TIMEVALUE 関数

ここでは、Microsoft Excel の TIMEVALUE 関数の書式および使用法について説明します。

説明

文字列で表された時刻を小数に変換します。 この小数は 0 ~ 0.99988426 の範囲内の値であり、0:00:0 (午前 00 時) から 23:59:59 (午後 11 時 59 分 59 秒) までの時刻を表します。

書式

TIMEVALUE(時刻文字列)

TIMEVALUE 関数の書式には、次の引数があります。

  • 時刻文字列    必ず指定します。 時刻を表す文字列を、Microsoft Excel 時刻表示形式で指定します。たとえば、"6:45 PM" や "18:45" など、半角の二重引用符 (") で囲んだ文字列で指定します。

解説

  • 時刻文字列に含まれる日付の情報は無視されます。

  • 時刻は、日付を構成する値として小数で表されます。たとえば、12:00 PM は半日なので、0.5 と表されます。

使用例

次の表のサンプル データをコピーし、新しい Excel ワークシートのセル A1 に貼り付けます。数式を選択して、F2 キーを押し、さらに Enter キーを押すと、結果が表示されます。必要に応じて、列幅を調整してすべてのデータを表示してください。

数式

説明

結果

=TIMEVALUE("2:24 AM")

日付なしで指定された時刻に対応する小数を返します。

0.10

=TIMEVALUE("22-Aug-2011 6:35 AM")

指定された日時に対応する小数を返します。

0.2743

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×