To Do バーのカレンダーを有効または無効にする

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

既定では、To Do バーの最上部に月間予定表が表示されます。これらの予定表は、カレンダー ナビゲーターと呼ばれています。

カレンダー ナビゲーター上の矢印を使用すると、翌月または前月に移動してその月の予定表を表示できます。また、To Do バーが表示されている Outlook の任意のビューから、カレンダー ナビゲーターで特定の日付をクリックして、その日付の予定表を開くことができます。

カレンダー ナビゲーターを有効または無効にするには、次の操作を行います。

  1. [表示] タブの [レイアウト] グループで [To Do バー] をクリックします。

  2. [カレンダー ナビゲーター] をクリックします。

既定では、カレンダー ナビゲーターに 1 つの予定表が表示されます。To Do バーの幅を広げて、左右に並べて表示する予定表の数を変更できます。

  • To do バーの端をポイントします。 Horizontal size handle icon に変わったら、左または右を to do バーの幅を増減をドラッグします。

マウス ボタンを離すと、カレンダーの数が空き領域に合わせて変更されます。

既定では、カレンダー ナビゲーターに表示されるのは、予定表の月の 1 行だけです。上下に並べて表示される予定表の数を変更するには、次の操作を行います。

  1. Outlook フォルダーで、[表示] タブの [レイアウト] で [To Do バー] をクリックし、[オプション] をクリックします。

  2. カレンダー ナビゲーターを表示する] の下の月の行の数] ボックスに、 0 ~ 9の数値を入力します。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×