段落、または前の段落に移動します。

Ctrl + ↓キーまたは Ctrl + ↑キー

テキスト ブロック内のすべてのテキストを選択します。

Ctrl + A

次の文字、または前の文字を選択します。

Shift + →キーまたは Shift + ←キー

次の単語、または前の単語を選択します。

Ctrl + Shift + →キーまたは Ctrl + Shift + ←キー

次の行または前の行を選択します。

Shift + ↓キーまたは Shift + ↑キー

次の段落、または前の段落を選択します。

Ctrl + Shift + ↓キーまたは Ctrl + Shift + ↑キー

直前の単語を削除します。

Ctrl + BackSpace

選択したテキストをフィールドの高さに設定します。テキストが選択されていない場合は、選択した図形のすべてのテキストをフィールドの高さに設定します。

Ctrl + Shift + H

テキストの書式を設定する

操作内容

キー

太字 ( ボタンの画像 ) をオンまたはオフにします。

Ctrl + B

斜体 ( ボタンの画像 ) をオンまたはオフにします。

Ctrl + I

下線 ( ボタンの画像 ) をオンまたはオフにします。

Ctrl + U

二重下線をオンまたはオフにします。

Ctrl + Shift + D

すべて大文字をオンまたはオフにします。

Ctrl + Shift + A

小型英文字をオンまたはオフにします。

Ctrl + Shift + K

下付き ( ボタンの画像 ) をオンまたはオフにします。

Ctrl + 等号 (=)

上付き ( ボタンの画像 ) をオンまたはオフにします。

Ctrl + Shift + 等号 (=)

選択したテキストのフォント サイズを拡大する。

Ctrl + Shift + 終わり山かっこ (>)

選択したテキストのフォント サイズを縮小する。

Ctrl + Shift + 始め山かっこ (<)

テキストを揃える

操作内容

キー

テキストを左揃えします。

Ctrl + Shift + L

テキストを横に中央揃えします。

Ctrl + Shift + C

テキストを右揃えします。

Ctrl + Shift + R

テキストを横に両端揃えします。

Ctrl + Shift + J

テキストを縦に上揃えします。

Ctrl + Shift + T

テキストを縦に中央揃えします。

Ctrl + Shift + M

テキストを縦に下揃えします。

Ctrl + Shift + V

ズームと移動

リボン内で移動する

  1. Alt キーを押します。

    現在のビューで使用可能な各機能の上に、キー ヒントが表示されます。

    キー ヒントが表示された Visio 2010 のリボン

  2. 使用する機能の上に表示されるキー ヒントに示されている文字のキーを押します。

  3. 押した文字キーによっては、追加のキー ヒントが表示される場合があります。たとえば、[ホーム] タブがアクティブな状態で N キーを押すと、[挿入] タブと、そのタブ内のグループに関するキー ヒントが表示されます。

  4. 使用するコマンドまたはコントロール用の文字キーになるまで文字キーを押し続けます。場合によっては、コマンドが入ったグループの文字を最初に押す必要があります。たとえば、[ホーム] タブがアクティブになっている場合、Alt + H、F、S を押すと、[フォント] の [サイズ] ボックスに移動します。

    注: 実行している操作を取り消してキー ヒントを非表示にするには、Alt キーを押します。

ズーム

操作内容

キー

拡大表示します。

Alt + F6

縮小表示します。

Alt + Shift + F6

ウィンドウに合わせます。

Ctrl + Shift + W

全画面表示で移動する

全画面表示の場合は、次のキーボード ショートカットを使用して Visio と別のプログラムやページの間を移動します。

操作内容

キー

全画面表示を開始します。

F5

全画面表示を終了します。

Esc

図面の次のページを開きます。

PageDown キー

図面の前のページに戻ります。

PageUp キー

Web ページ図面を移動する

操作内容

キー

左側の枠、図面、および図形データ、ハイパーリンク、アドレス バーを含む図面上の図形間で、フォーカスを移動します。

Tab

図形に対するハイパーリンク、またはフォーカスがある図面上のハイパーリンクをアクティブにします。

Enter

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×