UML 配置図を作成する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

ランタイム システムの構造を示す図

吹き出し 1 配置図で、[標準の種類または特定のインスタンスをノードを表します。

吹き出し 2 コンポーネントとオブジェクトのインスタンスをコンポーネントとオブジェクトがノードの存在を示すノード インスタンス内に配置します。

吹き出し 3 依存関係インターフェイスを介してこともありますコンポーネントを接続します。正確な依存関係を示すステレオタイプを使用することができます。

  1. [ファイル] メニューの [新規作成] をポイントします。次に [ソフトウェア] をポイントして [UML モデル図] をクリックします。

  2. ツリー ビューで、配置図の作成対象となるパッケージまたはサブシステムを右クリックし、[新規作成] をポイントして [配置図] をクリックします。

    空白のページが表示され、[UML 配置] ステンシルが最上部のステンシルになります。作業状態にウォーターマークとして [配置] が表示されます。図表を表すアイコンがツリー ビューに追加されます。

    注: ツリー ビューが表示されない場合は、[UML] メニューの [表示] をポイントして、[モデル エクスプローラ] をクリックします。

  3. 図面ページに [ノード] 図形をドラッグします。ノードの内部に [コンポーネント] 図形および [オブジェクト] 図形をドラッグします。ノードの選択ハンドルをドラッグし、サイズを変更します。

    配置ダイアグラムのノード内の要素を含む

    1. 配置図で、[UML 配置] ステンシルから図面ページに、[ノード] 図形または [ノード インスタンス] 図形をドラッグします。

    2. 名前、属性、操作、その他のプロパティ値を追加するには、ノードをダブルクリックします。

    3. 格納する要素が収まるようにノードのサイズを変更するには、四隅の選択ハンドルをドラッグします。

    4. [ノード] 図形の上に、[コンポーネント] 図形、[コンポーネント インスタンス] 図形、および [オブジェクト] 図形をドラッグし、必要に応じて依存性関係を使用して図形を接続します。

    5. 次のいずれかを実行します。

      • 各ノードをダブルクリックします。[UML ノード プロパティ] ダイアログ ボックスの [コンポーネント] をクリックします。[このノードによって配置されるコンポーネントを選択] で適切なコンポーネントを選択し、[OK] をクリックします。

      • 各コンポーネントをダブルクリックします。[UML コンポーネント プロパティ] ダイアログ ボックスの [ノード] をクリックします。[このコンポーネントを配置するノードを選択] で適切なノードを選択して、[OK] をクリックします。

        注: ノードと、ノードに格納する図形をまとめてグループ化しないでください。ノードとそのノードに含まれる要素を移動する必要がある場合は、ノードの周りの選択用四角形をドラッグしてすべての図形を選択し、必要な位置にこれらの図形をドラッグします。

  4. 必要なすべてのノードが設定されるまで手順 3. を繰り返します。

  5. 必要に応じて図面ページに [インタフェース] 図形をドラッグして、コンポーネント図形に円がない方の端点を接着します。

    クラス、コンポーネント、またはその他の要素にインターフェイスを追加します。

    1. 静的構造コンポーネント、または配置図では、ぺろぺろキャンディのインターフェイス図形を図面ページにドラッグします。

    2. 接続に円 接続ポイントの画像 - 青い X クラスコンポーネント、またはその他の要素をポイントすることがなく、端点を接着します。

    3. 名前や操作などのプロパティ値を追加するには、[インターフェイス] 図形をダブルクリックします。

      ヒント

      クラスに類似した長方形の [インタフェース] 図形を使用して、インタフェースを表すこともできます。この図形は、インタフェース操作の一覧を表示する場合に使用します。

      インタフェースに表示される図形の種類を変更するには、[インタフェース] 図形を右クリックして、[クラス型インタフェースとして表示] または [ロリポップ インタフェースとして表示] をクリックします。

  6. ノード間の関係を示すには、[通信] 図形を使用します。

    配置ダイアグラムのノード間の通信関連を示す

    1. 配置図で、[UML 配置] ステンシルから図面ページに [通信] 図形をドラッグします。

    2. [通信] 図形を最初のノードの接続ポイント 接続ポイントの画像 - 青い X の 1 つの端点を接着します。

    3. 次に第 2 のノードの接続ポイントに、[通信] 図形のもう 1 つの端点を接着します。

    4. 要素とその終端に名前とその他のプロパティ値を追加するには、[通信] 図形をダブルクリックします。

  7. コンポーネント間の関係や、1 つのコンポーネントともう 1 つのコンポーネントのインタフェースの関係を示すには、[依存性] 図形を使用します。

    UML 要素間の依存関係を示す

    1. [UML 静的構造][UML 配置]、または [UML コンポーネント] ステンシルから図面ページに [依存性] 図形をドラッグして、関連付ける要素の近くに配置します。

    2. 接着要素の他の要素に接続ポイント 接続ポイントの画像 - 青い X 矢印があるかによって決まります。その他の要素に依存する要素の接続ポイントに矢印がない端点を接着します。

    3. 名前、ステレオタイプ、およびその他のプロパティを追加するには、依存性をダブルクリックします。

      ヒント: 追跡依存性、絞り込み依存性、用途依存性、またはバインド依存性を示す場合、[UML 静的構造] ステンシルの [トレース]、[洗練化]、[使用]、または [バインディング] 図形を使用することができます。

  8. 任意の図形をダブルクリックして [UML プロパティ] ダイアログ ボックスを開きます。このダイアログ ボックスで、名前、属性、操作、およびその他のプロパティ値を追加します。

  9. 図を保存します。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×