Tablet PC からフォームに入力する

Tablet PC で Microsoft Office InfoPath を開くと、InfoPath は自動的にインク入力モードで起動します。このモードでは、タブレット ペンを使ってフォームに直接書き込むことができます。[インク] ツールバーのオプションを使用すると、インク オプションの変更、インク セクションの挿入、およびペンの使用とキーボードの使用の切り替えができます。

フォームの設計によっては、特定のコントロール内で書き込みまたは描画し、フォームと共にインクを保存することもできます。

この記事の内容

タブレット ペンを使用してフォームに入力する

InfoPath が自動的にインク入力モードで起動しないようにする

タブレット ペンを使用してフォームに入力する

タブレット ペンを使用してフォームに入力するときは、フォームのテキスト ボックスや他のフィールドの境界内に手書きの内容が収まる必要はありません。

  1. フォームのフィールドに書き込むには、タブレット ペンを使用します。

    フィールドで書き込みを開始するときは、そのフィールドの上部に透明の手書き認識ガイドが表示されます。このガイドにより、手書きの内容がフィールドの高さと幅よりも大きくなってもよいことが示されます。

  2. 間違いをすばやく修正するには、 インクを消すジェスチャ (インクを消すジェスチャ) を使用します。

    注: また、Tablet PC 入力パネルのスクリーン キーボードを使って修正を行うこともできます。ただし、通常はインクを消すジェスチャを使う方が高速です。インクを消すジェスチャを使って、インク描画セクション、書き込みセクション、またはインク描画コントロール内のインクを消去することはできません。

  3. インクをテキストに変換するには、手書き認識ガイドの右下隅にあるチェック マーク アイコンをクリックします。

    ヒント: インク入力の代わりにキーボードを使ってフォームに入力するには、[インク] ツールバーの [インク入力の中止] をタップします。

ページの先頭へ

フォームのフィールドに手書きの内容を追加する

リッチ テキスト フィールドと呼ばれる特定の種類のフィールドがフォームに含まれている場合は、[インク] ツールバーの [インク描画と書き込みの挿入] コマンドを使って、該当のフィールド内にインク描画セクションおよび書き込みセクションを挿入することができます。インク描画セクションおよび書き込みセクションは、手書きの内容を追加できる専用の領域です。たとえば、この機能を使って、すばやくアイデアを書き留めたり、考えをメモすることができます。特に指定しない限り、手書き入力の内容はフォームの保存時にインクとして保存されます。

  1. タブレット ペンで書き込みまたは描画するフィールド内の場所をタップします。

    ヒント: [インク描画と書き込みの挿入] ボタンが選択不可になっている場合、そのフィールドではインク描画セクションおよび書き込みセクションを使用することはできません。

  2. [インク] ツールバーの ボタンの画像 (インク描画と書き込みの挿入) をタップします。

  3. タブレット ペンを使用して、インク描画セクションおよび書き込みセクションで、書き込みまたは描画を行います。

  4. 次のいずれかの操作を行います。

    • インク描画セクションおよび書き込みセクションをテキストに変換するには、[ツール] メニューの [インクをテキストに変換] をタップします。

    • 入力されたテキストとしてインクをクリップボードにコピーするには、[編集] メニューの [インクをテキストとしてコピー] をタップします。

    • インクを消去するには、[インク] ツールバーの [インク入力の中止] をタップします。 ボタンの画像 (消去) をタップし、消しゴムをドラッグしてインクを消します。

注: フォームのデザインによっては、フォームの図の上に直接書き込みまたは描画できることがあります。たとえば、この機能が有効になっている場合、保険金請求書フォームで車の画像を見ながら、損傷箇所に目印を付けることができます。

ページの先頭へ

InfoPath が自動的にインク入力モードで起動しないようにする

Tablet PC を使用している場合、フォームを開くたびに、InfoPath はインク入力モードで自動的に起動します。必要に応じて、この動作が発生しないようにし、既定でフォームにテキストを入力するようにできます。

  1. [ツール] メニューの [オプション] をタップします。

  2. [インク] タブをタップします。

  3. [常にインク入力モードで起動する] チェック ボックスをオフにします。

ページの先頭へ

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×