Val 関数

文字列に含まれる数値を、適切なデータ型の数値で返します。

構文

Val( string )

必須の string引数 は、任意の有効な文字列式です。

解説

Val 関数では、数値の一部として認識できない最初の文字で、文字列の読み取りを中止します。数値の一部と見なされることが多い記号や文字 (ドル記号、コンマなど) は、認識されません。ただし、この関数は、基数プレフィックス &O (8 進数) と &H (16 進数) を認識します。空白、タブ、およびライン フィード文字は、引数から削除されます。

次の例では、値 1615198 が返されます。

Val("    1615 198th Street N.E.")

以下のコードでは、Val は、次に示す 16 進数値の 10 進数値である -1 を返します。

Val("&HFFFF")

注: Val 関数は、有効な小数点の記号としてピリオド (.) のみを認識します。他の小数点の記号を使う場合は (国際的なアプリケーションの場合など)、CDbl を使って文字列を数値に変換します。

注: 次の例は、Visual Basic for Applications (VBA) モジュールでのこの関数の使用方法を示しています。 VBA の使用方法の詳細については、[検索] の横にあるドロップダウン リストで [開発者用リファレンス] を選び、検索ボックスに検索する用語を入力します。

次の例では、Val 関数を使用して、文字列に含まれる数値を返します。

Dim MyValue
MyValue = Val("2457") ' Returns 2457.
MyValue = Val(" 2 45 7") ' Returns 2457.
MyValue = Val("24 and 57") ' Returns 24.
スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×