System Center Configuration Manager を使用して Office 365 ProPlus に展開する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

この記事は、システム センター 2012 R2 構成マネージャーに適用されます。構成マネージャー バージョン 1702 と Office 365 ProPlus を配置する方法については、管理する Office 365 ProPlus 構成マネージャーを使用してを参照してください。

System Center Configuration Manager を使用して、Office などのソフトウェアを組織のユーザーやコンピューターに展開する場合、既存の Configuration Manager 環境を使用して Office 365 ProPlus を展開することもできます。Configuration Manager を使用すると、どのユーザーとコンピューターが Office 365 ProPlus を取得するか、インストール ファイルをどこから取得するか、Office 365 ProPlus インストールがいつ行われるかを制御できます。

たとえば、インターネットから直接Office 365 ProPlusをインストールするユーザーの代わりに、組織のネットワーク内で配布ポイントにOffice 365 ProPlusインストール ファイルを配置することによってネットワーク帯域幅使用量を制御できます。ただし、場合でも、 Office 365 ProPlusネットワーク内の場所からインストールする、 Office 365 ProPlusがインストールされているコンピューターも必要があることにアクティブな Office 365 ProPlusをインターネットへのアクセスにしてください。

次の手順は System Center 2012 R2 Configuration Manager 向けのものですが、System Center 2012 Configuration Manager または Configuration Manager 2007 R2 を使用することで Office 365 ProPlus を展開することもできます。

Configuration Manager で展開する Office 365 ProPlus のインストール ファイルを準備する

初めには、組織のネットワーク上の共有フォルダーにMicrosoft ダウンロード センターから Office 展開ツールのOffice 2016版をダウンロードします。次に、同じ共有フォルダーに、インターネットからOffice 365 ProPlus のインストール ファイルをダウンロードするのには Office 展開ツールを使用します。

次に、configuration.xml、およびOffice 365 ProPlusをインストールする方法の設定を指定をを編集します。次の例では、32 ビット、英語版Office 365 ProPlusのインストールに使えることを configuration.xml を示します。

<Configuration> 
   <Add OfficeClientEdition="32"> 
    <Product ID="O365ProPlusRetail"> 
     <Language ID="en-us" /> 
    </Product> 
   </Add>
   <Display Level="None" AcceptEULA="TRUE" />
</Configuration>

Configuration.xml ファイルの追加] セクションで、見つかった属性が含まれていないことが重要です。Configuration ManagerConfiguration Managerクライアントのキャッシュ フォルダーの下のフォルダーにアプリケーションのインストール ファイルをコピーして、そのサブフォルダーの名前がコンピューターごとに異なるためにです。フォルダー名がコンピューターごとに異なるためにOffice 365 ProPlusを展開しているすべてのコンピューターに対応する見つかったを指定することはできません。代わりに、見つかった属性をままにします。見つかったを省略すると、Office 展開ツールがあること、同じフォルダーにOffice 365 ProPlusインストール ファイルを自動的に Office 展開ツールが表示されます。そのおしている Office 展開ツールで、configuration.xml など、同じ化Office 365 ProPlusインストール ファイル フォルダーを共有します。

Office 365 インストール ファイル フォルダー

Office 365 ProPlus 用のアプリケーションを Configuration Manager で作成する

次の手順では、Configuration Manager でアプリケーションを作成します。アプリケーションには、ユーザーのコンピューターにソフトウェアを展開するために Configuration Manager が必要とするファイルや情報が含まれています。

アプリケーションを作成するには

  1. Configuration Manager コンソールで、[ソフトウェア ライブラリ]、[アプリケーション管理]、[アプリケーション] の順に選択します。

  2. [ホーム] タブの [作成] グループで、[アプリケーションの作成] を選択します。

  3. アプリケーション作成ウィザードの [全般] ページで、[アプリケーションの情報を手動で指定する] を選択して、[次へ] を選択します。

  4. [一般情報] ページで、アプリケーションの名前を入力し、任意のオプション情報を入力して、[次へ] を選択します。

  5. [アプリケーション カタログ] ページで、使用している環境に適した情報を提供してから、[次へ] を選択します。

  6. [展開の種類] ページで、[次へ] を選択します。展開の種類は後で追加します。

  7. [概要] ページで選択した設定を確認してから、[次へ] を選択してアプリケーションを作成します。

  8. アプリケーションの作成後、[完了] ページで [閉じる] を選択します。

Configuration Manager で Office 365 ProPlus アプリケーションの展開の種類を作成する

Configuration Manager 内のアプリケーションには、少なくとも 1 つの展開の種類が必要です。展開の種類には、ソフトウェア パッケージのインストール ファイルに加えて、ソフトウェアを展開する時期と方法を指定するルールが含まれています。

Office 365 ProPlus アプリケーションの展開の種類には、次の内容が含まれています。

  • Office 展開ツール、configuration.xml ファイル、およびインターネットからダウンロードしたOffice 365 ProPlusインストール ファイルを含む共有フォルダーのパス。たとえば、\\server1\share1 します。

  • コマンド ラインOffice 365 ProPlusのインストールを開始する Office 展開ツールを取得します。

  • Office 365 ProPlus がユーザーのコンピューターに既にインストールされているかどうかを Configuration Manager が判断するために使用する検出方法

展開の種類を作成するのには

  1. Configuration Manager コンソールで、[ソフトウェア ライブラリ]、[アプリケーション管理]、[アプリケーション] の順に選択します。

  2. Office 365 ProPlus アプリケーションを選択して、[ホーム] タブの [アプリケーション] グループで、[展開の種類の作成] を選択します。

  3. 展開の種類の作成ウィザードの [全般] ページで、[種類] の一覧から [スクリプト インストーラー] を選択して、[次へ] を選択します。

  4. [一般情報] ページで、展開の種類の名前を入力し、任意のオプション情報を入力して、[次へ] を選択します。

  5. [コンテンツ] ページで、次の操作を行います。

    • コンテンツの場所] ボックスで、Office 展開ツール、configuration.xml ファイル、およびインターネットからダウンロードしたOffice 365 ProPlusインストール ファイルを配置するネットワーク共有を入力します。

    • インストール プログラム] ボックスに、次のテキストを入力してください: setup.exe/configuration.xml を構成します。

    この情報の入力後、[次へ] を選択します。

  6. [検出方法] ページで、[句の追加] を選択します。

  7. [検出規則] ダイアログ ボックスで、次の操作を行います。

    • [設定の種類] の一覧で、[レジストリ] を選択します。

    • [ハイブ] の一覧で、HKEY_LOCAL_MACHINE を選択します。

    • [キー ] ボックスで、次のテキストを入力してください: Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Uninstall\O365ProPlusRetail - 半角-へのご協力

    • [検出に (既定の) レジストリ キー値を使用する] チェック ボックスをオンにします。

    検出規則

    この情報を入力した後、[OK] を選択して、[検出方法] ページで [次へ] を選択します。

  8. [ユーザー エクスペリエンス] ページの [インストールの動作] の一覧で、[システム用にインストールする] を選択して、[次へ] を選択します。

  9. 展開の種類に何らかの要件または依存関係を指定する場合には、[次へ] をクリックし、ウィザード内の該当するページで指定します。指定しない場合は、[概要] を選択します。

  10. [概要] ページで、選択した設定を確認してから [次へ] を選択して、[閉じる] を選択します。

Configuration Manager で Office 365 ProPlus アプリケーションを配布ポイントに配布する

Office 365 ProPlus アプリケーションを作成し、その展開の種類を構成した後、次の手順として、アプリケーションが必要とするすべてのファイルを、使用している Configuration Manager 環境内の適切な配布ポイントにコピーします。

配布ポイントにアプリケーションを配布するには

  1. Configuration Manager コンソールで、[ソフトウェア ライブラリ]、[アプリケーション管理]、[アプリケーション] の順に選択します。

  2. Office 365 ProPlus アプリケーションを選択して、[ホーム] タブの [展開] グループで、[コンテンツの配布] を選択します。

  3. 配布コンテンツ ウィザードの [全般] ページで [次へ] を選択して、[コンテンツ] ページで [次へ] を選択します。

  4. [コンテンツの宛先] ページで、[追加] を選びます >配布ポイント、適切な配布ポイント] を選択し、[ ok]。次に、のように選択します。

  5. [概要] ページで、選択した設定を確認してから [次へ] を選択します。

  6. [確認] ページで、コンテンツが正常に配布ポイントに割り当てられたことを確認して、[閉じる] を選択します。

  7. 配布を監視するには、[監視]、[配布ステータス]、[コンテンツの状態] の順に移動します。

  8. アプリケーションを選択して、[処理完了に関する統計情報] を表示します。

    処理完了に関する統計情報

Configuration Manager で Office 365 ProPlus アプリケーションを展開する

Office 365 ProPlus アプリケーション用のファイルが適切な配布ポイントにコピーされた後、次の手順としてアプリケーションを展開します。アプリケーションを展開するときには、いつ、どのコンピューターまたはユーザーがアプリケーションを取得するかを指定します。

アプリケーションを展開するには

  1. Configuration Manager コンソールで、[ソフトウェア ライブラリ]、[アプリケーション管理]、[アプリケーション] の順に選択します。

  2. Office 365 ProPlus アプリケーションを選択して、[ホーム] タブの [展開] グループで、[展開] を選択します。

  3. ソフトウェアの展開ウィザードの [全般] ページで、[コレクション] ボックスの [参照] を選択して、どのコンピューターまたはユーザーに Office 365 ProPlus を展開するかを選択します。選択した後は、[OK]、[次へ] の順に選択します。

  4. アプリケーションの配布ポイントは既に指定済みであるため、[コンテンツ] ページで [次へ] を選択します。

  5. [展開設定] ページの [目的] の一覧で、[必須] を選択します。

  6. スケジュールを指定する場合、ユーザー エクスペリエンスを構成する場合、または警告を作成する場合は、[次へ] を選択して、ウィザード内の該当するページに移動します。指定しない場合は、[概要] を選択します。

  7. [概要] ページで、選択した設定を確認してから [次へ] を選択します。

  8. [確認] ページで、アプリケーションが正常に展開されたことを確認してから [閉じる] を選択します。

アプリケーションを展開した後、対象となるコンピューターは、そのコンピューターの次のクライアント ポリシーのポーリング サイクル (既定では 60 分ごとに 1 回) の間に、展開されたアプリケーションを認識します。次に、コンピューターは、アプリケーションのインストール ファイルを配布ポイントから Configuration Manager クライアント キャッシュへダウンロードします。Office 365 ProPlus のインストールは、このクライアント キャッシュから行われ、ネットワークやインターネットから追加のファイルがダウンロードされることはありません。

Office インストールの状態

関連トピック

Configuration Manager でのアプリケーション管理

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×