To Do バーからアイテムを削除する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

仕事が終了した場合や、フラグを付けたアイテム (電子メール メッセージなど) をフォローアップする必要がなくなった場合は、次の方法で To Do バーの仕事リストからアイテムを削除できます。

  • アイテムを終了とマークする     これにより、To Do バーの仕事リストからアイテムが削除されますが、アイテムの記録は [日毎の仕事リスト] に残ります。アイテムに対応したことを示すチェック マークが表示されます。

  • アイテムに設定されたフラグをクリアする     これにより、フラグが削除され、アイテムに関連付けられていた時間の制約がすべて削除されます。アイテムは To Do バーの仕事リストおよび [日毎の仕事リスト] に表示されなくなりますが、その元の場所には残ります。フラグをクリアすると、To Do アイテムであったアイテムの履歴がすべて削除されます。

    注記: 

    • 仕事に設定されたフラグはクリアできません。仕事は、終了または削除済みとマークすることのみ可能です。

    • 複数のアイテムを選択してそのフラグをクリアする場合は、ショートカット メニューのオプション [フラグのクリア/仕事の削除] を使用します。これにより、選択したアイテム (メッセージなど) に設定されたフラグがクリアされ、選択した仕事が削除されます。

  • アイテムを削除する     これにより、Microsoft Outlook からアイテムが削除されます。たとえば、To Do バーから電子メールを削除すると、Outlook のメールボックスからも削除されます。

重要: 最初の 2 つのオプションではアイテムの記録が残りますが、3 番目のオプション (アイテムの削除) ではアイテムが Outlook から完全に削除されます。

To Do バーからアイテムを削除するには

  1. To Do バーでアイテムを右クリックします。

  2. 次のいずれかを実行します。

    • アイテムを終了とマークするには、ショートカット メニューの [フラグの設定] をポイントし、[進渉状況を終了にする] をクリックします。

    • フラグをクリアするには、ショートカット メニューの [フラグの設定] をポイントし、[フラグをクリア] をクリックします。

    • アイテムを削除するには、ショートカット メニューの [削除] をクリックします (アイテムの削除には [フラグの設定] メニューを使用しません)。

      ヒント: [フラグの状態] 列を表示している場合は、アイテムの横のフラグを右クリックすることで [フラグの設定] ショートカット メニューが開きます。アイテムの横にフラグが表示されていない場合は、次のセクションで仕事リストに列を追加する方法を参照してください。または、[フラグの状態] 列をクリックしてアイテムを終了とマークすることもできます。

To Do バーの仕事リストの表示内容または動作が異なる場合

To Do バーの仕事リストのオプションが一部表示されない場合や、選択する際の動作が異なる場合は、To Do バーが既定の設定から変更されている可能性があります。その場合は、To Do バーを既定の設定にリセットできます。

To Do バーを既定の設定にリセットする

  1. To Do リストの列見出しをクリックし、[カスタム] をクリックします。

  2. [ビューのカスタマイズ: To Do バーの仕事リスト] ダイアログ ボックスで、[現在のビューをリセット] をクリックします。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×