T 関数

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

指定した値が表している文字列を返します。

書式

T()

     テストする値を指定します。

解説

  • 指定した値が文字列を表している場合、その値が返されます。値が文字列以外のデータを表している場合は、空白文字列 ("") が返されます。

  • 数式中の値は必要に応じて自動的に変換されるため、数式の中で T 関数を使用する必要はほとんどありません。

使用例

数式

説明 (結果)

=T("降水量")

指定した値は文字列のため、その文字列が返されます (降水量)

=T(19)

指定した値は数値のため、空白文字列が返されます ()

=T(TRUE)

指定した値は論理値のため、空白文字列が返されます ()

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×