TalkBack を使って Excel for Android の基本的な作業を行う

TalkBack を使って Excel for Android の基本的な作業を行う

ラベルのスクリーン リーダー コンテンツ付きの読み上げシンボル。このトピックでは、Office でスクリーン リーダーを使用する方法について説明します。

この記事は、Office アクセシビリティ コンテンツ セットの一部であり、Office 製品でスクリーン リーダー プログラムを使うユーザーを対象としています。一般的なヘルプについては、Office サポート ホームをご覧ください。

Excel for Android では、Android の組み込みスクリーン リーダーである TalkBack を使用して、ブックとスプレッドシートの作成、数値書式の適用、簡単な数式の作成などを行います。

注記: 

  • Office 365 の新しい機能は Office 365 サブスクライバーに段階的にリリースされるため、お使いのアプリではこれらの機能をまだ使用できない可能性があります。より早く新機能を入手するための方法については、「Office 2016 for Office 365 の最新機能を入手できる時期」を参照してください。

  • このトピックでは、組み込みの Android スクリーン リーダーである TalkBack を使っていることを前提としています。TalkBack の使用の詳細については、「Android accessibility」 (Android のアクセシビリティ) をご覧ください。

  • このトピックでは、Android スマートフォンでこのアプリを使っていることを前提としています。一部のナビゲーションとジェスチャは、Android タブレットでは異なる場合があります。

この記事の内容

新しいブックを作成する

Excel ファイルはブックと呼ばれます。それぞれのブックには、スプレッドシートまたはワークシートと通常呼ばれるシートがあります。ブックに必要なだけシートを追加したり、新しいブックを作成してデータを整理したりできます。

  1. Excel で新しいブックを作成するには、"新規作成" と聞こえるまで右にスワイプした後、画面をダブルタップします。

  2. 空白のブックを開くには、右にスワイプして、使用するブック テンプレートの名前が聞こえたら、画面をダブルタップします。

    ヒント: 一覧の末尾に達した後で戻る場合は、正しいブック テンプレートの名前が聞こえるまで左にスワイプします。

  3. テンプレートを選ぶには、画面をダブルタップします。

ブックで、新しいワークシートを作成する

ブックの画面左下あたりを指でドラッグし、"シートの追加ボタン" と聞こえたら、画面をダブルタップします。

データを入力する

シートにデータを入力しながら、行、列、およびセルを操作します。セルは、シート上の行と列の場所によって参照されます。つまり、セル A1 は、A 列の最初のセルを示します。新しいシートでは、既定でセル A1 が選択されています。

  1. ワークシート画面上で指をドラッグして、入力するセルが見つかったら、画面をダブルタップしてアクティブにします。

  2. 関数スイッチを開くには、画面をダブルタップします。"切り取りボタン" という音声が聞こえます。これは、ポップアップ バーの最初のアイテムです。

  3. "編集ボタン" と聞こえるまで右にスワイプし、聞こえたら画面をダブルタップします。"英語米国キーボードの表示" という音声が聞こえます (キーボードの言語は、キーボードの設定によって異なります)。

  4. 数字またはテキストを入力するには、キーボードの上で指をドラッグし、文字の音声が聞こえたら指を離して選択します。

  5. 画面の右上隅あたりで指をドラッグし、"入力ボタン" と聞こえたら、画面をダブルタップしてデータを保存します。

数値の表示形式を適用する

通貨、パーセンテージ、日付などの書式をセルに適用することにより、さまざまな種類の数値を表示できます。

  1. Excel ドキュメントの画面上で指をドラッグして、入力するセルが見つかったら、画面をダブルタップして書式設定するセルを選択します。

  2. "その他のオプション ボタン。有効にするにはダブルタップ" と聞こえるまで 1 本の指で左または右にスワイプします。次に、画面をダブルタップします。"タブ メニュー、ホームが選択済み。有効にするにはダブルタップ” と読み上げられます。

  3. 次のように読み上げられるまで右にスワイプします。"数値書式設定メニュー。有効にするにはダブルタップ"次に、画面をダブルタップします。次のように読み上げられます。"数値書式設定"

  4. 使用可能な表示形式が聞こえるまで右にスワイプします (通貨時間パーセンテージなど)。

  5. 表示形式を選ぶには、画面をダブルタップします。

    ヒント: 一部の表示形式オプションにはサブメニューがあります。たとえば、次のように読み上げられます。"数値メニュー"サブメニューを開くには、画面をダブルタップします。

簡単な数式を作成する

数値の加算、減算、乗算、除算を行う簡単な数式を作成できます。

  1. 画面上で指をドラッグしてセルを選択し、画面をダブルタップしてアクティブにします。

  2. 画面をダブルタップして関数スイッチを開きます。関数スイッチの最初のアイテムである "切り取りボタン" が読み上げられます。

  3. "編集ボタン" と聞こえるまで右にスワイプし、聞こえたらダブルタップします。次のように読み上げられます。"英語米国キーボードの表示" (キーボードの言語は、キーボードの設定によって異なります)。

  4. セルで数式を作成するには、キーボード上で指をドラッグして必要なキーで指を離すことにより、数値と演算子の組み合わせを入力します。加算の場合は正符号 (+)、減算の場合は負符号 (-)、乗算の場合はアスタリスク (*)、除算の場合はスラッシュ (/) を入力します。たとえば、=2+4、=4-2、=2*4、=4/2 などと入力します。

  5. 必要な数値またはテキストを入力した後、右下隅のキーボード上で指をドラッグして、"入力" と聞こえたら指を離します。Excel では、計算が実行され、結果がセルに表示されます。

作業内容を保存する

Excel では作業内容が自動的に保存されますが、ファイル名を変更したり、ファイルの場所を選択したりできます。

ファイルのコピーを保存する

  1. Excel ファイルでファイルの名前を変更するには、右にスワイプして "ファイル ボタン" と聞こえたら、画面をダブルタップしてファイル メニューを開きます。次のように読み上げられます。"ファイル メニューが開きました"

  2. メニュー項目 "名前を付けて保存ボタン" が読み上げられるまで右にスワイプし、聞こえたら画面をダブルタップします。次のように読み上げられます。"ファイル名を入力してください"

  3. ファイル名を変更するには、右にスワイプして、"ファイル名を入力してください。編集ボックス <既定の名前>" と読み上げられたら、"クリア ボタン" と聞こえるまで右にスワイプし、聞こえたら画面をダブルタップして現在のファイル名をクリアします。

  4. 左にスワイプし、"ファイル名を入力してください。編集ボックス" と聞こえたら画面をダブルタップします。次のように読み上げられます。"英語米国キーボードの表示" (キーボードの言語は、キーボードの設定によって異なります)。

  5. 名前を入力するには、キーボード上を指でドラッグし、文字の音声が聞こえたら指を離して選択します。

  6. 新しい名前を入力した後、右にスワイプして "保存ボタン" と聞こえたらダブルタップしてファイルを保存します。

ファイルの場所を選択する

  1. Excel ファイルでファイルの場所を変更するには、左または右にスワイプして "ファイル ボタン" と聞こえたら、画面をダブルタップしてファイル メニューを開きます。次のように読み上げられます。"ファイル メニューが開きました"

  2. メニュー項目 "名前を付けて保存ボタン" が読み上げられるまで右にスワイプし、聞こえたら画面をダブルタップします。"ファイル名を入力してください" と聞こえます。

  3. 次の音声が聞こえるまで左または右にスワイプします。"場所"ファイルの保存場所 ("OneDrive" や "このデバイス" など) が聞こえるまで、右にスワイプします。画面をダブルタップして場所を選びます。

    ヒント: 一部のオプションにはサブメニューがあります。ダブルタップして場所を選択し、もう一度ダブルタップしてサブメニューを選択します。

  4. 右にスワイプして "保存ボタン" と聞こえたらダブルタップし、選択した場所にファイルを保存します。

    ヒント: 既に存在する名前でファイルを保存しようとすると、"ファイルを置き換えますか" という音声が聞こえます。"キャンセル ボタン" または "置換ボタン" と聞こえるまで右にスワイプします。画面をダブルタップして選択を確定します。

作業内容を印刷する

デバイスにプリンターが接続されていることを確認します。

  1. Excel ファイルで、右にスワイプして "ファイル ボタン" と聞こえたら、画面をダブルタップしてファイル メニューを開きます。次のように読み上げられます。"ファイル メニューが開きました"

  2. "印刷" と聞こえるまで右にスワイプし、聞こえたら画面をダブルタップします。

  3. 次のように読み上げられます。"印刷。ファイルを印刷する準備をしています。停止するには、キャンセル キーを押します。ファイル メニューが閉じました。印刷スプーラー。"印刷プレビューが開きます。

    注: 次のように読み上げられる場合もあります。"印刷の準備のために、Excel に Microsoft のオンラインサービス使用を許可しますか。""許可ボタン" または "拒否ボタン" と聞こえるまで右にスワイプします。画面をダブルタップして選択を確定します。

  4. 右にスワイプし、"ドロップダウン リスト。プリンターを選択します。変更するにはダブルタップします" と聞こえたら、画面をダブルタップします。

  5. 右にスワイプして使用するプリンターを選択し、ダブルタップしてアクティブにします。

  6. 右にスワイプし、"印刷ボタン" と聞こえたらダブルタップします。

関連項目

Excel for Android で外付けキーボードを使う

Office 365 のアクセシビリティ機能を使用するためのデバイスのセットアップ

アクセシビリティ機能を利用して Excel を操作する方法

障碍のある方向けのテクニカル サポート

Microsoft は、すべてのお客様に最適な操作性を提供することを目指しています。障碍のある方、およびアクセシビリティに関してご質問がある方が技術サポートをご希望の場合は、Microsoft Disability Answer Desk までご連絡ください。Disability Answer Desk サポート チームは、一般的なユーザー補助技術を駆使するトレーニングを受けており、英語、スペイン語、フランス語、および米語の手話でサポートを提供することができます。お住まいの地域での連絡先の詳細については、Microsoft Disability Answer Desk サイトを参照してください。

政府機関、商用、または法人ユーザーの場合は、法人向け Disability Answer Desk までお問い合わせください。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×