UML シーケンス図を作成する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

時系列に沿ったオブジェクトの対話方法を表示するシーケンス図

シーケンス図の垂直寸法線は時間を表し、ページの下方に進むに従って時間の経過を表します。水平寸法線は、さまざまなアクターやオブジェクトを表します。

吹き出し 1 オブジェクトは、特定の時点での存在は、オブジェクト生存線として表示されます。オブジェクトの作成または破棄を示す行の長さを調整します。

吹き出し 2 矢印では、オブジェクト間でメッセージを表しています。オブジェクトでは、それ自体にも、メッセージを送信できます。

吹き出し 3 オブジェクトがアクションを実行するまでの時間を示す生存線にライセンス認証 (コントロールのフォーカスとも呼ばれます) を追加します。

吹き出し 4 戻り値のメッセージは、破線として表示されます。

  1. [ファイル] メニューの [新規作成] をクリックします。次に [ソフトウェア] をポイントして [UML モデル図] をクリックします。

  2. ツリー ビューから、シーケンス図の作成対象となるパッケージまたはサブシステムを右クリックし、[新規作成] をポイントして [シーケンス図] をクリックします。

    空白のページが表示され、[UML シーケンス] ステンシルが最上部のステンシルになります。作業状態にウォーターマークとして [シーケンス] が表示されます。図表を表すアイコンがツリー ビューに追加されます。

    注: ツリー ビューが表示されない場合は、[UML] メニューの [表示] をポイントして、[モデル エクスプローラ] をクリックします。

  3. シーケンス図で表す相互作用に使用するオブジェクトごとに、図面ページに [オブジェクト生存線] 図形をドラッグします。相互作用でオブジェクトが存在する期間に応じて生存線の長さを調整し、破壊されるオブジェクトの生存線に破壊マーカーを追加します。

    オブジェクト生存線] 図形

    シーケンス図内のオブジェクトを破棄することを示す

    1. シーケンス図で、図面ページに [オブジェクト生存線] 図形をドラッグして、シーケンス図が表す相互作用で破壊されるオブジェクトを示します。

    2. [オブジェクト生存線] 図形を右クリックし、[図形の表示オプション] をクリックして、[破壊マーカー] をクリックします。

      注: この変更を、選択した図形だけに適用するには、[UML 図形の表示オプション] ダイアログ ボックスの [現在の図面ウィンドウ ページで、選択した同じ UML 図形に適用] をオフにします。

      オブジェクトの生存線の終端に黒い X が表示されます。

  4. [オブジェクト生存線] 図形をダブルクリックします。[UML 分類子ロール プロパティ] ダイアログ ボックスの [分類子ロール] をクリックします。次のいずれかの操作を行います。

    1. [分類子] で、オブジェクトが表す分類子を選択し、[OK] をクリックします。

    2. システムの新しい分類子を作成するには、[新規] をクリックします。

      オブジェクト アイコンの外観は、選択した分類子に応じて異なります。

  5. オブジェクトが動作を実行する時期を示すには、オブジェクトの生存線に [活性化] 図形をドラッグします。[オブジェクト生存線] 図形の接続ポイントに [活性化] 図形の端点を接着します。オブジェクトのアクティビティの期間に対応するように活性化の四角形の長さを調整します。

    ライセンス認証の図形

    シーケンス図で画面切り替えの時間を示す

    1. ツリー ビューで、遷移時間を追加するシーケンス図を表すアイコンをダブルクリックします。

      シーケンス図を表す図面ページが表示されます。

    2. ツールバーで、[テキストツール [テキスト] ツール ボタン ] を選びます。

    3. 図面ページで、メッセージ インスタンスの名前 (メッセージ​​の送信時刻を表す) を追加する位置をクリックして、名前を入力します。

      通常、名前は、適用されるメッセージの位置に合わせて、図表の左余白に表示されます。この名前には、"a" または "b" などの単一文字を使用できます。

    4. ツールバーで、ポインターツール ボタンの画像 を選択します。

    5. 図面ページ上にあるメッセージ名の近くに、[制約] 図形をドラッグします。この図形をダブルクリックして、[本体] に、メッセージ時間に関連する制約条件 (「b - a < 1 秒」など) を入力します。[OK] をクリックします。

      ヒント: メッセージの配信を即時に実行しない場合は、メッセージの線を傾けて、メッセージが受信される時間に対して、メッセージが送信される時間と同じ文字の名前を付けます。ただし、受信時間にはプライム記号を付けます (送信時間 "a"、受信時間 "a'" など)。

      メッセージに関する情報を左の余白に追加できる

      メッセージの送受信時間に名前を付けたシーケンス図

    シーケンス図のオブジェクトに条件を表示します。

    1. シーケンス図の図面ページで、条件を表示するオブジェクト生存線の近くに [生存線] 図形をドラッグします。

    2. [オブジェクト生存線] 図形に接続ポイント 接続ポイントの画像 - 青い X生存線]図形の端点を接着します。条件付きの生存線を拡張するには、生存線] 図形にコントロール ハンドル コントロール ハンドルの画像 - 黄色い菱形 をドラッグします。

    3. [生存線] 図形をダブルクリックして [UML プロパティ] ダイアログ ボックスを開き、生存線に名前やその他のプロパティ値を追加します。

      ヒント: [生存線] 図形の端点は、オブジェクト生存線に関連する [活性化] 図形の接続ポイントに接着することもできます。

  6. オブジェクト間の通信を示すには、[メッセージ] 図形を使用します。

    [メッセージ] 図形

    シーケンス図でオブジェクト間でメッセージを示す

    1. シーケンス図で、図面ページに [メッセージ] 図形をドラッグします。

      選択するメッセージ図形は、送信するメッセージの種類 (通常、非同期、プロシージャ コール、応答) によって異なります。

    2. 接続に矢印のメッセージを送信するオブジェクト生存線 接続ポイントの画像 - 青い X をポイントすることがなく、メッセージ端点を接着します。

    3. メッセージを受信するオブジェクトの生存線にある接続ポイントに、メッセージの矢印がある端点を接着します。

    4. メッセージをダブルクリックして、メッセージ名、ステレオタイプ、シーケンス式、フローの種類を入力または選択します。

    5. フラット メッセージまたはプロシージャ コールの場合は、メッセージによって生成する操作を選択します。操作が存在しない場合は、[新規] をクリックして作成します。

      非同期メッセージの場合は、メッセージによって生成するシグナルを選択します。メッセージを受信するオブジェクト生存線の基準となる分類子にシグナル受信が存在しない場合は、[新規] をクリックして受信を作成します。

      ヒント: あるオブジェクトからそのオブジェクト自体へのメッセージを示すには、円弧型の [メッセージ] 図形にある 2 つの端点を、同一オブジェクトの生存線にある 2 つの接続ポイントに接着します。

  7. 任意の図形をダブルクリックして [UML プロパティ] ダイアログ ボックスを開きます。このダイアログ ボックスで、名前やその他のプロパティ値を追加します。

  8. 図を保存します。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×