TimeSerial 関数

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

指定した時間、分、秒に対応する時刻をバリアント型 (内部処理形式 DateVariant) で返します。

構文

TimeSerial ( hour, minute, second )

TimeSerial 関数の引数は次のとおりです。

引数

説明

hour

必須。Variant (Integer)。時を表す 0 (12:00 AM) ~ 23 (11:00 PM) の範囲の数値または数値式を指定します。

minute

必須。Variant (Integer)。任意の数値式を指定します。

second

必須。Variant (Integer)。任意の数値式を指定します。


解説

11:59:59 などの時刻を指定するには、各 TimeSerial 引数でその単位の通常の範囲内の値を指定する必要があります。つまり、時の場合は 0 ~ 23、分と秒の場合は 0 ~ 59 です。ただし、特定の時刻の前後の時、分、秒を表す任意の数値式を使って、各引数の相対時刻を指定することもできます。次の例では、絶対時刻ではなく式を使っています。TimeSerial 関数は、正午より 6 時間前 (12 - 6) のさらに 15 分前 (-15) の時刻、つまり午前 5:45:00 を返します。

TimeSerial(12 - 6, -15, 0)

いずれかの引数がその引数の通常の範囲を超えた場合、上位の単位に適切に加算されます。たとえば、75 分を指定すると、1 時間 15 分として評価されます。引数のいずれか 1 つでも範囲 -32,768 ~ 32,767 を超えると、エラーが発生します。3 つの引数で指定された時刻が許容される日付範囲外の日付になると、エラーが発生します。

注: 次の例は、Visual Basic for Applications (VBA) モジュールでのこの関数の使用方法を示しています。 VBA の使用方法の詳細については、[検索] の横にあるドロップダウン リストで [開発者用リファレンス] を選び、検索ボックスに検索する用語を入力します。

この例では、TimeSerial 関数を使って、指定した時、分、秒の時刻を取得します。

Dim MyTime
MyTime = TimeSerial(16, 35, 17)
' MyTime contains serial representation of 4:35:17 PM.

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×