Tab 関数

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

注: Microsoft Jet Expression Service がサンドボックス モードで実行されている場合 (安全でない可能性がある式の評価は行われません)、このトピックで説明する関数、メソッド、オブジェクト、またはプロパティは無効です。サンドボックス モードの詳細については、ヘルプで "サンドボックス モード" を検索してください。

出力を配置するために Print # ステートメントまたは Print メソッドと共に使用されます。

構文

Tab[(n)]

省略可能な n引数 は、リストの次の式を表示または出力する前に移動される列番号です。省略した場合、Tab で挿入ポイントは次の 印刷領域 の始めに移動されます。これにより、小数点記号としてコンマを使用するロケールで、コンマの代わりに Tab を使用できます。

解説

現在の行の現在の出力位置が n を超えている場合、Tab によって次の出力ファイルの n 番目の列にスキップされます。n が 1 未満の場合、Tab によって出力位置は列 1 に移動します。n が出力行の幅を超える場合、Tab キーを押すと、次の数式を使用して、次の出力位置が計算されます。

n Mod width

たとえば、width が 80 で、Tab(90) を指定すると、次の出力は列 10 (90/80 の残り) から始まります。n が現在の出力位置未満の場合、計算された出力位置の次の行から出力が開始されます。計算された出力位置が現在の出力位置を超える場合、同じ行の計算された出力位置から出力が始まります。

出力行の最も左の位置は常に 1 です。Print # ステートメントを使用してファイルに出力する場合、右端の出力位置は、出力ファイルの現在の幅です。この値は Width # ステートメントを使用して設定できます。

注:  文字幅に合わせて表の幅が適切な幅になるようにします。

Tab 関数と Print メソッドを使用する場合、出力領域は統一された固定幅の列に分割されます。各列の幅は、選択したフォントのポイント サイズでのすべての文字幅の平均です。ただし、出力される文字数と、その文字列が占める固定幅の列数の間に相関関係はありません。たとえば、大文字 W は複数の固定幅の列を占め、小文字の i は 1 つの固定幅列よりも占有率が低くなります。

注: 次の例は、Visual Basic for Applications (VBA) モジュールでのこの関数の使用方法を示しています。 VBA の使用方法の詳細については、[検索] の横にあるドロップダウン リストで [開発者用リファレンス] を選び、検索ボックスに検索する用語を入力します。

この例では、Tab 関数を使用して、ファイルとイミディエイト ウィンドウの出力位置を変更します。

' The Tab function can be used 
' with the Print # statement.
Open "TESTFILE" For Output As #1 ' Open file for output.
' The second word prints at column 20.
Print #1, "Hello"; Tab(20); "World."
' If the argument is omitted, cursor is moved
' to the next print zone.
Print #1, "Hello"; Tab; "World"
Close #1 ' Close file.

Tab 関数は、Print メソッドと共に使用することもできます。次のステートメントを実行すると、列 10 から始まるテキストが出力されます。

Debug.Print Tab(10); "10 columns from start."

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×