UML 静的構造図でクラスおよびオブジェクトを操作する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

クラス、コンポーネント、またはその他の要素にインターフェイスを追加します。

  1. 静的構造図、コンポーネント図、または配置図で、図面ページに、線と円で表されているロリポップ型の [インターフェイス] 図形をドラッグします。

  2. 接続に円 接続ポイントの画像 - 青い X クラス コンポーネント、またはその他の要素をポイントすることがなく、端点を接着します。

  3. 名前や操作などのプロパティ値を追加するには、[インターフェイス] 図形をダブルクリックします。

    ヒント: クラスに類似した長方形の [インターフェイス] 図形を使用して、インターフェイスを表すこともできます。この図形は、インターフェイス操作の一覧を表示する場合に使用します。

    ヒント: インターフェイスに表示される図形の種類を変更するには、[インタフェース] 図形を右クリックして、[クラス型インタフェースをして表示] または [ロリポップ型インタフェースとして表示] をクリックします。

指定するクラス インターフェイスやその他の要素間の関係を実現

  1. 静的構造図で、任意のクラス図形 ([クラス]、[パラメタ化クラス]、[ユーティリティ] または [メタクラス]) を右クリックし、[図形の表示オプション] をクリックした後、[一般オプション] の [実現化リンク] を選択します。

  2. 実現リンク、インターフェイス、クラス、またはその他の要素に接続ポイント 接続ポイントの画像 - 青い X するクラス図形上のコントロール ハンドル コントロール ハンドルの画像 - 黄色い菱形 を接着します。

分類子に受信を追加します。

  1. 受信を追加する分類子を表す図形をダブルクリックして、[受信] カテゴリをクリックします。

  2. 新しい受信を追加するには、[新規作成] をクリックします。

  3. [受信] カテゴリをクリックします。[受信] 列に受信の名前を入力します。[シグナル] 列で、受信で使用される分類子が反応するシグナルを選択し、必要なその他のプロパティ値を指定します。

    注: [シグナル] ボックスにシグナル要素を表示するには、シグナル要素がモデル内に存在する必要があります。

  4. 受信によって生成される例外がある場合、[例外] カテゴリで、その例外を選択します。

    注: [シグナル] ボックスに例外要素を表示するには、例外要素がモデル内に存在する必要があります。

  5. 必要な制約またはタグ付き値をすべて追加し、[OK] をクリックして、図形の [UML プロパティ] ダイアログ ボックスを閉じます。

クラスにテンプレートのパラメーターを追加します。

  1. パラメタを追加する要素を表す図形 ([パラメタ化クラス]、[クラス]、[ユーティリティ]、[メタクラス]、または [境界要素]) をダブルクリックして、[テンプレート パラメタ] をクリックします。

  2. 新しいパラメタを追加するには、[新規作成] をクリックします。

  3. [テンプレート] ボックスのパラメタ一覧で、次の操作を行います。

    • 既存のパラメタを編集するには、[テンプレート パラメタ] 列に新しい名前を入力します。

    • パラメタの型を編集するには、[] フィールドをクリックして矢印をクリックし、一覧から型を選択します。

    • 文書を追加するには、[文書化] ボックスに入力します。

  4. [OK] をクリックして変更を受け入れ、[UML クラス プロパティ] ダイアログ ボックスを閉じます。

    ヒント: クラス図形にパラメタを追加して、任意のクラスをパラメタ化クラスに変更できます。クラス図形のパラメタを非表示にするには、クラス図形を右クリックし、[図形の表示オプション] をクリックします。次に [抑制][テンプレート パラメタ] をオンにします。

クラスにバインド テンプレートのパラメーター

  1. [UML 静的構造] ステンシルから図面ページに [境界要素] 図形をドラッグして、束縛するパラメタを持つ [パラメタ化クラス] 図形の近くに配置します。

  2. バインド図形を図面ページにドラッグし、接続ポイント 接続ポイントの画像 - 青い X バインドされている要素に矢印がない端点を接着します。

  3. [束縛] 図形の矢印がある端点を [パラメタ化クラス] 図形の接続ポイントに接着します。

  4. [束縛] 図形をダブルクリックして、[境界引数] をクリックします。

  5. [境界引数] で、型を束縛するパラメタを選択するか (パラメタに型が指定されていない場合)、値を選択します (パラメタに型が指定されている場合)。[プロパティ] をクリックし、型を選択するか必要な値を入力して、[OK] をクリックします。

  6. [OK] をクリックして、[UML 束縛プロパティ] ダイアログ ボックスを閉じます。

パラメタ化クラスに関連付けられている属性と操作が境界要素に渡されます。属性の型または操作の戻り値の型としてクラスに割り当てた、束縛されていないパラメタ (型が指定されていないパラメタ) が、境界要素では上記の手順 5 で指定した型に置き換わります。

クラスのインスタンスとしてオブジェクトを作成します。

  1. 静的構造図で、図面ページに [クラス] 図形をドラッグして、オブジェクトがインスタンスになるクラスを表します。

  2. オプション。  [クラス] 図形をダブルクリックして [UML クラス プロパティ] ダイアログ ボックスを開きます。[属性] をクリックし、[新規作成] をクリックして属性をクラスに追加します。[OK] をクリックしてから、もう一度 [OK] をクリックします。

  3. 図面ページに [オブジェクト] 図形をドラッグし、図形をダブルクリックします。

  4. [UML オブジェクト プロパティ] ダイアログ ボックスで、[Object] をクリックし、オブジェクトの名前を入力します。[クラス] で、オブジェクトがインスタンスとなるクラスを選択します。

  5. [属性値] をクリックし、インスタンスの値を追加する属性を選択して、[プロパティ] をクリックします。属性の値を入力します。

  6. [属性リンク] をクリックし、その他の必要なプロパティ値を追加して、[OK] をクリックします

  7. インスタンスの値を追加するすべての属性に対して、手順 5 および 6 を繰り返します。終了したら、[OK] をクリックします。

クラスからテンプレート パラメーターを削除します。

  1. 削除するパラメタを含む要素を表す図形 ([パラメタ化クラス]、[クラス]、[ユーティリティ]、[メタクラス]、または [境界要素]) をダブルクリックして、[テンプレート パラメタ] をクリックします。

  2. 削除するテンプレート パラメタを選択し、[削除] をクリックして [OK] をクリックします。

クラスのテンプレート パラメーターを編集します。

  1. 編集するパラメタを含む要素を表す図形 ([パラメタ化クラス]、[クラス]、[ユーティリティ]、[メタクラス]、または [境界要素]) をダブルクリックして、[テンプレート パラメタ] をクリックします。

  2. [テンプレート] ボックスのパラメタ一覧で、編集する各パラメタの [型] フィールドをクリックします。次に、矢印をクリックしてリストから型を選択します。

    注: 型が指定されていないパラメタを型として属性に割り当てたり、戻り値の型として操作に割り当てることができます。

  3. [テンプレート] ボックスのパラメタ一覧で、編集する各パラメタに新しい名前を入力します。

  4. [文書化] ボックスで、必要な文書を入力します。

  5. 別のパラメタを追加するには [新規作成] をクリックします (その後で手順 3 ~ 5 を行います)。または [OK] をクリックして [UML クラス プロパティ] ダイアログ ボックスを閉じます。

クラスの属性と操作のセクションを非表示にします。

  1. [クラス] 図形を右クリックして、[図形の表示オプション] をクリックします。

  2. [UML 図形の表示オプション] ダイアログ ボックスの [抑制] で、[属性] をオンにすると、属性セクションが非表示になり、[操作] をオンにすると、操作セクションが非表示になります。

    ヒント: 属性および操作セクションを再度表示するには、図形を右クリックして [図形の表示オプション] をクリックし、[属性] および [操作] をオフにします。

パッケージ内のクラスを参照することがありますかを示す

  1. パッケージ図で、図面ページに [依存関係] 図形をドラッグします。

  2. [依存関係] 図形の矢印がない端点を、別のパッケージ内にあるクラスを参照しているパッケージの接続ポイントに接着します。

  3. 参照先となるターゲット クラスを含むパッケージの接続ポイント 接続ポイントの画像 - 青い X 矢印がある依存関係端点を接着します。

  4. [依存性] 図形をダブルクリックして、[UML 依存性プロパティ] ダイアログ ボックスを開きます。

  5. [名前] に依存性の名前を入力します。[ステレオタイプ] で [インポート] をクリックして、[OK] をクリックします。

注: <<import>> 依存性でパッケージを接続した場合、そのクラスだけが参照可能であることを示します。ターゲット クラスに対して適切な可視性を設定する必要があります。

実装クラスによって型の実装を表示します。

  1. 静的構造図で、図面ページに [クラス] 図形をドラッグします。図形をダブルクリックします。

  2. [UML クラス プロパティ] ダイアログ ボックスで、[クラス] をクリックし、クラスの名前を入力します。[ステレオタイプ][型] を選択して、[OK] をクリックします。

  3. 図面ページに 2 つ目の [クラス] 図形をドラッグします。図形をダブルクリックします。

  4. [UML クラス プロパティ] ダイアログ ボックスで、[クラス] をクリックし、クラスの名前を入力します。[ステレオタイプ][implementation class] を選択して、[OK] をクリックします。

  5. 実装クラスを右クリックして、[図面の表示オプション] をクリックします。[UML 図面の表示オプション] ダイアログ ボックスの [一般オプション][実現化リンク] をオンにして、[OK] をクリックします。

  6. コントロールをドラッグします コントロール ハンドルの画像 - 黄色い菱形 表すコネクタを作成するのには、実装クラス図形上の処理を実現関係します。

  7. 種類を表すクラス] 図形に接続ポイント 接続ポイントの画像 - 青い X を実現コネクタの矢印の端点を接着します。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×