TimeValue 関数

時刻を表すバリアント型 (内部処理形式 DateVariant) の値を返します。

構文

TimeValue ( time )

必須の time引数 は、通常、0:00:00 (12:00:00 A.M.) から 23:59:59 (11:59:59 P.M.) の時刻を表す文字列式です。ただし、time には、この範囲内の時刻を表す任意の式を指定することもできます。time が Null の場合は、Null 値が返されます。

解説

有効な時刻を、12 時間制または 24 時間制で入力できます。たとえば、"2:24PM""14:24" はどちらも有効な time 引数です。

ti me 引数に日付情報が含まれる場合でも、TimeValue はそれを返しません。ただし、time に無効な日付情報が含まれる場合は、エラーが発生します。

注: 次の例は、Visual Basic for Applications (VBA) モジュールでのこの関数の使用方法を示しています。 VBA の使用方法の詳細については、[検索] の横にあるドロップダウン リストで [開発者用リファレンス] を選び、検索ボックスに検索する用語を入力します。

この例では、TimeValue 関数を使って、文字列を時刻に変換します。日付リテラルを使って、Variant または Date 変数に時刻を直接割り当てることもできます。たとえば、MyTime = #4:35:17 PM# のように指定します。

Dim MyTime
MyTime = TimeValue("4:35:17 PM") ' Return a time.
スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×