UML パッケージ図について

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

問題とする領域についての理解が深まるにつれて、その概念モデルはより複雑になり、手に負えないほどの大きさになるかもしれません。パッケージを使用すると、モデルをより小さく、より扱いやすいサブセットに分割できます。

パッケージは、UML システム モデルの基本的な編成要素です。システム全体を、他のすべてのパッケージ、図表、および要素を格納する 1 つのパッケージと見なすことができます。1 つのパッケージには、複数の下位パッケージ、図表、または 1 つの要素を格納できます。また、パッケージの可視性や、パッケージに格納されている要素の可視性を設定できます。

パッケージを使用することで、開発プロセス全体を通して、関連する要素をグループ化できます。たとえば、概念図が大きくなりすぎた場合、パッケージを使用してその要素を区分できます。また、パッケージを使用してシステム アーキテクチャを定義することもできます。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×