UML システム モデルにデータ型を追加する

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

  1. システムを表す UML 図のファイルを開きます。

  2. ツリー ビューの [UML システム] アイコンを右クリックし、[パッケージ] をクリックします。次に [新規] をクリックします。

  3. [パッケージ] 列で、データ型パッケージの名前 (「My Data Types」など) を入力し、その他のパッケージ プロパティを入力または選択して [OK] をクリックします。

  4. 新しいパッケージを右クリックし、[新規作成] をポイントして [データ型] をクリックします。

  5. データ型の名前を入力し、その他の必要なプロパティを入力または選択して [OK] をクリックします。

    新しいデータ型のアイコンが、ツリー ビュー内のパッケージの下に追加されます。

  6. 手順 4 および 5 を繰り返して、必要なデータ型をすべて追加します。

  7. 新たに作成するすべてのシステム モデルでこの新しいデータ型を使用する場合は、ファイルをテンプレートとして保存します。[名前を付けて保存] ダイアログ ボックスの [ファイルの種類] から、[テンプレート (*.vst)] を選択します。新しいモデルの作成を開始するときに、このテンプレートを開きます。

ヒント: データ型を追加する方法と同じシステムのインターフェイスを追加できます。1 ~ 3 をシステムに新しいインターフェイス パッケージを追加する上の手順に従います。新しいパッケージを右クリックし、[新規作成]インターフェイス新しいインターフェイスを追加する] をクリックします。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×