UML ステートチャート図を作成する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

オブジェクトが外部イベントに対応するときの遷移を示すステートチャート図

吹き出し 1 初期状態は、図面の任意のイベントが発生する前に、オブジェクトの状態です。

吹き出し 2 状態をオブジェクトの生活の中でインスタントを表します。名前を追加し、その内部アクションとアクティビティの一覧に[状態] 図形をダブルクリックします。

吹き出し 3 遷移とことを示す、イベントに応答して、オブジェクトが他の 1 つの状態から移動アクションを実行します。

吹き出し 4 画面切り替えの文字列の遷移をトリガーするイベントと呼びます。に加えて、イベントの署名を含めることも警備隊条件やアクション式を文字列のラベルに画面切り替えをダブルクリックします。

  1. ステートチャート図で表現する振る舞いを含んだクラスやユース ケースが格納されている UML モデルを開きます。

  2. [ファイル] メニューの [新規作成] をポイントします。次に [ソフトウェア] をポイントして [UML モデル図] をクリックします。

  3. ツリー ビューで、ステートチャート図で表現する基本動作を含むクラスまたはユース ケースを示すアイコンを右クリックします。[新規作成] をポイントして、[ステートチャート図] をクリックします。

    空白のページが表示され、[UML ステートチャート] ステンシルが最上部のステンシルになります。作業状態にウォーターマークとして [ステートチャート] が表示されます。図表を表すアイコンがツリー ビューに追加されます。

    注: ツリー ビューが表示されない場合は、[UML] メニューの [表示] をポイントして、[モデル エクスプローラ] をクリックします。

  4. オブジェクトが変化していく状態の順序を表すには、図面ページに [状態] 図形をドラッグします。

    UML ステートチャート図およびアクティビティ図の状態] 図形を操作します。

  5. 並行下位状態、相互に排他的な下位状態、またはネストされた下位状態を表すには、ページに [合成状態] 図形をドラッグします。

    UML ステートチャート図で合成状態] 図形を操作します。

  6. ある状態のオブジェクトがイベントに応答して第 2 の状態に入ることを示すには、[遷移] 図形を使用して状態を別の状態に接続します。

    UML ステートチャート図およびアクティビティ図の遷移] 図形を操作します。

    ヒント: 円弧の形をした[遷移] 図形を使用して、オブジェクトのイベントに応答して同じ状態のままことを示します。両端の画面切り替えを同じ状態] 図形に接続ポイント 接続ポイントの画像 - 青い X に接続します。

  7. 1 つの状態から複数の状態への分岐、または複数の状態から 1 つの状態への同期を表すには、[遷移 (合流)] および [遷移 (分岐)] 図形に、[遷移] 図形を接続します。

  8. オブジェクトが領域内での最後の状態を再開することを示すには、[浅い履歴] または [深い履歴] 図形を使用します。

    UML ステートチャート図で合成状態] 図形を操作します。

  9. 任意の図形をダブルクリックして [UML プロパティ] ダイアログ ボックスを開きます。このダイアログ ボックスで、名前、動作、アクティビティ、イベント、およびその他のプロパティを追加します。

  10. 図を保存します。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×