UNION 操作

Access の UNION 操作で ユニオン クエリが作成されます。これは 2 つ以上の独立したクエリまたはテーブルの結果を組み合わせたものです。

構文

[TABLE] query1 UNION [ALL] [TABLE] query2 [UNION [ALL] [TABLE] queryn [ ... ]]

UNION 操作には、次の指定項目があります。

項目

説明

query1-n

SELECT ステートメント、ストアド クエリの名前、TABLE キーワードが前に付くストアド テーブルの名前。

解説

2 つ以上のクエリ、テーブル、SELECT ステートメントの結果を結合し、1 つの UNION 操作を作成できます。次の例は、「New Accounts」という名前の既存テーブルと SELECT ステートメントを結合したものです。

TABLE [New Accounts] UNION ALL
SELECT *
FROM Customers
WHERE OrderAmount > 1000;

既定では、UNION 操作では重複するレコードは返されません。ただし、ALL という述語を含めると、すべてのレコードが返されます。また、クエリの実行時間が短縮されます。

UNION 操作のすべてのクエリで同じフィールド数を要求する必要があります。ただし、サイズやデータ型を同じにする必要はありません。

エイリアスは最初の SELECT ステートメントでのみ使用します。他のステートメントでは無視されます。ORDER BY 句では、最初の SELECT ステートメントで呼ばれている名前でフィールドが参照されます。

注: 

  • クエリ引数で GROUP BY 句または HAVING 句を使用し、返されるデータをグループ化できます。

  • 最後のクエリ引数の終わりで ORDER BY 句を使用し、返されるデータを指定の順序で表示できます。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×