Sway の管理設定

Sway は、対話式で Web ベースのキャンバスを使って、同僚たちと意見を交換できる Office 365 アプリです。Sway のデザイン エンジンのおかげで、画像、テキスト、ドキュメント、ビデオ、地図などから、対話型で視覚効果の高いプロ仕様のデザインをすばやく簡単に作り出すことができます。また、出来上がったデザインに修正を加えて、思い通りにユニークな外観に仕上げることもできます。Sway を使うと、どのようなブラウザーや画面でも見栄えの良いデザインに作り上げることができ、リンクを送るだけで、顧客や同僚と共有できます。既定では、組織のすべてのユーザーが Sway を使用できます。

Sway を確認する

対話型で独創的なデザインを Sway (Sway.com) で作ってみてください。管理者向け情報の詳細については、「Sway についてよく寄せられる質問 – 管理者向けヘルプ」を参照してください。

Office 365 管理センター外部共有を無効または有効にする

外部共有を無効または有効して、組織のユーザーが作成した Sway を組織外のユーザーと共有できるかどうかを管理することができます。既定では、外部共有は有効になっています。外部共有を無効にすると、ユーザーは Sway の外部共有先を表示することができません。

  1. 職場または学校のアカウントを使用して、Office 365 にサインインします

  2. [管理] をクリックして、Office 365 管理センターに移動します。

  3. [設定] > [サービスとアドイン] に移動します。

    ナビゲーション ウィンドウで、[設定] アイコンをクリックして、[サービスとアドイン] をクリックします。
  4. [サービスとアドイン] ページで、[Sway] をクリックします。

    [サービスとアドイン] 画面で下にスクロールして、Sway をクリックします。
  5. 表示された Sway 設定画面の [外部共有] 設定で、外部共有を無効にする場合は、設定を [オフ] に切り替え、有効にする場合は、[オン] に切り替えて、[保存] をクリックします。

    状況に応じて、[外部共有] 設定をオン/オフに設定し、[保存] をクリックします。

Office 365 管理センターを使用してコンテンツ ソースを追加する

組織のユーザーが Sway 内から使用できるコンテンツ ソースを管理することができます。

  1. 職場または学校のアカウントを使用して、Office 365 にサインインします

  2. [管理] をクリックして、Office 365 管理センターに移動します。

  3. [設定] > [サービスとアドイン] に移動します。

    ナビゲーション ウィンドウで、[設定] アイコンをクリックして、[サービスとアドイン] をクリックします。
  4. [サービスとアドイン] ページで、[Sway] をクリックします。

    [サービスとアドイン] 画面で下にスクロールして、Sway をクリックします。
  5. [コンテンツ ソース] で、Sway に含める外部コンテンツのソースの場合は、[オン] に切り替え、除外する外部コンテンツのソースの場合は、[オフ] に切り替えて設定し、[保存] をクリックします。

    「コンテンツ ソース」セクションで、状況に応じて、さまざまなコンテンツ ソースのスイッチを "オン" または "オフ" に切り替えます。

    注: コンテンツ ソースとしてウィキペディアをオフにすると、"トピックから開始" 機能もオフになります。"トピックから開始" 機能を使用すると、記述したいトピックの概要の候補が表示され、ユーザーはそれをもとに記述を開始します。この機能は、英語でのみ利用できます。

ユーザーに対して Sway を無効にすると、そのユーザーは Sway を使用できません。[Sway] タイルは、Office 365 アプリ起動ツールとホーム ページで非表示になります。個別に Sway を有効にする手順については、「一般法人向け Office 365 ライセンスをユーザーに割り当てる」トピックを参照してください。

組織がネットワーク上のコンピューターのインターネットへの接続を制限している場合は、「Office 365 の URL と IP アドレス範囲」を参照してください。この記事では、Office 365 で Sway を正常に使用するためにクライアント コンピューターの送信許可リストおよび Internet Explorer の信頼済みサイト ゾーンに含める必要のあるエンドポイント (FQDN、IPv4、IPv6 アドレス範囲) の一覧を示します。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×