UML モデルでのパッケージを操作する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

パッケージは、UML モデルを構成する主要な要素です。パッケージは、要素、ビュー (図表)、その他のパッケージのコンテナとして使用できます。パッケージを使用すると、大きな図表やモデルを管理しやすいサブセットに分割できます。システム全体は、すべてのモデルと要素を格納する 1 つの最上位レベルのパッケージと見なすことができます。

新しくモデルを作成する場合、[UML モデル図] テンプレートによって、そのモデルの最上位パッケージが自動的に作成されます。このパッケージは、モデルを構成するすべての要素、パッケージ、図表のコンテナとして機能します。

モデル エクスプ ローラーから新規パッケージを作成します。

ツリー ビューで、新しいパッケージが内部に作成される既存のパッケージを右クリックします。次に [新規作成] をクリックして、[パッケージ] をクリックします。

ツリー ビューに新しいパッケージ アイコンが自動的に追加され、[UML パッケージ プロパティ] ダイアログ ボックスが開きます。

図から新規パッケージを作成します。

  1. ツリー ビューで、パッケージを追加する図表のアイコンをダブルクリックします。

    図表の図面ページが表示されます。

  2. [UML 静的構造]、[UML ユース ケース]、[UML コンポーネント]、または [UML 配置] から図面ページに、[パッケージ] 図形をドラッグします。

パッケージを表すアイコンがツリー ビューに追加されます。

パッケージから新しい図面を作成します。

モデルに新しいパッケージを追加するたびに、新しい図表が自動的に作成されるようにするには、[UML] メニューの [オプション] をクリックします。次に [UML アドオン] タブの [パッケージまたはサブシステムの図形を図面に追加するとき、図のページを作成] チェック ボックスをオンにします。

このチェック ボックスをオンにしていない場合に新しい図表を作成するには、新しい [パッケージ] 図形を右クリックして、[図] をクリックし、[新規] をクリックします。図表の名前を入力し、図表の種類を選択して、[OK] をクリックします。

パッケージに要素を追加します。

ツリー ビューで、要素を追加するパッケージを右クリックし、[新規作成] をクリックして、追加する要素の種類を選択します。

要素を表すアイコンがツリー ビューに追加されます。

図のパッケージの内容を表す

  1. ツリー ビューで、内容を表すパッケージのアイコンを右クリックして、パッケージに含める図表の種類を選択します。

    適切なステンシルと空の図面ページが表示されます。図表の種類の名前を示すウォーターマークが作業状態に表示されます。

  2. 図面ページに、パッケージに含める要素を表す図形をドラッグします。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×