UML ステートチャート図およびアクティビティ図で [状態] 図形を操作する

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

ステートチャート図またはアクティビティ図の状態にする内部アクションまたはアクティビティを追加します。

  1. ステートチャート図またはアクティビティ図で、内部動作またはアクティビティを追加する [状態] 図形をダブルクリックします。

  2. [UML 状態プロパティ] ダイアログ ボックスで、[内部遷移] をクリックします。

  3. 切り替えの名前を入力します。

  4. [プロパティ] をクリックします。必要なイベントを選択します。新しいイベントを作成するには、[イベント] をクリックしてから [新規] をクリックします。次に、必要なイベントの種類を選択して [OK] をクリックします。

  5. イベントおよびタイプの名前を入力するか、必要なその他のプロパティ値を選びます。制約、タグ付き値、または作成するイベントの種類に応じて、パラメーターを追加するタブをクリックします。[画面切り替え] タブ ([UML 遷移プロパティ] ダイアログ ボックス) に戻るまで [ OK ] をクリックします。

  6. 保護、フィルター条件を追加するを選択し、[テキスト ボックスで、必要な警備隊条件を入力します。

  7. [言語] で必要な言語を選択します。

  8. [動作] をクリックし、[新規] をクリックして動作式を作成します。必要な動作の種類を選択します。[OK] をクリックしてから、[プロパティ] をクリックします。

  9. 動作の名前を入力して、その他の必要なプロパティ値を入力または選択します。タブをクリックして、詳細、引数、制約、またはタグ付き値を追加します。[内部遷移] タブに戻るまで [OK] をクリックし、もう一度 [OK] をクリックします。

既定では、[状態] 図形に内部動作は表示されません。内部動作を表示するには、図形を右クリックして、[図形の表示オプション] をクリックします。[抑制] で、[遷移] チェック ボックスをオフにします。

エントリを追加して、ステートチャート図またはアクティビティ図の状態にアクションを終了します。

  1. ステートチャート図またはアクティビティ図で、入場動作または退場動作を追加する [状態] 図形をダブルクリックします。

  2. [UML 状態プロパティ] ダイアログ ボックスの [入場] または [退場] カテゴリをクリックして、[新規] をクリックします。

  3. 必要な動作の種類を選択して、[OK] をクリックします。動作の名前を入力します。

  4. [プロパティの詳細については、引数、制約またはタグ付きの値を追加] をクリックします。UML 状態のプロパティ] ダイアログ ボックスが閉じるまで [ OK ] をクリックします。

既定では、[状態] 図形に入場動作および退場動作は表示されません。動作を表示するには、図形を右クリックし [図形の表示オプション] をクリックして、[遷移] をオフにします。

アクティビティ図では動作状態のイベントを保留します。

  1. ツリー ビューまたはアクティビティ図で、動作状態を表すアイコンまたは図形をダブルクリックします。

  2. [遅延イベント] をクリックします。

動作状態が属するパッケージで使用できるイベントの一覧が表示されます。状態によって遅延されるイベントを選択します。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×