UML モデルについて

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

Microsoft Office Visio UML モデル図テンプレートは、複雑なソフトウェア システムのオブジェクト指向のモデルを作成するためを完全にサポートを提供します。

ユース ケース図

開発プロジェクトの初期段階では、ユース ケース図を使用して、現実世界での活動とその動機付けを表します。その後の段階で図表を洗練化して、ユーザー インターフェイスおよび設計の詳細を反映できます。

UML ユース ケース図を作成します。

静的構造図

静的構造図を使用して、現実世界での概念およびその概念間の関係を表す概念図や、ソフトウェア システムを各部分に分解するクラス図を作成します。

UML 静的構造図を作成します。

パッケージ図

パッケージ図を使用して、システム内の関連する要素をグループ化します。1 つのパッケージには、複数の下位パッケージや図表、または 1 つの要素を格納できます。

[UML パッケージ図を作成します。

アクティビティ図

アクティビティ図を使用して、メソッドについて内部的な振る舞いを詳述し、内部で生成された動作のフローを表現します。

UML アクティビティ図を作成します。

ステートチャート図

ステートチャート図を使用して、オブジェクトの一連の状態を表します。

UML ステートチャート図を作成します。

シーケンス図

アクターまたは相互作用と時刻の順序で配置が生成されるイベントに参加しているオブジェクトを表示するにはのシーケンス図を使用します。

UML シーケンス図を作成します。

コラボレーション図

コラボレーション図を使用して、オブジェクト間で交換される一連のメッセージなど、システムにおける操作や結果を得るためのオブジェクト ロール間の関係を表します。

UML コラボレーション図を作成します。

コンポーネント図

コンポーネント図を使用すると、システムを、まとまりのあるコンポーネントに区分し、コード自体の構造を表すことができます。

UML コンポーネント図を作成します。

配置図

配置図を使用して、実行時のシステムの構造を表し、アプリケーションを構成するハードウェアとソフトウェアの要素についての設定と配置方法を表現します。

UML 配置図を作成します。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×