Unicode Outlook 2007 でデータを複数の言語のサポート

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

Microsoft OutlookUnicodeをサポートしているし、多言語のデータの完全なサポートを提供します。その他の言語で実行されているシステム上で Outlook を使用するユーザーと多国籍の組織または共有メッセージやアイテムで作業している場合は、Outlook で Unicode サポートの利用がかかります。

Outlook は、Exchange アカウントを使用する場合、2 つのメールボックス モード (Unicode または非 Unicode) のいずれかで動作できます。推奨モードは Unicode モードであり、ユーザーのプロファイル、Exchange アカウント、および管理者設定の構成で許可されていれば、これが既定のモードとなります。モードの決定はこれらの設定に基づいて Outlook により自動的に行われるため、手動で変更することはできません。

Outlook を Unicode モードで実行すると、さまざまな言語で作成されたメッセージやアイテムの操作が可能になります。Exchange アカウントを使用して非 Unicode モードで Outlook を実行している場合に、Unicode モードに切り替える場合は、管理者に連絡してください。

注: 以前のバージョンの Outlook は、Outlook アイテムの本文で多言語 Unicode データをサポートしていました。ただし、メッセージの [宛先] や [件名] の行、連絡先アイテムの ContactName プロパティや BusinessTelephoneNumber プロパティなどの Outlook データは、システムのコード ページに定義されている文字に制限されていました。Microsoft Office Outlook 2003 および Microsoft Office Outlook 2007 では、Exchange アカウントを使用して Unicode モードで Outlook が実行されている場合、この制限は適用されません。

Microsoft Office Outlook 2003 および Office Outlook 2007 では、多言語 Unicode データに対応した個人用フォルダー ファイル (.pst) にアイテムが配信される場合は、POP3 アカウントでも多言語 Unicode データをサポートする機能が提供されます。既定では、Microsoft Office Outlook 2003 および Office Outlook 2007 で作成された新しい .pst ファイルに配信される新しい POP3 プロファイルは、多言語 Unicode データをサポートしています。

注: IMAP および HTTP などの他のアカウントでは Unicode をサポートしていません。

スクリプト

多言語のメッセージとアイテムには、異なるスクリプトを必要とする複数言語のテキストを含めることができます。また、1 つのスクリプトを使って多くの言語を表すこともできます。

たとえば、ラテン文字つまりローマ字のスクリプトには、英語のアルファベットの 26 文字 (大文字と小文字の両方) の字形 (グリフ) の他に、その他の西ヨーロッパ言語の発音を表すために使用するアクセント記号付き (拡張) 文字があります。

ラテン文字のスクリプトには、ほとんどのヨーロッパ言語およびその他のいくつかの言語の文字をすべて表すことができるグリフがあります。ギリシャ語やロシア語などのその他のヨーロッパ言語には、ラテン文字のスクリプトのグリフでは表現できない文字があります。これらの言語は、独自のスクリプトを持っています。

アジア言語には、漢字に基づくグリフを含む表意文字のスクリプトを使用する言語があります。タイ語やアラビア語のように、いくつかの小さなグリフで構成されるグリフや、隣接する文字によって形が変わるグリフを含むスクリプトを使用する言語もあります。

テキストの保存方法で共通しているのは、各文字を 1 バイトで表すことです。各バイトの値は、文字テーブルの数値インデックス (コード ポイント) であり、1 つのコード ポイントは、テキスト ドキュメントが作成されたコンピュータの既定コード ページ内の 1 文字に対応します。たとえば、10 進数で 189 のバイト値 (10 進数値が 189 のコード ポイント) は、コード ページが異なる場合は別の文字を表します。

コード ページ

文字をグループ化したテーブルを、コード ページといいます。1 バイトのコード ページの場合、各コード ページには最大 256 のバイト値があります。コード ページの各文字は 1 バイトで表されるため、1 つのコード ページには最大で 256 文字が含まれます。

すべての言語を合わせると使用される文字は 256 文字よりはるかに多いので、256 文字の制限がある 1 つのコード ページではすべての言語に対応することはできません。したがって、スクリプトごとに異なるコード ページを使用します。たとえば、ギリシャ語にはギリシャ語のコード ページがあり、日本語には日本語のコード ページがあります。

また、大部分のアジア言語では通常 5,000 文字以上の漢字を使用するため、1 バイトのコード ページでは対応することはできません。そこで、これらの言語をサポートするために、2 バイトのコード ページが開発されています。

Unicode 文字エン コード標準の共有のメッセージやその他のアイテムを多言語環境で使用する言語が複数のコード ページにまたがる場合に有効にします。

通常、非 Unicode システムはコード ページに基づく環境を使用しており、この環境では、各スクリプトに独自の文字テーブルがあります。あるオペレーティング システムのコード ページを使って作成されたアイテムが、別のオペレーティング システムのコード ページにマップされることはほとんどありません。場合によっては、複数のスクリプトの文字を使用するテキストをアイテムに表示できないこともあります。

たとえば、1 番目のユーザーがラテン文字のコード ページを使用している英語版の Microsoft Windows XP オペレーティング システムを実行し、2 番目のユーザーが日本語のコード ページを使用している日本語版の Microsoft Windows XP オペレーティング システムを実行しているとします。2 番目のユーザーが [場所] ボックスで日本語を使って日本語版の Microsoft Outlook 2002 で会議出席依頼を作成し、それを 1 番目のユーザーに送信するとします。英語版の Outlook 2002 を使用している人がその会議出席依頼を開く場合、日本語のコード ページのコード ポイントがラテン文字の予期しない文字や存在しない文字にマップされ、表示されるテキストは判読不能となります。

注: Microsoft Outlook 2000 以降の Outlook アイテムの本文 Unicode は、アイテムの作成に使用された言語に関係なく、アイテムの本文を読み取ることができます。ただし、メッセージや会議のアイテム場所、および件名行などのすべてのアイテム プロパティと"および" BusinessTelephoneNumber連絡先アイテムのプロパティが判読不可能になるバージョンで Outlook 2003 より前。

Unicode によって提供されるユニバーサル文字セットは、この問題を解消します。Unicode は、既知のスクリプト最もことができるユニバーサル文字セットを作成するのには作成されました。Unicode エンコードを使用してを複数バイトの一意のすべての文字コード ページとは異なり、すべての文字は、独自のコード ポイントがします。たとえば、[Unicode コード ポイント ギリシャ語の小文字の zeta ( zeta ) は、16 進数の値の 03B6 とキリル小文字の zhe ( zhe ) は 0436 はします。

Microsoft Office Outlook 2003 および Outlook 2007 は、Unicode 使用に全面的に対応しています。Outlook には、テキストを表すためのコード ページ システムも存在します。しかし、Unicode モードは推奨モードであり、プロファイル、Exchange アカウント、および管理者設定の構成で Unicode を使用できる場合は、Unicode モードが既定のモードとなります。また、モードはこれらの設定に基づいて自動的に判別され、手動で変更することはできません。

Exchange アカウントが既定では、オフライン フォルダー ファイル (.ost) と個人用フォルダー ファイル (.pst) のプロファイルの使用により、Unicode モードで Outlook を実行すると、多言語 Unicode データを保存する機能を持つし、アイテムとフォルダーの容量が大きいを提供します。Outlook は、Exchange アカウントで Unicode モードで実行している Unicode モードへの切り替えたい場合は、管理者に問い合わせてください。

他の言語で実行しているシステム上で Outlook を使用するユーザーとメッセージやアイテムを共有しない] の場合は、Exchange アカウントで Unicode または Unicode モードで Outlook を実行できます。

多国籍企業に勤務している場合や、他言語で動作するシステムで Outlook を使用している人とメッセージやアイテムを共有する場合は、Exchange アカウントを使用して Unicode モードで Outlook を実行する必要があります。Unicode モードに切り替える場合は、管理者に連絡してください。

Outlook は、Exchange アカウントで Unicode モードで実行される、文字のマッピングのコード ページに基づくシステムが使用されます。コード ページ ベースのシステムでは、1 つの言語で入力した文字が別の言語で同じ文字にマッピングされない可能性があります。このため、疑問符 (?) を含む不適切な文字が表示される可能性が整います。

たとえば、1 番目のユーザーがラテン文字のコード ページを使用している英語版の Microsoft Windows XP オペレーティング システムを実行し、2 番目のユーザーが日本語のコード ページを使用している日本語版の Microsoft Windows XP オペレーティング システムを実行しているとします。2 番目のユーザーが日本語版の Outlook 2002 で会議出席依頼を作成し、それを 1 番目のユーザーに送信するとします。英語版の Outlook 2002 を使用している人がその会議出席依頼を開く場合、日本語のコード ページのコード ポイントがラテン文字の予期しない文字や存在しない文字にマップされ、表示されるテキストは判読不能となります。

注: Outlook 2000 以降、Outlook アイテムの本文は Unicode となり、アイテムの本文は、アイテムが作成された言語に関係なく読むことができます。ただし、メッセージと会議アイテムの [宛先]、[場所]、[件名] 行など、アイテムのその他すべてのプロパティと、連絡先アイテムの ContactName プロパティおよび BusinessTelephoneNumber プロパティは、Outlook 2003 より前のバージョンの Outlook では読むことができません。

Arial Unicode MS フォントは、Unicode に対応したフォントです。このフォントは、Unicode 2.1 標準で定義されている文字、表意文字、記号がすべて含まれています。Windows Vista または Microsoft Windows XP を使用している場合、このユニバーサル フォントは自動でインストールされます。

Arial Unicode MS フォントは多量のシステム リソースを必要とするうえ、字体を多少省略しなければならなかった文字も一部にあります。したがって、このフォントは、言語別の専用のフォントを使用できない場合に限って使用することをお勧めします。たとえば、Microsoft Office Access ではテーブルで使用できるフォントの数に制限があるので、Access データベースに複数の言語のデータが含まれている場合は、データ テーブル用の表示フォントとして Arial Unicode フォントを使用するとよいでしょう。

  1. [ファイル] メニューの [新規作成] をポイントし、[Outlook データ ファイル] をクリックします。

  2. 多言語 Unicode データをサポートし、アイテムとフォルダにより大きな記憶容量を提供する個人用フォルダ ファイル (.pst) を作成するには、ご使用の Outlook のバージョンに対応する [個人用フォルダ ファイル] をクリックし、[OK] をクリックします。

  3. [ファイル名] ボックスにファイルの名前を入力し、[OK] をクリックします。

  4. [名前] ボックスに、.pst フォルダの表示名を入力します。

  5. その他の必要なオプションを選択し、[OK] をクリックします。

    フォルダー一覧で、データ ファイルに関連付けられているフォルダーの名前が表示されます。フォルダー一覧を表示するには [移動] メニューで、フォルダー一覧] をクリックします。既定では、個人用フォルダーのフォルダーが呼び出されます。

Unicode を使用していて問題が発生した場合は、次の一覧を参照して解決方法を確認してください。

Outlook 2003、 Outlook 2007へのアップグレードは、Outlook が Exchange アカウントで Unicode モードで実行されていません。

Outlook が Unicode モードで動作しない場合は、いくつかの原因が考えられます。

  • Microsoft Office Outlook 2003、またはOutlook 2007にアップグレードする前に、オフライン モードで実行するように、プロファイルを構成していた場合は Unicode をサポートしていません古いオフライン フォルダー ファイル (.ost) を使うことはまだ。これは、Exchange アカウントで非 Unicode モードで実行されている Outlook になります。Unicode モードに切り替えるには、オフライン フォルダーを無効にする新しいオフライン フォルダー ファイル (.ost) を作成し、データを同期します。

  • 個人用フォルダー ファイル (.pst) にメッセージを配信するようにプロファイルが設定されている状態で Microsoft Office Outlook 2003 または Outlook 2007 にアップグレードすると、Unicode に対応していない古い個人用フォルダ ファイル (.pst) がそのまま使用されます。この場合、Outlook は Exchange アカウントを使用して非 Unicode モードで動作します。Unicode モードに切り替えるには、多言語 Unicode データをサポートする個人用フォルダ ファイルにメッセージの配信場所を変更するか、既定の配信場所を Exchange アカウントに変更します。

  • 自動整理個人用フォルダ ファイル (.pst) を使って古いアイテムの整理を行うようにプロファイルが設定されている状態で Microsoft Office Outlook 2003 または Outlook 2007 にアップグレードすると、Unicode に対応していない古い自動整理個人用フォルダ ファイル (.pst) がそのまま使用されます。多言語 Unicode データをサポートする新しい自動整理個人用フォルダ ファイルを作成することをお勧めします。

  • 管理者が設定したポリシーまたは Exchange のバージョンによって、Outlook が Unicode モードで動作しないことがあります。

これらのすべてを検証しても Unicode モードに切り替わらない場合は、Exchange 管理者に連絡しください。

Outlook 2003、 Outlook 2007へのアップグレードは、POP3 アカウントはまだ多言語 Unicode データをサポートしていません

個人用フォルダ ファイル (.pst) にメッセージを配信するようにプロファイルが設定されている状態で Microsoft Office Outlook 2003 または Outlook 2007 にアップグレードすると、POP3 アカウントから配信されるアイテムを保存する際に Unicode に対応していない古い個人用フォルダ ファイル (.pst) がそのまま使用されます。この問題を解決するには、多言語 Unicode データをサポートする個人用フォルダ ファイル (.pst) にメッセージの配信場所を変更する必要があります。

選択はオフライン フォルダー ファイルへの切り替え Unicode モードでは、Outlook の原因し、今すぐ一部のアイテム '?' の文字を表示ではないです。

Outlook は、Exchange アカウントで Unicode モードで実行される、文字のマッピングのコード ページに基づくシステムが使用されます。コード ページ ベースのシステムでは、1 つの言語で入力した文字が別の言語で同じ文字にはマッピングされずします。このため、疑問符 (?) を含む不適切な文字が表示される可能性が整います。

たとえば、1 番目のユーザーがラテン文字のコード ページを使用している英語版の Microsoft Windows XP オペレーティング システムを実行し、2 番目のユーザーが日本語のコード ページを使用している日本語版の Microsoft Windows XP オペレーティング システムを実行しているとします。2 番目のユーザーが日本語版の Outlook 2002 で会議出席依頼を作成し、それを 1 番目のユーザーに送信するとします。英語版の Outlook 2002 を使用している人がその会議出席依頼を開く場合、日本語のコード ページのコード ポイントがラテン文字の予期しない文字や存在しない文字にマップされ、表示されるテキストは判読不能となります。このため、多言語環境では、Exchange アカウントを使用して Outlook を実行する場合に、Unicode モードを使用することをお勧めします。

この問題を解決するには、オフライン フォルダを無効にし、Outlook をいったん閉じてから再起動します。次に、新しいオフライン フォルダ ファイルを作成し、データの同期を実行します。

方法は非 Unicode データ ファイルを使用するか、Exchange アカウントを使用して Unicode モードで Outlook を実行するような影響ですか。

異なる言語で動作するコンピュータ上で Outlook を使用するユーザーとメッセージやアイテムを共有しない場合は、Exchange アカウントを使用して Outlook を Unicode モードで実行しても、非 Unicode モードで実行してもかまいません。非 Unicode モードで実行する場合の短所は、プロファイルに使われるオフライン フォルダ ファイルが、アイテムやフォルダに大きな記憶域が割り当てられない形式で作成されることです。このため、オフライン フォルダ ファイルのサイズ制限が重要な場合は、Exchange アカウントを使用して Outlook を Unicode モードで実行することをお勧めします。

ただし、多国籍企業に勤務している場合や、異なる言語で動作しているシステム上で Outlook を使用するユーザーとメッセージやアイテムを共有する場合は、Exchange アカウントを使用して Unicode モードで Outlook を実行する必要があります。またこの場合、プロファイルに対して、多言語 Unicode データを格納する機能を持つ Unicode 対応の .pst ファイルが使用されるようになります。Unicode モードに切り替えるには、前の「Outlook 2003 または Outlook 2007 にアップグレードしたが、Exchange アカウントを使用して Unicode モードで Outlook を実行できない」を参照してください。

Outlook は、Exchange アカウントで非 Unicode モードで実行される、文字のマッピングのコード ページに基づくシステムが使用されます。コード ページ ベースのシステムでは、1 つの言語で入力した文字可能性がありますマップ別の言語で同じ文字とそのため、Outlook では、Exchange アカウントで Unicode モードで実行する場合が疑問符 (?) を含む不適切な文字が表示される可能性します。

たとえば、1 番目のユーザーがラテン文字のコード ページを使用している英語版の Microsoft Windows XP オペレーティング システムを実行し、2 番目のユーザーが日本語のコード ページを使用している日本語版の Microsoft Windows XP オペレーティング システムを実行しているとします。2 番目のユーザーが日本語版の Outlook 2002 で会議出席依頼を作成し、それを 1 番目のユーザーに送信するとします。英語版の Outlook 2002 を使用している人がその会議出席依頼を開く場合、日本語のコード ページのコード ポイントがラテン文字の予期しない文字や存在しない文字にマップされ、表示されるテキストは判読不能となります。このため、多言語環境では、Exchange アカウントを使用して Unicode モードで Outlook を実行することをお勧めします。

注: Outlook 2000 以降の Outlook アイテムの本文 Unicode し、アイテムの作成に使用された言語に関係なく、本文を読み取ることができます。ただし、メッセージと件名行で、連絡先アイテムの"および" BusinessTelephoneNumberプロパティなどの Outlook データは Exchange アカウントでは Unicode 以外の Outlook が実行される場合は、コード ページで定義されている文字に制限されます。

関連項目

Office 2007 プログラムで別の言語を使用できるようにする

校正言語を設定して別の言語に切り替える

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×