Visio でデータ フロー図を作成します。

Visio でデータ フロー図を作成します。

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

プロセスまたはプロシージャのセットを使用してデータの流れを論理的にVisioでデータ フロー図を使用することができます。Visioでは、外部ソースとデータを保持しているデータをデータ、およびストアまたはコレクションに変換するアクティビティの送信先を追加できます。

データ フロー図

  1. [ファイル] タブをクリックします。

  2. [新規作成] をクリックし、[ソフトウェアとデータベース] をクリックし、[データ フロー図] をダブルクリックします。

  3. データの外部ソースまたは出力先をそれぞれ示すには、[データ フロー図] ステンシルから図面ページに、[外部入力/終端] 図形をドラッグします。

  4. 文書化するデータ フローに関連するプロセス、状態、またはエンティティを示すには、ページにさらに図形をドラッグします。

  5. 図にデータ フローを示すには、[中心から中心へ] 図形を使用し、データ ループ処理を示すには、[中心ループ] 図形を使用します。

    オブジェクト間のデータ フローを示す

    1. [データ フロー図] から図面ページに [中心から中心へ] 図形をドラッグします。データ フローを示す 2 つの図形の近くに置きます。

    2. 矢印の方向を変更するには、矢印を選択し、[ホーム] タブの [配置] グループで、[位置] をクリックします。[図形の回転] をポイントし、[水平方向に反転] または [垂直方向に反転] をクリックします。

    3. [中心から中心へ] 図形の端点を、互いの図形の中央の接続ポイント 接続ポイントの画像 - 青い X にドラッグします。図形が接続されると、コネクタの端点は赤色になります。

    4. 矢印の曲率を変更するには、選択ハンドル 選択ハンドル をドラッグします。矢印の端の場所を変更するには、コントロール ハンドル コントロール ハンドルの画像 - 黄色い菱形 をドラッグします。

      データ フローの矢印

    データ ループを示す

    1. 図面ページのデータ ループを示す場所の近くに、[データ フロー図] から [中心ループ] 図形をドラッグします。

    2. [中心ループ] 図形の開始点を、データ ループを保持している状態またはプロセス図形の中心にドラッグします。図形が接続されると、コネクタの端点は赤色になります。

    3. ループのサイズや場所を変更するには、終点をドラッグします。ループの端の場所を変更するには、コントロール ハンドル コントロール ハンドルの画像 - 黄色い菱形 と、選択ハンドル 選択ハンドル をドラッグします。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×