T.INV.2T 関数

スチューデントの t 分布の両側逆関数の値を返します。

書式

T.INV.2T(確率,自由度)

T.INV.2T 関数の書式には、次の引数があります。

  • 確率    必ず指定します。 スチューデントの t 分布に従う確率を指定します。

  • 自由度    必ず指定します。 分布の自由度を指定します。

解説

  • 引数に数値以外の値を指定すると、エラー値 #VALUE! が返されます。

  • 確率 <= 0、または確率 >1 である場合は、エラー値 #NUM! が返されます。

  • 自由度に整数以外の値を指定すると、小数点以下が切り捨てられます。

  • 自由度 < 1 の場合は、エラー値 #NUM! が返されます。

  • T.INV.2T は、P(|X| > t) = 確率となるような t の値を返します。ここで、X は t 分布に従うランダムな変数です。また、P(|X| > t) = P(X < -t or X > t) です。

  • 片側 t 値は、確率に 2* 確率を指定して返すこともできます。 確率が 0.05、自由度が 10 の場合、両側値は T.INV.2T(0.05,10) で計算され、2.28139 が返されます。 同じ確率と自由度に対応する片側値は T.INV.2T(2*0.05,10) で計算でき、1.812462 が返されます。

    確率の値が指定されると、T.DIST.2T(x, 自由度 1, 自由度 2) = 確率となるような値 x がシークされます。 したがって、T.INV.2T 関数の精度は T.DIST.2T 関数の精度に依存します。

使用例

次の表のサンプル データをコピーし、新しい Excel ワークシートのセル A1 に貼り付けます。数式を選択して、F2 キーを押し、さらに Enter キーを押すと、結果が表示されます。必要に応じて、列幅を調整してすべてのデータを表示してください。

データ

説明

0.546449

スチューデントの両側 t 分布に従う確率

60

自由度

数式

説明 (計算結果)

計算結果

=T.INV.2T(A2,A3)

上のデータに対するスチューデントの t 分布の t 値を求めます (0.606533076)

0.606533

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×