Visio でタイムラインを作成する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

タイムラインは、プロジェクトのフェーズと期限を読みやすく、理解しやすい形式で表示して、プロジェクトの計画と伝達を支援します。

使用するテンプレートを見つけるには、[ファイル]、[新規作成] の順にクリックし、検索ボックスに「タイムライン」と入力します。

基本的なタイムライン図形を追加する

  • [タイムライン] ステンシルから、タイムライン図形 ([ブロック型]、[直線]、または [シリンダー型]) のいずれかを図面ページにドラッグします。

[タイムラインの構成] ダイアログ ボックスが開きます。[開始日]、[終了日]、時刻を設定します。これらの日付は、タイムラインの最初と最後に追加されます。[期間] タブと [時刻の書式] タブのオプションの設定を完了して、[OK] をクリックします。

後でこれらの設定を変更する場合は、タイムラインを右クリックして [タイムラインの構成] をクリックし、[タイムラインの構成] ダイアログ ボックスをもう一度開いて設定を変更します。

マイルストーン、間隔、マーカーを追加する

マーカーの種類

用途

マイルストーン

タイムライン上の特定のマイルストーンの日付を示します (原稿を出版社に提出する日付など)。

間隔

タイムライン上の重要な時間間隔を示します (たとえば、最初の下書きの作成に必要な時間)。

今日マーカー

プロジェクトの開始から経過した時間を反映します。今日マーカーは、実際の日付が変化すると自動的にシフトし、次の期限と関連した、スケジュールの現在の状態が表示されます。

タイムライン上にマイルストーンを表示する

  1. [タイムライン] ステンシルからマイルストーン図形をドラッグし、タイムラインの上に直接ドロップします。

  2. [マイルストーンの構成] ダイアログ ボックスで、マイルストーンの日付と時間を入力するか選択します。

  3. [説明] ボックスに、マイルストーンに表示するラベルを入力します。

  4. [日付の書式] ボックスの一覧で、日付の表示形式をクリックします。

  5. [OK] をクリックします。

マイルストーンの日付をすばやく変更するには、マイルストーンをタイムライン上の目的の位置にドラッグします。新しい位置にあわせてマイルストーンの日付が変更されます。

タイムライン上に時間間隔を表示する

  1. 間隔図形をタイムライン上に直接ドロップします。

  2. 期間の開始日と終了日を設定して、ラベルを入力し、日付の書式をクリックします。

  3. [OK] をクリックします。

時間間隔をすばやく変更するには、選択ハンドルをタイムライン上の目的の位置にドラッグするか、間隔をタイムライン上の目的の位置に移動します。新しい位置にあわせて間隔の日付が変更されます。

テキストをタイムラインの外側に移動する

タイムラインに表示する内容が多く、読みにくくなることがあります。タイムラインを読みやすくするには、黄色のコントロール ハンドルをクリックし、テキストを配置する場所にドラッグします。

タイムライン上に経過時間を表示する

  • [経過時間] 図形をタイムライン上に直接ドロップします。図形の左端がタイムラインの開始位置に揃えて配置され、現在の日付まで拡張されます。

  • [今日マーカー] 図形をタイムラインにドラッグします。図形は現在の日付の位置に配置されます。

[経過時間] や [今日マーカー] 図形が設定されたタイムライン図面を開くたびに、図形は現在の日付に合わせて移動します。

タイムラインのセクションについて詳細情報を表示する

既存のタイムラインのセグメントを 2 番目のタイムラインとして拡張し、詳細を表示します。拡張タイムラインは元のタイムラインのセグメントを表しますが、個別に操作できます。

マイルストーンまたは間隔を元のタイムラインに追加した場合は、拡張タイムラインにも追加されます。拡張タイムラインに追加した場合は、元のタイムラインには追加されません。

タイムラインのセクションについて詳細情報を表示する

  1. [拡張タイムライン] 図形をページにドラッグします。

  2. [タイムラインの構成] ダイアログ ボックスでオプションを設定し、[OK] をクリックします。

拡張タイムラインは、拡張タイムラインが表す元のタイムラインのセクションを破線で示します。

いずれかのタイムラインで 2 つのタイムラインが共有するマイルストーンと間隔を変更すると、自動的に同期して、もう 1 つのタイムラインでも変更されます。

拡張タイムラインでは、既定で元のタイムラインと同じ図形の種類が使われます。図形の種類を変更するには、拡張タイムラインを右クリックして、[タイムラインの種類] をポイントし、オプションをクリックします。

拡張タイムラインの時間間隔をすばやく変更するには、黄色のコントロール ハンドルをドラッグします。新しい位置にあわせて拡張タイムラインの日付が変更されます。

タイムラインを修正する

変更内容

実行する操作

プロジェクトの開始日と終了日

タイムラインを右クリックして、[タイムラインの構成] をクリックし、新しい開始日または終了日を選択します。

タイムライン バーの単位数

タイムラインを右クリックして、[タイムラインの構成] をクリックし、別の [タイム スケール] 単位を選択します。

タイムラインの日付と単位を表示または非表示にする

タイムラインを右クリックして、[タイムラインの構成] をクリックし、[時刻の書式] タブに移動します。チェック ボックスをオンまたはオフにして、タイムライン上の日付とマーキングを表示または非表示にします。

タイムライン バー上の矢印を表示または非表示にする

タイムラインを右クリックして、[矢印] をポイントし、オプションを選択します。

マイルストーンの種類

マイルス トーンを右クリックし、マイルス トーンの種類の設定] をポイントし、スタイルを選択します。

マイルストーンの日付

マイルストーンを右クリックして、[マイルストーンの構成] をクリックし、日付を入力します。

マイルストーンの位置

マイルストーンを右クリックして、[位置] をポイントし、スタイルを選択します。

マイルストーンの日付と説明を表示または非表示にする

マイルストーンを右クリックして、[要素を表示] をポイントし、オプションをオンまたはオフにします。

マイルストーンまたは時間間隔の説明

マイルストーンまたは間隔に関連付けられたテキストをダブルクリックして、新しい説明を入力し、Esc キーを押します。

間隔の種類

間隔を右クリックして、[間隔の種類を設定] をポイントし、スタイルを選択します。

間隔の説明を日付の上または下に設定する

間隔を右クリックして、[説明の位置] をポイントし、オプションを選択します。

間隔の日付、説明、達成率を表示または非表示にする

間隔を右クリックして、[要素を表示] をポイントし、オプションをオンまたはオフにします。

時間間隔の日付

間隔を右クリックして、[間隔の構成] をクリックし、日付を入力します。

マイルストーン、間隔、または今日マーカーに関連付けられているテキストの位置

図形を選択します。コントロール ハンドルをドラッグして、テキストとタイムライン バー間の距離と角度を変更します。

仮のタイム スケール マーカー

タイムラインを右クリックして、[仮のタイム スケール マーカー] をポイントし、スタイルを選択します。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×