VLOOKUP 関数の #VALUE! エラーを修正する方法

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

VLOOKUP で作業する場合、#VALUE! エラーが複数回発生する可能性が高くなります。このトピックでは、VLOOKUP で発生する可能性のある最も一般的な問題と、考えられる解決方法をリストします。

問題:検索値引数が 255 文字より長い。

解決方法:値を短くするか、回避策として INDEX と MATCH 関数を組み合わせて使用します。

INDEX と MATCH を使用して、255 文字よりも大きい値を参照する

注: これは配列数式であり、Ctrl + Shift + Enter キーを使って入力する必要があります。Excel では数式が自動的に中かっこ {} で囲まれます。手動で入力しようとすると、Excel には数式がテキストとして表示されます。

問題: 列番号引数にテキストが含まれている、または引数が 0 より小さい。

col_index_argument が 1 未満の場合、#VALUE! エラーが表示される

列インデックスは、一致するものが見つかった場合に返す検索列の右側に示される列の番号です。

この問題は、列番号引数の入力ミス、またはインデックス値として 1 未満の数を誤って指定したことが原因と考えられます (一般的に、VLOOKUP 関数で入れ子になっている他の Excel 関数が列番号引数として "0" などの数を返す場合に発生します)。

列番号引数の最小値は 1 です。1 は検索列で、2 は検索列の右側の最初の列などとなります。したがって、A 列を検索する場合、1 が A 列、2 が B 列、3 が C 列などとなります。

特定の関数について質問がある場合

Excel のコミュニティ フォーラムに質問を投稿してください

Excel の機能を向上させるためのお願い

次のバージョンの Excel の改善に関して、ご提案はございませんか。提案がありましたら、Excel UserVoice (Excel ユーザー ボイス) のトピックをご覧ください。

関連項目

#Value! を修正する! エラー

VLOOKUP を把握する必要があるすべてのアイテム

Excel で数式の概要

壊れた数式のエラーを回避する方法

エラー チェックを数式のエラーを検出するには

すべての Excel 関数 (アルファベット順)

すべての Excel 関数 (カテゴリ)

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×