TREND 関数

Trend関数は、線形の傾向に沿って値を返します。 これは、配列の既知の y と既知の y に (少なくとも四角形の方法を使用して) 直線に対応しています。 TREND 関数は、指定した x の配列の y の値をその直線に沿って返します。

1-12 の実績作業時間がある場合は、TREND を使用して、13-17 か月の売上実績を予測します。

注: Office 365の最新バージョンを使っている場合は、出力範囲の左上のセル (この例ではセル E16) に数式を入力し、 enterキーを押して、数式を動的配列数式として確認します。 それ以外の場合は、最初に出力範囲 (E16: E20) を選択して、数式を従来の配列数式として入力する必要があります。出力範囲 (E16) の左上のセルに数式を入力し、Ctrl キーとSHIFT キーを押しながら enterキーを押して確認します。 Excel によって、数式の先頭と末尾に中かっこが挿入されます。 配列数式の詳細については、「配列数式のガイドラインと例」を参照してください。

= TREND (既知の y, [既知の x], [新しい x], [定数])

TREND 関数の書式には、次の引数があります。

引数

説明

既知の y   

必須

Y = mx + b というリレーションシップで既にわかっている y 値のセット

  • "既知の y" の配列が 1 つの列に入力されている場合、"既知の x" の各列はそれぞれ異なる変数であると見なされます。

  • "既知の y" の配列が 1 つの行に入力されている場合、"既知の x" の各行はそれぞれ異なる変数であると見なされます。

既知の x   

省略可能

Y = mx + b というリレーションシップで既にわかっている (オプションの) x 値のセット

  • "既知の x" の配列には、1 つまたは複数の変数の系列を指定することができます。 変数の系列が 1 つである場合、"既知の y" と "既知の x" は、それぞれの次元が同じであれば、どのような形の範囲であってもかまいません。 変数の系列が複数である場合、"既知の y" はベクトル (高さが 1 行、または幅が 1 列のセル範囲) でなければなりません。

  • "既知の x" を省略すると、"既知の y" と同じサイズの {1,2,3...} という配列を指定したと見なされます。

growth   

省略可能

TREND で対応する y 値を返す新しい x 値

  • "新しい x" には、"既知の x" と同様にそれぞれ独立した変数が入力されている 1 つの列 (または 1 つの行) を指定する必要があります。 したがって、"既知の y" が 1 つの列に入力されている場合は、"既知の x" と "新しい x" の列数が同じでなければなりません。 また、既知の y が 1 つの行に入力されている場合は、既知の x と新しい x の行数が同じでなければなりません。

  • 新しい x を省略すると、既知の x と同じ値を指定したと見なされます。

  • 既知の x と新しい x の両方を省略すると、既知の y と同じサイズの {1,2,3,...} という配列を指定したと見なされます。

定数   

省略可能

定数 b を0にするかどうかを指定する論理値

  • 定数を TRUE に設定するか省略すると、b の値も計算されます。

  • 定数を FALSE に設定すると、b の値が 0 (ゼロ) に設定され、y = mx となるように m の値が調整されます。

  • Microsoft Excel で行をデータに適合させる方法については、「 LINEST」を参照してください。

  • Regressing による多項式曲線の調整には、異なるべき乗の値に対して発生した同じ変数を使用できます。 たとえば、列 A に y 値が含まれ、列 B に x 値が含まれているとします。 列 C に x ^ 2、列 D に x ^ 3 と入力すると、列 A に対して列 B ~ D を regress することができます。

  • 現在のバージョンのOffice 365を使用していない場合、配列を返す数式は、 Ctrl + Shift + Enterを使って配列数式として入力する必要があります。その後、enter キーを押すだけで済みます。

  • "既知の x" のような引数に配列定数を指定するときは、半角のカンマ (,) を使って同じ行の値を区切り、半角のセミコロン (;) を使って各行を区切ります。

補足説明

Excel Tech Community では、いつでも専門家に質問できます。Microsoft コミュニティでは、サポートを受けられます。また、Excel User Voice では、新機能についての提案や改善案を送信することができます。

注:  このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 情報が役に立ったかどうか、ご意見をお寄せください。 参考までに、こちらから英語の記事をお読みいただけます。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×