Switch 関数

式の一覧を評価し、一覧の中で真 (True) である最初の式に関連付けられた、バリアント型 (Variant) の値または式を返します。

構文

Switch( expr-1, value-1 [, expr-2, value-2 ] … [, expr-n, value-n ] )

Switch 関数構文の引数は次のとおりです。

引数

説明

expr

必須。評価対象のバリアント型 (Variant) の式を指定します。

必須。指定した式が真 (True) のときに返す値または式を指定します。


解説

Switch 関数の引数リストは、式と値のペアで構成されます。式は左から右に計算され、最初に真 (True) と評価される式と関連付けられている値が返されます。パーツが適切にペアリングされていない場合は、実行時エラーが発生します。たとえば、expr-1 が真 (True) の場合、Switchvalue-1 を返します。expr-1 は偽 (False) で、expr-2 が真 (True) の場合は、Switchvalue-2 を返すというように続きます。

次の場合、Switch は Null 値を返します。

  • すべての式が真 (True) ではない場合

  • 最初の真 (True) の式に対応する値が Null の場合

Switch では、その 1 つだけの値を返しますが、すべての式が評価されます。この理由から、予期しない結果が発生する場合があるので注意が必要です。たとえば、任意の式の評価が 0 の除算になる場合、エラーが発生します。

注: 次の例は、Visual Basic for Applications (VBA) モジュールでのこの関数の使用方法を示しています。 VBA の使用方法の詳細については、[検索] の横にあるドロップダウン リストで [開発者用リファレンス] を選び、検索ボックスに検索する用語を入力します。

この例では、Switch 関数を使用して、都市の名前に一致する言語の名前を返します。

Function MatchUp (CityName As String)
Matchup = Switch(CityName = "London", "English", _
CityName = "Rome", "Italian", _
CityName = "Paris", "French")
End Function
スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×