TransferSQLDatabase マクロ アクション

Access プロジェクト (*.adp) では、“TransferSQLDatabase/SQLデータベースの転送“ マクロ アクションを使って、Microsoft SQL Server 7.0 以降のデータベースを別の SQL Server 7.0 以降のデータベースに転送することができます。データベースの転送の詳細については、SQL Server のドキュメントを参照してください。

注: このアクションは、データベースが信頼されていない場合は許可されません。

注: Access 2010 は、Access データ プロジェクトをサポートする最新バージョンです。

設定

“TransferSQLDatabase/SQLデータベースの転送“ マクロ アクションには次の引数があります。

アクションの引数

説明

サーバー

コピーする SQL Server 7.0 またはそれ以降のデータベース サーバーの名前です。

データベース

転送先のサーバー上に作成される新しいデータベースの名前です。

セキュリティ接続を使用する

SQL Server にセキュリティ接続があるかどうか指定します。[はい] に設定されている場合、セキュリティ接続はあり、[ログイン] と [パスワード] の引数は不要です。[いいえ] に設定されている場合、[ログイン] と [パスワード] の引数が必要です。既定値は [はい] です。

セキュリティ接続を使用すると、SQL Server のセキュリティが Windows オペレーティング システムのセキュリティと統合され、そのネットワークとデータベースにシングル ログオンできます。

ログイン

ログイン先のサーバーのログイン名です。

パスワード

[ログイン] 引数のパスワードです。このパスワードは、Access プロジェクトにテキストとして格納されますが、データベースの転送操作中、それは非公開です。

データ コピーの転送

データベースの転送操作でデータを含めるかどうかを指定します。[はい] に設定されている場合、すべてのテーブルのすべてのデータが、すべてのデータ構造、拡張プロパティ、およびデータベース オブジェクトと共に含まれます。[いいえ] に設定されている場合、テーブルのデータは含まれません。転送先のサーバーには、テーブルの構造と拡張プロパティのみが (データベース ダイアグラムを除く) その他のすべてのデータベース オブジェクトと共に作成されます。既定値は [はい] です。

解説

データベースの転送中には、その他の操作を行うことはできません。

“TransferSQLDatabase/SQLデータベースの転送“ マクロ アクションでは、データ、データ定義、およびデータベース オブジェクトを既定でコピーするだけでなく、既定値、テキストの制限、ルックアップ値などの拡張プロパティもコピーします。

データベースを転送するには要件があります。

  • 転送先サーバーのシステム管理者の役割のメンバーである必要があります (転送元サーバーでは特に役割は必要ありません)。

  • Access プロジェクト (*.adp) に接続されている現在の SQL Server とデータベースの転送先サーバーは、SQL Server バージョン 7.0 以降である必要があります。

注: リンクされているサーバーは、データベースの転送操作時は転送されません。

Visual Basic for Applications (VBA) モジュールで “TransferSQLDatabase/SQLデータベースの転送“ マクロ アクションを実行するには、DoCmd オブジェクトの “TransferSQLDatabase/SQLデータベースの転送“ メソッドを使用します。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×