VarType 関数

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

変数のサブタイプを表す整数データ型の値を返します。

構文

VarType ( varname )

varname 引数 は必須の引数です。ユーザー定義型の変数を除く、任意のバリアント データ型の変数を指定します。

戻り値

定数

説明

vbEmpty

0

空 (未初期化)

vbNull

1

Null (無効な値)

vbInteger

2

整数型 (Integer)

vbLong

3

長整数型 (Long)

vbSingle

4

単精度浮動小数点型 (Single)

vbDouble

5

倍精度浮動小数点型 (Double)

vbCurrency

6

通貨型 (Currency)

vbDate

7

日付型 (Date)

vbString

8

文字列型 (String)

vbObject

9

オブジェクト

vbError

10

エラー値

vbBoolean

11

ブール型 (Boolean)

vbVariant

12

バリアント型 (Variant) (バリアント型配列のみに使用)

vbDataObject

13

データ アクセス オブジェクト

vbDecimal

14

10 進数型

vbByte

17

バイト型 (Byte)

vbUserDefinedType

36

ユーザー定義型を含むバリアント型

vbArray

8192

配列


注: 上記の定数は、Visual Basic for Applications により指定されます。これらの名前を、実際の値の代わりにコードのどの部分でも使用できます。

解説

VarType 関数は、定数 vbArray の値を単独では返しません。この値は常に、特定のデータ型の配列であることを表す他の値に加算されて返されます。定数 vbVariant は、常に定数 vbArray に加算されて返され、VarType 関数に指定した変数がバリアント型 (Variant) の配列であることを示します。たとえば、整数型 (Integer) の配列の場合は、vbInteger + vbArray として計算された値 8194 が返されます。オブジェクトが既定のプロパティを持つ場合、VarType(object) はオブジェクトの既定のプロパティの型を返します。

注: 次の例は、Visual Basic for Applications (VBA) モジュールでのこの関数の使用方法を示しています。 VBA の使用方法の詳細については、[検索] の横にあるドロップダウン リストで [開発者用リファレンス] を選び、検索ボックスに検索する用語を入力します。

この例では、VarType 関数を使用して変数のサブタイプを調べます。

Dim IntVar, StrVar, DateVar, MyCheck
' Initialize variables.
IntVar = 459
StrVar = "Hello World"
DateVar = #2/12/69#
MyCheck = VarType(IntVar) ' Returns 2.
MyCheck = VarType(DateVar) ' Returns 7.
MyCheck = VarType(StrVar) ' Returns 8.

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×