UML ユース ケース図を作成する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

例を表示します。

  1. [ファイル] メニューの [新規作成] をポイントします。次に [ソフトウェア] をポイントして [UML モデル図] をクリックします。

  2. tree viewから、use case diagramの作成対象となるパッケージまたはサブシステムを右クリックし、[新規作成] をポイントして、[ユース ケース図] をクリックします。

    空白のページが表示され、[UML ユース ケース] ステンシルが最上部のステンシルになります。作業状態に、ウォーターマークとして [ユース ケース] が表示されます。図表を表すアイコンがツリー ビューに追加されます。

    注: ツリー ビューが表示されない場合は、[UML] メニューの [表示] をポイントして、[モデル エクスプローラ] をクリックします。

  3. 図面ページに [システム境界] 図形をドラッグします。

    システム境界図形

    ユース ケース図でシステム境界を示す

    1. use case diagramで、図面ページに [システム境界] 図形をドラッグします。

    2. 図形をダブルクリックして、システムの新しい名前を入力するか、Del キーを押して既存の名前を削除します。図面ページで図形の外側をクリックします。

    3. システム境界のサイズを変更するには、図形を選択して、選択ハンドルをドラッグします。

  4. [ユース ケース] ステンシルから [ユース ケース] 図形をドラッグして、システム境界内に配置します。次に [アクター] 図形をシステム境界の外側にドラッグします。

    ユース ケース図形

    [アクター] 図形

  5. ユース ケースとアクターの関係を示すには、[通信] 図形を使用します。

    通信] 図形

    アクターとユース ケースの間の関係を示す

    1. use case diagramで、図面ページに [通信] 図形をドラッグします。

    2. [アクター ] 図形の接続ポイント 接続ポイントの画像 - 青い X通信] 図形の 1 つのエンドポイント 終点の画像 (緑色の四角形の中にプラス記号) に接着します。ユース ケースの図形に接続ポイントを他の端点を接着します。

    3. 情報が伝達される方向を示す矢印を追加するには、次の操作を行います。

      • [通信] 図形をダブルクリックします。[関連] で、編集する終端をクリックして [プロパティ] をクリックします。

      • [関連端] カテゴリで、[IsNavigable] チェック ボックスをオンにします。[OK] をクリックして、もう一度 [OK] をクリックします。

      • [通信] 図形を右クリックして、[図形の表示オプション] をクリックします。[終端オプション] で、[終端の誘導可能性] をオンにして、[OK] をクリックします。

  6. ユース ケース間の関係を示すには、[ユース] 図形および [拡張] 図形を使用します。

    2 つのユースケース間で関数を使って関係を示す

    1. use case diagramで、図面ページに [ユース] 図形をドラッグします。

    2. その他のユース ケースの動作を使用するユース ケースの図形の接続ポイント 接続ポイントの画像 - 青い X に矢印がないを使用して点に接着します。

    3. [ユース] 図形の矢印がある端点を、使用されている [ユース ケース] 図形の接続ポイントに接着します。

    4. [ユース] 図形をダブルクリックして、[UML 汎化プロパティ] ダイアログ ボックスを開きます。プロパティ値を追加して、[OK] をクリックします。

    示す、2 つのユース ケース間のリレーションシップを拡張します。

    1. use case diagramで、図面ページに [拡張] 図形をドラッグします。

    2. 接続矢印ポイント 接続ポイントの画像 - 青い X ユース ケース、拡張することがなく、拡張エンドポイント 終点の画像 (緑色の四角形の中にプラス記号) を接着します。

    3. [拡張] 図形の矢印がある端点を、基本ユース ケースの接続ポイントに接着します。

    4. [拡張] 図形をダブルクリックして、[UML 汎化プロパティ] ダイアログ ボックスを開きます。プロパティ値を追加して、[OK] をクリックします。

  7. [システム境界] 図形以外の任意の図形をダブルクリックして、[UML プロパティ] ダイアログ ボックスを開きます。このダイアログ ボックスで、名前、属性、操作、およびその他のプロパティ値を追加できます。

  8. 図を保存します。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×